« 映画『まぼろしの邪馬台国』 | トップページ | きたやまおさむ レクチャー&ミュージック ~戦争を知らない子供たちとその子供たちへ~(前編) »

2008.11.28

ホットヨガ(一二八回目)

映画『まぼろしの邪馬台国』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m たくさんの方たちから応援クリックを賜り、心より御礼申し上げます。康平は、他の人から見れば、とても気難しい人に見えていたのではないでしょうか。周りの人たちは、そんな康平に対し、一歩踏み込めない不自由さを感じていたのかもしれません。しかし、和子にとっての康平は、決して気難しい存在ではなかったのでしょう。トランプのゲームで、ほとんどのカードに対してはジョーカーが最も強いのに、特定のカードにだけはかなわないルールがありましたよね。康平と和子もそんな関係だったのではないかと勝手に想像しています。

 三連休の最終日は、梅田店でホットヨガのレッスンを受けた。わざわざ大阪まで出掛けたのは、この日の夕方、ガンモと一緒に大阪でコンサートに参加する予定を立てていたからだ。前日の昼過ぎまで、徹夜の仕事をこなしていたガンモは、私が出掛けるときもまだベッドで寝ていた。私はコンサートのチケットをガンモの財布の中に収めると、
「今日のコンサートは十六時からだから、間違えないで遅れないように来てよ」
とささやいて家を出た。ガンモは目を閉じたまま、
「うん」
と答えた。

 直前までもたもたしていたせいか、家を出るのがすっかり遅くなってしまった。しかも、最寄駅に着いたときには、運悪く一つ前の列車が発車したあとだった。次の列車に乗るとしたら、遅刻はほぼ確実である。何しろ、大阪駅からホットヨガ梅田店までは、歩いて十分以上掛かるのだ。大阪駅に着いたら、タクシーに乗ったほうがいいのだろうか。梅田店のスタジオは、毎日放送のすぐ近くなので、近場の利用といえども、「毎日放送までお願いします」と言ってしまえば、大阪のタクシーの運転手さんも文句を言わずにしぶしぶ運んでくださるかもしれない。しかし、混雑した道路をタクシーで走るよりは、早歩きで向かったほうが早いのではないだろうか。それに、大阪駅からタクシーに乗るとしたら、タクシー乗り場を探すことから始めなければならないだろう。その時間がもったいない。いろいろと考えた末に、私は大阪駅に着くや否や、これまで何度も歩いた道をできる限り早歩きで歩き始めた。できれば思い切って走りたいところだが、大きな筋腫を抱えている身体では、十数メートル走っただけで力尽きてしまうのだ。

 結局、梅田店に着いたのはレッスン開始の三分後だった。レッスンが開始されてから十分経ってしまうと、もはやスタジオには入れなくなってしまうので、私は大急ぎで支度を整え、スタジオに滑り込んだ。スタジオ内に設置された時計を見ると、レッスンが開始されてからちょうど十分経っていた。ギリギリセーフである。ちなみに今回、参加したレッスンは、七十五分のパワーアクティヴコースである。

 いつものように、梅田店の横長のスタジオには、男女がひしめき合いながら前後に並んでいた。二十人近い参加者のうち、男性会員は四人だった。これまで参加して来たレッスンでは、男性会員は二人程度の参加だったので、今回のように四人も参加されているのは多いほうだと思う。

 私がスタジオに入ったとき、既に足首をほぐすストレッチに入っていた。私はいつも、首の凝りをほぐすストレッチを丁寧に行うのだが、今回は遅刻してしまったために、首の凝りをほぐすストレッチをパスしてしまったので、手を使って足首をほぐしながらも、一緒に首も回していた。

 ストレッチが終わり、いよいよ本格的なポーズを取り始めると、どういうわけか、いつもよりもたくさんの汗が出て来た。身体を少し動かしただけでも、汗がタラタラと落ちて来る。そろそろ生理が近いので、身体は水分を溜め込もうとしているはずだが、今回のレッスンでは、とにかく恥ずかしいくらいに汗が噴き出していた。

 久し振りに受ける七十五分のアクティヴコースのレッスンは、目新しいポーズに溢れていた。そんな中でも、かつての脂肪燃焼コース2のレッスンのときにお馴染みだった太陽礼拝のポーズがやけに懐かしかった。

太陽礼拝のポーズ by YouTube

 七十五分のパワーアクティヴコースのレッスンと言えば、レッスンが開設された頃に参加して、挫折してしまったほどハードなレッスンである。それだけに、レッスンの後半ともなると、私の息はかなり荒くなっていた。他のレッスンに比べて男性会員が多いのは、彼らが肉体に対し、より強い刺激を求めているからなのかもしれない。

 久し振りにたくさんの汗をかいた私は、七十五分のレッスンが終わると、シャワールームになだれ込んだ。レッスンのときに着ていたTシャツを脱いで絞ってみると、Tシャツが吸い込んだ汗がじんわりとにじみ出て来た。やはり、七十五分のパワーアクティヴコースのレッスンはハードだ。しかし、いつもよりも体調が良かったのか、挫折するほど落ち込みはしなかった。

 シャワーを浴びたあと、着替えを済ませて梅田店のスタジオを出ると、雨が降っていた。これから数時間後にコンサートが行われるというのに残念なことである。私は、今回のコンサートにお誘いくださったライブ仲間のお友達とランチをご一緒する約束をしていたので、傘をさして待ち合わせ場所へと向かった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 残念ながら、梅田店のスタジオに転勤になったという京都四条通店のインストラクターには会うことはできませんでした。これからもちょくちょく梅田店には顔を出す予定ではありますが、やはり大阪駅から遠いのが難点ですね。今回のように、家を出るのが遅くなってしまうと、やきもきしてしまいます。梅田店のスタジオでレッスンを受けるときは、家を早めに出ることを心掛けなければなりません。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『まぼろしの邪馬台国』 | トップページ | きたやまおさむ レクチャー&ミュージック ~戦争を知らない子供たちとその子供たちへ~(前編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/43259014

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一二八回目):

« 映画『まぼろしの邪馬台国』 | トップページ | きたやまおさむ レクチャー&ミュージック ~戦争を知らない子供たちとその子供たちへ~(前編) »