« 「きせかえツール」が欲しかっただけ(1) | トップページ | 「きせかえツール」が欲しかっただけ(3) »

2008.11.19

「きせかえツール」が欲しかっただけ(2)

「きせかえツール」が欲しかっただけ(1)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 前編と後編に分けて記事を書かせていただこうと思っていたのですが、後編を書き始めたところ、またしても長くなってしまいました。(苦笑)そこで、記事を三回に分けて書かせていただくことにします。どうぞご了承くださいませ。

 いくつかの無料サイトへの登録を試みたものの、まだ目的の三百ポイントには足りなかった。私は、無料で登録できるスポンサーサイトのリンクページを根気強く参照し、できるだけ高いポイントを獲得できそうなサイトを探し求めた。その中に、占いサイトなのに百三十ポイントも獲得できる無料サイトがあった。これまで登録したスポンサーサイトは数十ポイントしか付与されないサイトだったので、一気に百三十ポイントも獲得できるとなると、かなり大きい。私は早速登録することにした。

 実際にそのサイトを訪問してみると、どうやらそのサイトでは、登録時に私のことを何か占ってくれるらしい。しかし私は、登録ページの右下のスペースに書かれている内容が少し気になっていた。それは、「この占いは、出会い系サイト○○の占いコンテンツです」という注意書きだった。

 なるほど、登録するだけで百三十ポイントももらえるのだから、それなりに理由があるのだろうとは思っていたが、あたかも占いサイトに勧誘するかのように見せ掛けておいて、その実態は出会い系サイトだったというわけだ。私は、その時点ではそれほど深く考えることもなく、きせかえツール欲しさに送信ボタンを押して、届いた確認メールに書かれていたリンクをクリックして申し込みを完了させた。

 これまで登録して来たスポンサーサイトが比較的静かなサイトだったからだろうか。出会い系サイトに登録したとしても、こちらから何のアクションも起こさなければ、特に害はないものと思っていた。きせかえツールを配布しているサイトの注意書きには、「スポンサーサイトに登録した直後に退会された場合は、獲得されたポイントを無効にさせていただくことがあります」と書かれていたので、こちらから何のアクションも起こさず、二、三日だけそのまま放置したあと、退会してしまえばいいと思っていたのだ。

 ところが、登録した途端、この出会い系サイトから、メールがひっきりなしに届き始めた。登録直後に届いたのは、六十五歳の占い師からのメッセージだった。メールには、メッセージのタイトルだけ記載されていて、届いたメッセージの内容は、メールに記載されている出会い系サイトのアドレスにアクセスすることで参照できるようになっていた。何でもその占い師は、登録直後の私の不穏な「気」を感じ取り、私のことを勝手に占ったのだという。しかも、私のような気を持っている人には、これまでほとんど出会ったことがないそうだ。それにしても六十五歳というと、私の父とほとんど変わらない年齢ではないか。六十五歳になってもなお、異性を求め続けるバイタリティに溢れているのだろうか。

 続いて届いたのは、HERMES/エルメスのバーキン(本物・証明書付き)を無料でお譲りしますというメッセージだった。元彼女のために買ったものらしいが、不要になってしまったので、無料で私にくれるらしい。是非手渡ししたいので会えないか? という内容だった。そもそもバーキンとは何なのだろう? ブランドとは無縁の生活を送っている私には難しい。

 私は、出会い系サイトなどというものに登録したこと自体、初めてのことだったので、罪悪感とともに戸惑いを感じてもいたが、もともと出会いなど求めてもいないので、このまま返信もせずに黙り続けて、二、三日が過ぎて行くのを静かに待てばいいだろうと高をくくっていた。そして、携帯電話をロッカーに残したままホットヨガのレッスンを受けたのだが、シャワーを浴びたあと、携帯電話を確認してみると、何と六十分のレッスンの間に十通ほどメールが届いていた。携帯電話よりもパソコン中心の生活を送っている私にとって、普段の生活では有り得ない数のメールである。

