« 始末書を書いたはなし | トップページ | 映画『デス・レース』 »

2009.01.05

思った以上に明るい見通し

始末書を書いたはなしの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ウィルス感染騒ぎを起こしてしまったときに使用していたWebメールは、フリーのWebメールでした。最近のWebメールには、フリーであっても、スパムブロック機能が付いたり、https://から始まるアドレスでセキュリティの高いWebメールサービスもありますよね。私もそれらの機能を満たしているGmailを愛用しています。もしもこれから新しいWebメールアカウントを取得しようとされている方がいらっしゃいましたら、例えばGmailなど、https://から始まるアドレスのWebメールサービスを利用されたほうがよろしいかと思います。https://から始まるアドレスのWebメールは、ネットワーク上に流れるデータを暗号化してくれますので、ネットワーク上に流れる生データをモニタしている人たち(モニタするための専用のツールがあります)に読み取られる心配がありません。ただ、ウィルスチェックに関しては、お使いのパソコンにインストールしておく必要がありますね。有料プロバイダのメールの中には、メールサーバ側でウィルスメールを除去してくれるサービスがありますので、ウィルスチェックソフトをパソコン側にインストールされない場合は、そうしたサービスを利用されるのもいいかもしれません。また、おそらく多くの方たちが普段お使いの、Outlookなどのメーラーを使って受信するpopメールに関しましては、https://から始まらないアドレスのWebメールと同じ状況ですので、ネットワーク上に流れるデータは暗号化されていません。つまり、ネットワーク上には暗号化されていない生データが流れていますので、悪意を持った人に内容を読み取られる可能性があります。しかし、popメールを暗号化するには、電子メールの送信者と受信者で互いのデジタル証明書を交わす必要がありますので、お互い同じ会社でもない限り、難しいかと思います。そういう意味では、暗号化しないpopメールよりも、https://から始まるアドレスのWebメールは安全性が高いですね。

 年末年始の九連休中、手帳にリストアップしていた連休中に成すべきことのうち、掃除以外のことはすべてこなした。リストアップしていた項目の中で私が最も充実していると感じたのは、DVDの鑑賞である。もともと、レンタルDVDからゴニョゴニョしたDVDがずいぶん貯まっていた上に、年末にライブ仲間のお友達からたくさんの映画のDVDをお借りした。おまけに、ガンモに夜勤の仕事が何度か入っていたため、昼間に寝室で睡眠をとろうとするガンモの邪魔をしないようにするために、別の部屋でひっそりとDVDを鑑賞することが多かったのである。多いときは、一日に三本のDVDを鑑賞した。これまでの私の生活は、外に出掛けて行くことが多かったので、ホットヨガのレッスンの予約も入れず、自宅でゆったりと過ごせることに喜びを感じていた。

 好きなことで充実していた九連休があっという間に終わり、今日は仕事始めだった。連休明けの出勤は、何となくけだるいものである。楽しかった九連休とのギャップがあまりにも激しくて重い気持ちのまま家を出ると、夜勤に出掛けて、そろそろ帰宅しようとしているガンモから私の携帯電話にメールが届いた。ガンモのメールによれば、JR神戸線で人身事故が発生しているらしい。最寄駅に着いてみると、ガンモの言う通り、人身事故のため、JR神戸線は六十分の遅れで運行されていた。あとから知ったことだが、男性が線路の上に横たわっていたそうだ。男性に気付いた運転士が急ブレーキをかけたが、男性は亡くなり、仕事始めのダイヤが大幅に遅れた。それでも、やって来た電車に飛び乗り、出勤したところ、新年早々の遅刻となってしまった。仕事始めの日に、その男性に一体何があったのだろうか。

 ところで、私は出勤したあとトイレに立ち、勤務先のトイレの大きな鏡で自分の髪の毛を見て「あっ!」と驚いた。何故なら、私が予想していたよりもはるかにオレンジ色が濃かったからである。鏡に映っているのは、ポップなおばさん、いやいや、好きなロックバンドがいて、ライブハウスに足繁く通っているようなポップなお姉さんだった。連休中、毎日のように自宅の洗面所の鏡の前に立ち、ナチュラルオレンジで染めた髪の毛を確認していたはずだったが、自宅の洗面所は白熱灯を使用しているため、実際の髪の毛の色を映し出してはいなかったようだ。思った以上にオレンジ色に染まっているのを確認した私は、いつもダ○ソーにナチュラルオレンジばかり売れ残っている理由をようやく理解した。多くの人たちにとって、ナチュラルオレンジで染めた色は明る過ぎるのだろう。それにしても、白髪がすべてオレンジ色に染まり、これだけ明るいオレンジ色の髪の毛に変身したのだとすると、やはり私の白髪はかなり多いことになる。それでも、仕事に差し支えるほどの明るさではないので、私は引き続きナチュラルオレンジを使用し続けようと思う。

 仕事から帰宅したあと、ガンモに、
「会社のトイレで自分の髪の毛を見て驚いたよ。思った以上にオレンジ色だったんだもん。洗面所の電気は白熱灯だったから、これまで気付かなかったんだよ」
と言うと、ガンモは、
「やっと気付いたか」
と言った。私自身、あまりにも明るいオレンジ色に驚いたというのに、実際に、蛍光灯で照らし出された鏡で確認するのと同じ色で私の髪の毛を見ていたガンモがそれほど驚かなかったということは、このオレンジ色の明るさが、私には違和感がないということなのだろう。

 思っていた以上に明るいオレンジ色に染まっていた私の髪の毛から、今後の見通しが思った以上に明るいと解釈することにしよう。しかも、オレンジ色は私の弱い子宮のあたりを示す第二チャクラの色でもある。もしかすると、私の第二チャクラの輝きが足りなくて、応援に駆けつけてくれたのかもしれない。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今日は小池徹平くん、いえいえ、ガンモの誕生日でした。実は私が帰宅したとき、夜勤の疲れが残っていたのか、ガンモはまだ寝ていました。クリスマスには、スポンジケーキと生クリームでガンモがケーキを作ってくれたので、今度は私がガンモにケーキを作ろうと思い、仕事帰りにスーパーに立ち寄ったのですが、時期が時期なのか、スポンジケーキは売られていませんでした。そこで仕方なく、小さなケーキを買って帰ったのですが、ガンモが寝ていたことと、夜も遅かったので、ケーキはひとまずお預けにしています。ガンモもまた一つ歳を取ったわけですが、ガンモがとうとう四捨五入して五十歳になったなんて信じられません。勝手に四捨五入するなと言われてしまいそうですが。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 始末書を書いたはなし | トップページ | 映画『デス・レース』 »