« 四〇点差 | トップページ | 映画『ブラインドネス』 »

2008.12.27

ホットヨガ(一三三回目)

四〇点差の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m スコアがアップすると、英語学習も楽しくなりますね。これまでサボっていたのに、急に英語学習に力を入れ始めました。古い教材を引っ張り出してリスニングの学習を再開したところ、何度も何度も聞き込んだ教材は、初めて聴く教材よりもスラスラと耳に馴染むことがわかりました。その教材には、繰り返し聴くことが大切だと書かれていましたが、本当にその通りだとわかりました。

 四国の実家から帰って来た翌日、私は神戸店にホットヨガのレッスンに出掛けた。参加したレッスンは、楽しみにしていた七十五分のバレエストレッチのレッスンである。バレエストレッチのレッスンは、主に平日に行われることが多かったので、常設されてからはレッスンを受けることができなかったのだが、今回のレッスンは祝日に設定されていたので、早々と予約をしておいたのである。

 エレベータが神戸店のスタジオのある階に着いたとき、私はスタジオのすぐ隣にある映画館に足を運んでみた。これまで上映中の映画のポスターが掲げられていた掲示板も、ポスターの替わりに閉館のお知らせが掲げられていた。いつも切符を買っていたカウンターも格子のシャッターが降ろされ、もはや中に足を踏み入れることはできなくなってしまっていた。私のお気に入りの映画館は、本当に閉館してしまったのだ。そう思うと、寂しさがこみ上げて来た。


十二月二十日をもって閉館してしまった私の最もお気に入りの映画館、シネカノン神戸。
本当にいい作品を上映してくれた。これまでありがとう。そしてお疲れさま。

 気を取り直してホットヨガ神戸店の入口を開き、中に入ると、いつもお話をさせていただいているインストラクターが受付に立っていた。彼女に、
「映画館、閉館しちゃいましたね」
と言うと、
「そうなんですよ。もしかして、さっき、映画館の様子をご覧になっていましたか? リュックを背負った人のシルエットが映っていたので、もしかしたら・・・・・・と思ってたんですよ」
と言われてしまった。そう、神戸店のスタジオの受付からは、すりガラスを通して隣の映画館に続く通路が見えるのだ。私がいつも大きなリュックを背中に背負っているので、彼女はそのシルエットが私ではないかと思ってくださったらしい。
「そう、本当に閉館してしまったのかと気になって確認してみたんですよ。寂しいですよね。これからどうなるか、まだ決まってないんでしょうか」
と私が尋ねると、彼女は、
「わからないですね。次も映画館だったらいいですね」
と答えてくださった。

 ロッカーの鍵を受け取り、ロッカールームで着替えをしていると、別のインストラクターに出会った。彼女も良くお話をさせていただいているインストラクターである。私は、スタジオに着いてわざわざ着替えなくてもいいように、上着とトレーナーを脱ぐだけでレッスンに参加できるようにして出掛けている。私がトレーナーを脱いだとき、彼女が私の着ているものに驚き、
「それ、何ですか?」
と尋ねて来た。その途端、私は「しまった! 恥ずかしい!」と思った。

 というのも、私はいつも肩が寒くなりがちなので、トレーナーと下着の間に百円均一で買った肩掛けを着けていたからだ。それは、赤ちゃんのよだれ掛けを反対にしたような形のもので、通常は夜寝るときに肩に掛けるものだ。私は、
「これは、百円均一で買った肩掛けです」
と正直に答えた。インストラクターは、
「いいですねえ。とってもあったかそうです」
と言いながらニコニコしてくれたが、このような無防備な姿をインストラクターに見られてしまうとは・・・・・・。

 さて、常設されてから初めてのレッスンとなったバレエストレッチは、クラシックバレエとホットヨガのポーズを融合させたレッスンである。スタジオの設定温度はやや低めで、動いてもあまり汗はかかなかった。参加者の数は私を入れて十二名である。おそらく十二月になり、忙しい日々を送っていらっしゃる方が多いのだろう。人気レッスンの割には、思ったよりも参加者が少ないと感じた。

 今回のレッスンを担当してくださったインストラクターは、これまでに何度かスタジオでお見掛けしたことはあったものの、ほとんど面識のないインストラクターだった。彼女のレッスンを受けたことがあるかどうかも良く覚えていないくらいだ。バレエストレッチのレッスンは、音楽に合わせてポーズを取る。音楽も、普段のレッスンではインドの民俗音楽だったり、ヒーリングミュージックだったり、時にはポピュラーミュージックだったりもするのだが、今回はバレエのレッスン用なのか、ピアノ曲だった。インストラクターは、このポーズを取るときはこの音楽と決めているようで、ポーズが変わる度にCDの頭出しをしていた。