 メッセージを確認してみると、さきほどのバーキンを無料でお譲りくださるという方から、返事を催促するメッセージが届いていた。更に驚いたのは、女性からもメッセージが届いていたことだ。その女性は、離婚されたあと、私と同じ市内に小さなお子さんと二人暮らしをされているそうだが、話し相手がいないため、月に十万円支払うので話し相手になってもらないかと書いていた。株の取引で稼いでいるので、安定した収入があるのだそうだ。その女性は、私が返信しないでいると、もう一度メッセージを送信されていた。二回目に届いたメッセージには、お互い女性同士なのだから、金銭抜きで信用して仲良くして欲しいと書かれてあった。話し相手になるだけで月に十万円支払うなどというメッセージを送りつけて来ること自体、既に信用できない状況なのに、この女性は何故、このようなことを書いて来るのだろう。おそらくだが、その女性は、月に十万円支払うことで、話し相手以外の何らかの見返りを求めているのではないだろうか。こうした出会い系サイトにおける出会いとは、好意ではなく、お互いの利害関係が一致したときに結び付いて行くものなのかもしれない。

 更にメッセージを読み進めて行くと、男性会員から写真付きのメッセージが届いていた。写真を拝見すると、なかなかのイケメンくんである。これほどのルックスを持った彼が、何故、出会い系サイトに登録しているのだろう。何でも彼は、東南アジア諸国を相手に事業を始めた若社長らしい。海外出張が多く、女性との出会いに焦りを感じ始めたので、出会い系サイトに登録してみたものの、なかなかうまく行かないそうだ。交際費として月に五十万円支払うので、一度会えないかと書いていた。ここでもまたお互いの利害の一致を求められた。私が返信しないでいると、そのイケメンくんはその後も何度かメッセージを送り付けて来て、携帯電話は手元に置いておくのでよろしくとか、これ以上無視されると辛いとか、挙句の果てには、預金通帳の残高を示す画像まで送り付けて来た。画像がそれほど鮮明ではなかったので実際の残高は良くわからなかったが、自分にはこれだけ預金があるということをアピールしたかったのだろう。それにしても、そんな画像がすぐに出て来ることからすると、同じ手口でいろいろな女性を誘って来たことがうかがえる。

 私は、いくつかのメッセージを確認するだけで既にうんざりしていた。それでも、自分宛にメッセージが届いているとなると、ついつい確認したくなってしまうのも、人間の悲しい性である。このような世界には決して足を踏み入れたくはないし、もともと新しい出会いなど求めていないというのに。

 ちなみに、きせかえツールを配信しているサイトに戻ってポイントを確認してみると、占いサイトと見せ掛けたこの出会い系サイトに登録したときに得られるはずの百三十ポイントは、まだ加算されていないようだった。すぐにポイントが付加されるわけではなかったようである。

 そうこうしているうちに、新しいメッセージがもう一通、届いた。メールに記載されているアドレスにアクセスしてみると、「ポイントが足りません」というメッセージが表示された。どうやら、メッセージを読み書きするために出会い系サイトにアクセスする度に、出会い系サイト内で有効なポイントが消費されるようである。登録直後は無料のポイントが割り当てられているのだが、それ以上、そのサイトを利用し続けるためには、お金を払ってポイントを購入しなければならないらしい。

 出会い系サイトのポイントなど追加で購入するものかと思いながらも、私は次々に届くメッセージに心を痛めてもいた。もしも私にメッセージを送り付けて来た人たちが、真剣に出会いを求めている人たちなのだとすると、出会いを求めてもいない私が出会い系サイトに居座り続けるのは申し訳ないのではないか。私はそう思い、退会を決意した。この出会い系サイトに登録することで、きせかえツールを配信しているサイトで使用できる百三十ポイントが付与されるはずだったが、ポイントのことなど、もうどうでも良かった。とにかく退会したい。私はその一心で、退会の手続きを取ることにしたのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m きせかえツールをダウンロードするためのポイントを獲得しようとして、このようなことになってしまいました。(苦笑)届けられたメッセージには、自然な男女の出会いには有り得ないようなことが書かれていましたね。出会い系サイトでのポイントを追加購入させるためのサクラがこのようなメッセージを送り付けて来ているのではないかと疑ってしまったほどです。しかし、もしも私に届けられたメッセージが本物だとすると、お金がたくさんある人ほど、異性との出会いに苦しんでいるということなのでしょうか。何だか悲しいですね。ちなみに、エルメスのバーキンをネットで検索してみましたら、ああ、なるほど! 多くの女性が持ち歩いている、あの手のバッグだったのですね。この中に、ノートパソコン、入りますかね? 入りそうにありませんね。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 「きせかえツール」が欲しかっただけ(1) | トップページ | 「きせかえツール」が欲しかっただけ(3) »