« SPITZ JAMBOREE TOUR 2009 "さざなみOTR カスタム"大阪公演(初日) | トップページ | お湯との一体感 »

2009.01.30

週末婚の計画

SPITZ JAMBOREE TOUR 2009 "さざなみOTR カスタム"大阪公演(初日)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。そう言えば、MCでマサムネが、自分が四十歳を過ぎてからも、まだ高い声が出るとは思っていなかったと言っていました。確かに。(苦笑)彼らの曲は、構成されているコードはそれほど難しくないので、ギターでコードを押さえる程度なら簡単に弾けそうなのですが、実際に弾き語りを始めると、女性の私でもキーが高過ぎて歌えないのです。(苦笑)

 火曜日の夜からガンモが神奈川県に出張に出掛けている。今回の出張期間は比較的長く、十泊の予定である。二月に入ると受験シーズンに突入するためか、ガンモはホテルを押さえるのに四苦八苦していた。結局、同じホテルに連泊し続けることはできず、出張の途中で他のホテルに引越しをすることになってしまったようだ。

 もともと今回の出張は、ずいぶん以前から予定されていたらしいのだが、世の中の情勢から、社員の教育のための出張を自粛する動きが出て来たため、なかなか出張の許可が下りなかっようだ。ところが、上司の判断により、ガンモの出張がとうとう確定し、慌ててホテルを押さえたというわけである。

 十日間もガンモに会えないのは寂しいので、私は週末を利用して、ガンモに会いに行く計画を立てた。最初のうちは、金曜日の夜に仕事を終えたあと、寝台特急列車に乗り、東京入りする計画を立てていたのだが、ガンモにそのことを話すと、一人で寝台特急に乗るのは禁止だと言う。寝台特急列車が新幹線よりも贅沢な乗り物なので、自分が乗車できないのがひどく悔しいらしい。これまでに、自分はさんざん、東京からの出張帰りに、今はなき寝台急行列車銀河を利用していたというのに。

 そこで私は、寝台特急特急を利用するのをやめて、夜行高速バスの利用に切り替えた。それを聞いたガンモは、
「夜行高速バスって、三千円台からあるらしいね。それにしとけば?」
などと言う。私もその話は以前、どこかで聞いたことがあるのだが、インターネットでいろいろ調べているうちに、三千円台の夜行高速バスは、トイレの設備のない四列シートのバスであることがわかった。トイレの設備のない四列シートのバスというと、夜行高速バス向きではない。夜行高速バス向きのバスとは、三列シートで深めのリクライニングシート付きのバスである。三列シートの夜行高速バスは、私が東京に住んでいたときに、愛媛の実家に帰省するのに良く利用していた。三列シートの夜行高速バスにはトイレの設備のほか、毛布や飲み物、音楽配信などのサービスが充実している。

 私は、仕事帰りに利用できるように、神戸から東京までの三列シートの夜行高速バスを予約した。価格は片道七千二百円だった。七千二百円というと、新幹線の半額くらいの価格だろうか。夜行高速バスの予約は、楽天トラベルから申し込んで、クレジットカード決済ができるのでとても便利だった。

 更に私は、土曜日の夜をガンモと同じホテルで過ごすため、ガンモが予約したのと同じホテルを予約した。以前も書いた通り、ガンモの出張清算は法人カードで清算することになっているため、一日だけダブルの部屋に変更することはできない。そこで、私もガンモと同じホテルのシングルの部屋を予約することにしたのである。こちらも楽天トラベルからの申し込みで予約が完了した。

 それだけではない。せっかく関東地方に出掛けて行くのだから、ホットヨガのレッスンも受けておきたいと思い、関東地方のとある支店のレッスンの予約をした。セレブなイメージのある銀座店でレッスンを受けたいとも思っていたのだが、銀座店にはこれからも足を運ぶ機会はあるだろうと思い、ガンモの宿泊しているホテルに最も近い支店でレッスンを受けることにしたのである。

 行きは夜行高速バスを利用することにしたので、帰りは思い切って飛行機を利用することにした。こちらもインターネットで予約してクレジットカードで支払いを済ませた。

 こうして何から何まで準備が整ったのだが、あとは私の仕事がとても忙しいことが問題だった。実は、来月半ばの納品を控え、またしても深夜の帰宅が続いていたのである。そのため、週末婚のために関東地方に出掛けて行く準備がなかなかできずに気をもんでいると、突然、水曜日が定時退社日であることがわかり、いつもより四時間も早く仕事を上がることができた。最近は、残業規制などの動きが強くなっているためか、これまでよりも定時退社日が増えて来ている。私は、その日も残業覚悟で出勤していたので、いきなり降って沸いた定時退社日のプレゼントに、かえって拍子抜けしてしまったくらいだ。いつもならば、喜び勇んで映画館に足を運ぶのだが、私は旅行の準備を整えたかったので、定時に上がったあと買い物を済ませて帰宅し、せっせと旅行の準備を整えた。

 定時退社日の話が出たとき、私は金曜日の夜はどうしても仕事を早く上がりたいと上司に申し出た。すると上司は、
「では、その分、朝、早く出勤してください」
と私に言った。私は他の人たちよりも通勤に時間が掛かっているので、普段はフレックスタイムを使用して十時に出勤させていただいている。金曜日の夜に残業できない分、早く出勤するとなると、それなりに早起きが必要である。私は、
「はい。わかりました」
とは答えたものの、連日の残業続きで既にかなりの睡眠不足に陥っていた。それでも、週末にガンモに会うためだと自分に言い聞かせ、深夜まで掛かって旅行の準備を整えたあと、木曜日の朝と金曜日の朝、何とか頑張って早起きし、いつもよりも早い時間に出勤したのである。そして予定通り、私は仕事を早く上がった。オフィスを一歩出た直後から、私の週末婚の計画は実行され始めた。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 関東方面に足を運ぶのは、一年以上振りのことであります。しかも、関東地方でホットヨガのレッスンを受けるのは初めてなので、とても楽しみです。そのことをガンモに言うと、「何しに来るの?」と言われてしまいました。(苦笑)この週末、関東地方はお天気が悪いようですね。ホットヨガは、インドアで楽しめますので、雨の日にはいいのではないでしょうか。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« SPITZ JAMBOREE TOUR 2009 "さざなみOTR カスタム"大阪公演(初日) | トップページ | お湯との一体感 »