« ホットヨガ(一二二回目) | トップページ | 映画『おくりびと』 »

2008.10.07

秋のベランダ

ホットヨガ(一二二回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 一.五リットル入りのペットボトルの存在に、これまで気付かなかったというのは、大変お恥ずかしい限りです。でも、ちょっぴり欲を言えば、繰り返し使いたいので、ゴシゴシ洗える容器が欲しいのですね。ペットボトルですと、入口が狭いので、なかなか洗い難いのです。しばらくこのペットボトルを使いながら、もう少し模索してみますね。

 鳩の話を書くのは、ずいぶん久しぶりのことである。父ちゃんに三度目のロマンスが訪れて、その後どうなっているのか、気に掛けてくださっている方もいらっしゃるかもしれない。

 現在、我が家のベランダには父ちゃんと三番目の母ちゃん夫婦、そしてキッコロとTKMY夫婦、それから父ちゃんと二番目の母ちゃんの間に生まれた子供の合計五羽が生息している。相変わらず縄張り争いは続いていて、父ちゃんとキッコロ、三番目の母ちゃんとTKMYが、にぎやかに噛み付き合いを繰り広げている。

 三度目のロマンスの記事には、三番目の母ちゃんが卵を温めていることを書いたが、実はこの夏、あまりにも暑かったせいだろうか。三番目の母ちゃんが温めていた卵はとうとう孵らなかった。それも、一回や二回ではない。少なくとも三回はチャレンジしているはずなのだが、卵はなかなか孵らなかった。ベランダといえどもコンクリートなので、夏の暑い時期は照り返しが強く、卵を温めるのには向かなかったのかもしれない。また、父ちゃんと三番目の母ちゃんの愛の巣が、雨や風などの悪天候の影響を受けやすい場所に作られていたことも要因の一つだろう。この夏は、三番目の母ちゃんだけでなく、TKMYも卵を産んだが、やはり孵らなかった。

 長い間抱いて、とうとう孵らなかった卵は、そのままベランダに放置される。親鳩はそれ以上、卵を温め続けることを放棄してしまうのだ。私たちとしては、卵をそのままベランダに放置されてしまっては困るので、親鳩が放置した卵は処分させてもらっている。それでも彼らのチャレンジ精神は旺盛で、現在、三番目の母ちゃんは、年老いた父ちゃんと結ばれてから何度目かの卵を温めているところだ。

 ところで、ずっとご紹介する機会を失っていたのだが、キッコロの突付きとTKMYの鳩パンチの映像をご紹介しておきたい。ベランダに続く寝室の窓を開けると、キッコロが餌を求めて怒鳴り込んで来て私たちの手をしきりに突付く。餌を求めているはずなのに、私たちに媚びることもなく、どこまでも態度の大きい鳩である。キッコロの妻であるTKMYも、容赦なく私たちに鳩パンチを食らわす。それらの瞬間を捉えた映像をどうぞお楽しみあれ。ちなみに、灰色の鳩がキッコロで、フェンシングのように華麗な鳩パンチを食らわしているのがTKMYである。バックにチラチラと見えているのは、排水溝付近に作られていたTKMYとキッコロの愛の巣である。


鳩パンチ posted by (C)まるみ
※なお、動画を再生するためには、最新のFlashが必要です。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 鳩にとっても、この夏の暑さはずいぶん堪えたようであります。巣はベランダのコンクリートの上に作られていますので、コンクリートが熱くなり過ぎると、せっかくの卵も孵らなくなってしまうのでしょうね。しかし、あれほど暑かった夏も過ぎ去り、急に秋らしくなって来たので、彼らも戸惑っている様子であります。三番目の母ちゃんはまた卵を産みましたが、涼しくなった今、いよいよ孵るのでしょうか。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(一二二回目) | トップページ | 映画『おくりびと』 »