« 映画『パンズ・ラビリンス』 | トップページ | 冷え取り健康法 »

2009.01.18

ホットヨガ(一三六回目)

映画『パンズ・ラビリンス』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 実は、この映画にはナナフシが登場します。ナナフシは子供の頃、図鑑を読んでいて、最も気になる昆虫でした。私は田舎で生まれ育ちましたが、ナナフシの実物を見たことは一度もありません。そのため、私の中では幻の昆虫のようなイメージがあったのですが、こうして映画で鑑賞することができてとても光栄に思っています。

 ガンモが、
「土日祝に使える大阪までのJR回数券が六枚余ってる」
と言う。ガンモによれば、回数券の期限が切れるのは二十三日だという。六枚も余っているということは、大阪まで三往復しなければ、せっかくの回数券を無駄にしてしまうことになる。そこで私は、神戸店に入れておいたホットヨガの予約をキャンセルして、梅田店のレッスンを受けることにした。しかも、レッスンを終えたあとにすずらんの湯に行きたいと思っていたので、希望のレッスン時間と梅田店のレッスンスケジュール、それからレッスンの空き状況の相互関係により、ビギナーコースのレッスンを受けることになってしまった。ちなみにガンモは私に大阪までの回数券を手渡すと、
「任せた」
と言って、朝から仕事に出掛けて行った。

 私が最後にビギナーコースのレッスンを受けたのは、一年ほど前に、三宮店で仕事帰りに受けたレッスンだったと思う。あのときも確か、他のレッスンの予約を入れたかったのに、既に定員に達してしまっていたために予約が取れず、仕方なくビギナーコースのレッスンを受けることになってしまったはずだ。今回も似たような状況ではあるのだが、最近の私は比較的緩いレッスンを望んでいるので、ビギナーコースのレッスンを受けることに対し、ほとんど抵抗はなかった。むしろ、入会したての会員さんたちの初々しいエネルギーを感じ取ることができるかもしれないという期待もあった。

 家を出るのが少し遅くなってしまい、梅田店に着いて準備を整えてスタジオに入ったときには、既にウォーミングアップのストレッチが始まっていた。参加者の数は私を入れて十一名である。そのうち、男性会員は一人だけだった。参加者の方たちの様子を鏡越しに観察していると、期待していた通り、明らかに初々しい雰囲気が漂っていた。一つ一つのポーズを取るのもまだまだ戸惑いが感じられるようで、まっすぐ前を向いて鏡を見ながら自分のポーズを確認している人は少ない。まだポーズに慣れていないために、視線がインストラクターに向いているのである。おそらくだが、ビギナーコースのレッスンに参加されている方たちは、入会したての方から入会後半年くらいまでの方だと思われる。ビギナーコースを経て、他のコースに参加されている方たちは、レッスン中に既に自分の世界を確立させている。インストラクターの声を聴覚だけで聞き取り、まっすぐ前を向いて鏡を見ながら自分のポーズを確認しているのだ。

 ビギナーコースで取るポーズも、七十五分のベーシックコースで取るポーズも、九十分のベーシックコースで取るポーズも、ほとんど変わりはない。ポーズの数が少ないか多いかだけの違いである。かろうじて、ポーズの数以外の違いを挙げるならば、鳩のポーズが足を上げずに身体を斜め上に向けるだけのポーズであることくらいである。(注:ご紹介した動画では、七十五分のベーシックコース、九十分のベーシックコースで取っているように、足を上げている)

 ビギナーコースでは、バランスのポーズの数が二つだけと少ない。バランスのポーズは確か、七十五分のベーシックコースでは三つ、九十分のベーシックコースでは四つ行っているはずだ。ビギナーコースで行ったバランスのポーズは、木のポーズ踊り子のポーズである。私自身がビギナーコースのレッスンを受けていた頃は、身体のバランスがうまく取れなくてヨロヨロしていたものだった。今回、参加したビギナーコースのレッスンでも、多くの方たちがバランスのポーズを取りながらよろめいていた。私は、これまで自分の成長ぶりを実感することはなかったが、かつて私もあれほどよろめいていたはずなのに、今ではしっかり立てるようになっていることを知った。つまり、ビギナーコースに参加することで、過去の自分が歩いて来た道が見えて来たというわけである。

 私は、自分が歩いて来た道を振り返り、少しでも成長できていることがうれしくてたまらなかった。そのせいか、いつもはしっかりと足を伸ばさないところで、今回だけは思い切り足を伸ばしてみたりと、先輩面してポーズを取って、張り切ってしまった。久し振りに参加したビギナーコースで、これほどの刺激を感じることになろうとは・・・・・・。ただ、レッスンを終えても、ほとんど汗はかいていなかった。ビギナーコースは肉体的な刺激を求めるようなレッスンではなく、自分自身の成長ぶりを実感できる精神的な刺激の多いレッスンだったと言える。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ご紹介した動画は、私が実際に通っているホットヨガスタジオのインストラクターが取っているポーズそのものでした。見覚えのあるヨガウェアだなあと思いながら見ていると、私が通っているスタジオの名前が書かれていたので驚きました。(笑)しかも、今回私がレッスンに参加した梅田店のインストラクターが動画作成に参加されているようですね。現在、梅田店では、このヨガウェアではなく、新しいヨガウェアに変わっています。他にも私がレッスンで取っているポーズが動画で紹介されているようですので、もしご興味があれば、ご参考になさってくださいませ。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『パンズ・ラビリンス』 | トップページ | 冷え取り健康法 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/43788799

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一三六回目):

« 映画『パンズ・ラビリンス』 | トップページ | 冷え取り健康法 »