« 映画『落下の王国』 | トップページ | 「スリッパ持参でお越しください」 »

2008.11.09

ホットヨガ(一二五回目)

映画『落下の王国』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m この手の映画は、ストーリーを追い難いことも多いのですが、この映画は比較的わかり易かったと思います。ロイの作り話を表現するために、二十四ヶ国以上でロケを実施するなんて、とても贅沢な話ですよね。また、原題は"THE FALL"ですが、これを『落下の王国』と訳した人もなかなかセンスがあると思います。

 およそ二週間振りにホットヨガのレッスンを受けた。先週は、生理が始まるか始まらないかの微妙な時期だったので、レッスンの予約を入れなかったのである。生理も終わり、新しくなった六十分の脂肪燃焼コースのレッスンを受けるか、いつものように九十分のベーシックコースのレッスンを受けるかでかなり迷ったのだが、やはり午前中にレッスンを受けておきたい気持ちから、神戸店で九十分のベーシックコースのレッスンを受けることにした。

 今回のレッスンを担当してくださったのは、先日、三ポイント獲得されたインストラクターである。レッスンの参加者は、私を入れて十五名だった。もともと十七名の予約が入っていたらしく、狭いスタジオ内には十七枚のヨガマットが所狭しと並べられていた。しかし、レッスンが始まっても、二枚のヨガマットは使用されないまま残っていた。おそらく、直前にキャンセルされた方がいらっしゃるのだろう。もともと狭いスタジオで十七名もレッスンを受けるのはかなり厳しい状況ではあったのだが、たまたま私の左隣のヨガマットがレッスンの最後まで空いていたので、私は他の人に比べて伸び伸びと両手を広げることができた。

 狭いスタジオに、参加者がひしめき合っていたからだろうか。スタジオ内がいつもよりも暑いと感じた。インストラクターが時々冷たい空気を送り込んでくださったのだが、それでも暑く、私は休憩のポーズ(シャバーサナ:屍のポーズ)のときにスタジオの外に出て行くか否か、しばらく迷っていた。しかし、何となくタイミングを逃してしまい、スタジオの中でずっと過ごすことになってしまった。今になって思えば、メリハリを付けるためにも、一度スタジオの外に出て冷たい空気を吸い込んだほうが良かったと思う。

 これまで、九十分のベーシックコースのレッスンは、私にとってはちょうどいいレッスンのはずだった。しかし、スタジオ内がいつもよりも暑く感じられる上に、およそ二週間振りのレッスンで身体が少し鈍っていたからだろうか。後半になると、次第に疲労感が激しくなり、息も荒くなって来た。寝ポーズに入ったときに、私の息使いが荒いことを察知したインストラクターが、
「大丈夫ですか?」
と声を掛けてくださった。私はすぐに、
「ありがとうございます。大丈夫です」
と返した。

 また、鳩のポーズのときに、ようやく上がり始めた足を上げて、上級者向きのポーズを取ろうとしていると、インストラクターが私に、
「足を上げなくても大丈夫ですよ」
と囁いてくださった。そのため、私はビギナーコースで取っている、足を上げない初級者向けの鳩のポーズに戻ることにした。以前よりも足が上がるようになって来たので、足を上げる練習をしてポーズを完成させたかったのに、ちょっぴり残念である。次回からは、少し無理をしてでも足を上げる上級者向けのポーズを取ろうと思った。

 こうして九十分のレッスンが終わり、シャワーを浴びたあと、着替えを済ませてロッカーの鍵を受付に返しに行くと、さきほどのインストラクターが対応してくださった。どうやら次回のレッスンから五回連続で、バスタオルの無料レンタルサービスが受けられるらしい。現在、十一月末までの予定で、関西地区の支店でレッスンを受けた人たちを対象に、レッスンを受けるごとにスタンプカードへの捺印が行われているのである。ありがたいことにそのスタンプが溜まり、次回のレッスンから五回に限り、バスタオルを無料でレンタルできるという。おかげで次回からは、少し荷物を減らすことができそうである。

 そう言えば、先日、三宮店でレッスンを受けたときに、レッスンを終えたあとに返却された回数券の有効期限が修正液で修正され、一週間延びていた。一体何が起こったのだろうと思い、三宮店のスタッフに聞きそびれたことをさきほどのインストラクターに尋ねてみると、
「年末年始で一週間、お休みをいただくので、延長させていただいてるのだと思います」
という答えが返って来た。なるほど。とは言うものの、これまでは年末年始に一週間も休業になることはなかったはずである。それだけ、ホットヨガで働くスタッフの福利厚生も充実して来たということなのかもしれない。そのために、私たち会員の回数券の有効期限を延ばしてくださったお心遣いに感謝することにしよう。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 最近、休日のレッスンの予約を入れるときは、どのレッスンを予約するか、迷うようになってしまいました。体調によっては、緩いレッスンのほうがありがたいこともあったりしますが、そういうレッスンは、たいてい午後からなんですよね。緩いレッスンとして、ビギナーコースも受け入れるならば、朝の早い時間からレッスンを受けられるのですが、緩いレッスンを望んでいても、ビギナーコースだと反対にちょっぴり物足りなかったりと、なかなか難しいものであります。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『落下の王国』 | トップページ | 「スリッパ持参でお越しください」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/43066841

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一二五回目):

« 映画『落下の王国』 | トップページ | 「スリッパ持参でお越しください」 »