« ホットヨガ(一三六回目) | トップページ | 映画『善き人のためのソナタ』 »

2009.01.19

冷え取り健康法

ホットヨガ(一三六回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ビギナーコースのレッスンはとても新鮮なエネルギーを吹き込んでくれました。思えば、私にもこんなふうに初々しい時期があったんですよね。(苦笑)また、ビギナーコースでは、それぞれのポーズが何に効果があるのかをちゃんと説明してくださっているので、改めて参考になりました。

 酵素について調べて行くうちに、「冷え取り」なるものを実践すれば、筋腫の縮小が見られるという記事を見付けた。その記事によれば、筋腫は食べ過ぎによって、消化し切れずに体内に溜まってしまった毒素から形成されるものらしい。そこで、身体に溜まった毒素を取り除く工夫をすれば、筋腫も小さくなるという。その方法とは何と、靴下の重ね履きをするというものだった。

 ただ、靴下の重ね履きと言っても、化学繊維の靴下を重ね履きしてもあまり意味がないらしい。肌に触れる部分には絹の五本指靴下を履き、その上に綿の五本指靴下を履き、三枚目には絹の通常型の靴下を履き、四枚目は綿の通常型靴下を履き、五枚目以降は絹と綿の靴下を交互に重ねて行くというお作法があるらしい。そうして足を暖めることで、身体の中に溜まっている毒素が取り除かれて行くのだそうだ。

 私は、ものは試しにと思い、自宅にある靴下で絹か綿の靴下を探し出して五枚重ね履きしてみた。確かに暖かい。しばらくすると、足がじんじんして来た。しかも、一日履いているうちに、膝の関節が痛み始めた。毒だしが始まると痛みを感じるらしい。早くも毒だしが始まったのだろうか? それにしても、我が家には化学繊維の靴下の多いこと! 素肌に直接触れる部分であるだけに、これからは靴下の素材にも気を遣いたいものである。

 私は、本格的な毒だしを試みるために、重ね履きするのに最適な靴下をインターネットの通販で購入した。ご紹介したサイトからリンクされているサイトでも、冷え取り用の靴下の通販が行われているようだが、私は同じような効果が期待できるそうなものを楽天市場で検索して購入した。絹と木綿から出来ているその靴下は、私が普段、履いている靴下よりもずっと割高だったので、洗い替えを何足も注文すると、かなりの金額になってしまった。届いた靴下は、以下のような感じである。

冷え取り健康法ソックス
足に触れる部分が絹、靴に接する部分が綿で出来ている

 早速重ね履きしてみたのだが、意外にも五本指の靴下は履き辛いということがわかった。これまでにも、五本指の靴下を履いたことはある。しかし、私の足の指はあまり開きたがらないせいか、五本指の靴下を履くのはダブルの掛け布団の六箇所を紐で結ぶくらい難しい。だから、五本指の靴下を重ね履きするのはもっと大変である。特に、薬指と小指がなかなか開かず、私はしばらくの間、五本指の靴下と格闘していた。さすがに五枚も重ね履きすることはできず、とうとう三枚で挫折してしまった。五本指の靴下を二枚と、先丸の靴下を一枚である。

 ところで、この状態で靴を履いて外に出掛けることはできるのだろうかと不安になった。靴下を重ね履きすると、足のサイズが大きくなり、普段、履いている靴は合わなくなってしまうのではないだろうか。一瞬、そう思ったが、途中ではたと気が付いた。そう言えば、かつて靴の魔法という記事を書いた。そうだ、我が家の下駄箱には、履き続けることですっかりサイズが大きくなってしまった靴が何足もあるはずだ。それらの靴を復活させることにしよう。私は下駄箱の中から、ぶかぶかになって履けなくなってしまった靴を取り出して履いてみた。靴下の重ね履きをしていると、これまでぶかぶかだった靴がちょうどいい! 冷え取りのために、こうして靴下を重ねて履けば、資源の再利用にも繋がるわけだ。

 思えば、私は足の冷えに関してはずっと無頓着だった。夏のオフィスで冷たいクーラーにさらされたときは、夜、眠れなくなってしまうほど足が冷えたため、ぽかぽか足湯なるものを購入して対処した。しかし、夏の足の冷えを克服してからは、むしろ裸足で過ごすことに意義を感じていた。実際、冬の今でも、冷え取りを実践するようになるまでは、帰宅するや否や、玄関ですぐに靴下を脱いで裸足になっていた。真冬に裸足で過ごすことこそ健康法だと思っていたのだ。しかし、夏のオフィスの冷房で足を冷やしたことが私の身体に良くない影響をもたらしたのだとすれば、真冬に裸足で過ごすことも身体に良くない影響をもたらすと考えてもおかしくはない。

 まだ冷え取り靴下を履き始めたばかりなので、実際にどのような効果が現れるかについてはご報告することができない。筋腫を抱えている人が冷え取り健康法を実践した結果、毒だしのために大量に出血して一時的に苦しみ、苦しんだあとは不思議と身体が楽になり、筋腫が縮小した例があるそうだ。もうすぐMRIの検査を受け、私の今後の予定が決まる。I医師の予定が向こう半年間も詰まっているならば、その間に何か大きな変化をもたらしたいものだ。

※2012.06.16追記

冷え取り健康法を実践し始めてからおよそ三年後、私は歩行時に足の踵の痛みを感じるようになりました。どうやら、四枚の靴下を重ね履きした靴が自分の足にフィットしていなかったことが原因のようです。これから冷え取り健康法を実践される方は、四枚の靴下を重ね履きした足が、履いている靴にフィットしているかどうかをきちんとチェックされたほうがよろしいかと思います。そうでなければ、いつの間にか足がストレスを抱えるようになってしまい、ストレスを抱えた足で歩行を続けると痛いところをかばうようになるため、更に身体を悪化させることになってしまうと思います。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m また新しい健康法を始めて、ガンモに呆れられています。(苦笑)ガンモ曰く、私は次々にいろいろなことを始めるけれど、どれも長続きしないとか。そんなガンモは、ホットヨガだけは続いていると感心してくれています。(苦笑)本格的な毒だしが始まると、歩行も困難になってしまうというのが少し心配ではありますが、逆に、そこまでなればしめたもの。歩行困難になったとしても、筋腫が小さくなるなら、乗り越えてみせます!

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(一三六回目) | トップページ | 映画『善き人のためのソナタ』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/43797617

この記事へのトラックバック一覧です: 冷え取り健康法:

» ≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に最も効果的な食事法 [癌克服食事法]
≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済 三ヶ月でガンを克服したガン治療に最も効果的な食事法 [続きを読む]

受信: 2009.01.24 22:34

« ホットヨガ(一三六回目) | トップページ | 映画『善き人のためのソナタ』 »