« 靴の魔法 | トップページ | 映画『P.S. アイラヴユー』 »

2008.11.13

冬の布団争奪戦

靴の魔法の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。フィット感のある靴を履くことによって、足の歪が矯正さたるのでしょうか。とにかく、靴を変えるだけで、これほど顕著に足の痛みがなくなるのは驚異であります。しかし、私は現在、激しい靴擦れと戦っています。(苦笑)普段、革靴を履くことはあまりなかったので、久し振りにカットバンが大活躍しています。このようにして、私たちの踵は革靴に合わせて削られて行くのでしょうね。この痛みはまるで、動物の革を剥ぎ取って作った靴を履く人のための戒めのようでもあります。

 私たちは、結婚してからずっと一つのシングルベッドに仲良く寄り添って寝ている。シングルベッドなので、最初のうちは、使用している布団もすべてシングルだった。私の両親は、私たちがシングルベッドに寄り添って寝ていることを知っていたが、せめて掛布団だけでもダブルを使ったほうがいいだろうと気を利かせて、結婚祝いにダブルの掛布団と毛布を買ってくれた。しかし、新婚ホヤホヤの私たちは、シングルベッドなのだから、掛け布団も毛布もシングルでいいと言い張り、しばらくその掛け布団と毛布を使わなかった。一つのもの、あるいは一人分のものを分け合って使うということに喜びを感じていたので、ダブルの掛け布団や毛布のように二つのもの、あるいは二人分のものを分け合って使いたくはなかったのだ。

 とは言うものの、人間というものは、幸せな結婚生活が続くとどんどん横に成長してしまうものらしい。あまりにも楽ちんな生活を続けていたために、ガンモも私もすっかり横幅が広くなってしまった。そのため、冬になると、シングルの掛け布団と毛布では布団の取り合いになり、ガンモが風邪を引くようになってしまった。そう、シングルベッドの上で繰り広げられる布団争奪戦には、いつも私が勝利していたのである。そこで、冬に限り、ダブルの布団と毛布を使用するようになった。

 ところで、今は秋から冬に向けての微妙な時期なので、我が家のシングルベッドでは、まだシングルの掛け布団と毛布を使用している。しかし、夜、寝るときは暖かくても、朝、起きると布団や毛布がないということもしばしばだ。たいてい、ガンモが布団を自分の身体に巻きつけ、私が毛布を身体に巻きつけている。そのため、ガンモは
「毛布がなくて寒い!」
と文句を言い、私は、
「布団がなくて寒い!」
と文句を言っている。

 だから、今夜こそダブルの掛け布団と毛布に取り替えようと思うのだが、不精な私たちは、なかなか重い腰が上がらない。別の部屋に仕舞い込んでいるダブルの掛け布団と毛布を取りに行き、替わりにこれまで使っていたシングルの掛け布団と毛布を仕舞うのが面倒なのだ。しかし、そのうちどうしても我慢し切れなくなるときが来るのだ。おそらくそのタイミングとは、どちらかが風邪を引いたときである。それまでの間は、シングルベッドの上で激しい布団争奪戦が繰り広げられるのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 普段、私たちが使用している寝具にも季節感が漂っているものだと、改めて実感しました。シングルからダブルに切り替わるときは、掛け布団と一緒に使っていた毛布をそのまま下に敷いてしまいます。(笑)そのタイミングを考えると、まだまだ敷き毛布が必要なほど寒くはないので、ダブルの掛け布団と毛布を使用するのはもう少し先のことになるでしょう。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 靴の魔法 | トップページ | 映画『P.S. アイラヴユー』 »