 バレエストレッチのレッスンが、いつものレッスンと明らかに違うのは、自分が女性であることを強く意識するという点である。普段、ホットヨガのレッスンを受けているときは、自分の中に中性的な意識が宿っている。しかし、ホットヨガのレッスンにクラシックバレエの華麗な手のポーズが加わると、自分が女性であることを強く意識せざるを得ない。手は、親指を少し中に折り曲げて、他の四本の指はそれぞれ少し離すような感じである。うまく言えないが、フレミングの左手の法則で親指を折り曲げて、他の指を広げたような感じである。

 後半になると、クラシックバレエの一のポジションや二のポジションを使っての立ちポーズのレッスンに入った。一のポジションは踵(かかと)を付けたまま足を開いて立つポジション。二のポジションは、両方のつま先を外に向けて立つポジションである。更に、一のポジションを斜めにずらして立つ三のポジションというのも習った。レッスンも終わりに近づくと、ポーズを取りながら九十度ずつターンするレッスンも行われた。しかし、まだレッスンに慣れていない私は、ターンがうまく出来なくて、かなり戸惑いながらの参加となった。

 通常のホットヨガのレッスンでもそうだが、バレエストレッチのレッスンでは特に、身体が柔らかい人が取るポーズが美しい。私は身体が固いので、可憐な動きにはほど遠い。しかし、いつもとは違った目新しい体験をさせてくれるので、これからも参加できるタイミングがあれば参加したいと思う。

 神戸店でバレエストレッチのレッスンを担当しているのは、今回、レッスンを担当してくださったインストラクターの他にもいらっしゃるそうだ。若い頃に習ったクラシックバレエが、ホットヨガのインストラクターという現在の職業に活かされているというのは、大きな財産だと思う。私は、今回のレッスンを担当してくださったインストラクターがつま先を立てて取っているポーズがとてもかわいらしいと感じた。

 私は子供の頃にバレリーナになりたいという夢は抱かなかったが、バレエストレッチのレッスンは、子供の頃にそのような夢を抱いた人にとっては、童心に帰らせてくれるような、わくわくするレッスンであったに違いない。私にとっては、自分自身が参加するよりも、他の参加者が取っているポーズをじっくり眺めていたいようなレッスンだった。

 レッスンを終えて、受付にロッカーの鍵を返しに行ったところ、「回数券購入時のクレジットカード取扱い中止と高額回数券販売終了のお知らせ」が掲げられていた。私は、某航空会社のマイルが貯まるクレジットカードを持っているので、マイルを貯めるために、普段から積極的にそのクレジットカードを利用している。特にホットヨガの回数券は、使用できる回数が多くなると高額になるので、マイルもたくさん貯まる。しかし、これからはクレジットカードが使えなくなってしまうばかりか、割引率の高い三十回券、五十回券、百回券などの高額回数券やフリーパス券の販売が終了してしまうという。ちなみに、私は前回、割引率の高い五十回券を購入している。その回数券は、三月の初めに有効期限が切れるのだが、高額回数券の販売が今月いっぱいで終了してしまうため、今後は五十回券を購入することができなくなってしまう。これからは割引率の低い十回券を購入することになるのだ。五十回券を購入すれば、一括で支払う金額は大きくても、一回分のチケット代金は千九百五十円で済む。しかし、十回券に切り替えると、一回分のチケット代金が二千四百円に跳ね上がる。高額回数券の販売が終了する前に五十回券を現金で購入しておくべきかどうか、悩んでいる。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m バレエストレッチのレッスンは、クラシックバレエの基礎がない私には難しいところも多々ありましたが、目新しい体験をさせてもらいました。平日中心のレッスンなので、参加できる機会はそれほど多くはないのですが、これからも参加できる日に開催されるのであれば、前もって予約を入れておきたいですね。それにしても回数券の購入が不便になってしまったことに戸惑いを感じています。何でも、世の中の経済事情が良くないので、高額の回数券を販売することに対して制限するよう、クレジットカード会社から要請が来たとか。困りました。(苦笑)年内、あと一回レッスンを受ける予定ですが、そのときに現金で五十回券を購入しておくべきかどうか、迷います。ああ、クレジットカードで購入できれば、マイルがたくさん貯まるのに・・・・・・! もったいないですね。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 四〇点差 | トップページ | 映画『ブラインドネス』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/43553451

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一三三回目):

» NLPトレーナー [NLPトレーナー]
トレーナーって、やりがいのある仕事のようですね [続きを読む]

受信: 2008.12.28 23:09

« 四〇点差 | トップページ | 映画『ブラインドネス』 »