« ホットヨガ(一二四回目) | トップページ | 映画『しあわせのかおり』 »

2008.10.26

長髪の床屋

ホットヨガ(一二四回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 実は最近、寝不足気味なのは、早朝になると、トイレに行きたくて目が覚めてしまうからなのです。毎晩午前一時過ぎに就寝して、毎朝午前四時過ぎにトイレに行きたくなるものですから、どうしても寝不足になってしまうようです。早朝に目覚めてしまうのは、どうやら筋腫が大きくなり過ぎて膀胱を圧迫しているせいだと思われます。ちょっと困っています。(苦笑)

 しばらくサービス満点の床屋さんを営業していなかったので、ガンモの髪の毛は伸び放題だった。そのため、ここ数日のガンモは私の顔を見る度に、
「髪、切ってくれ!」
と懇願するようになっていた。相変わらず、私は平日に身動きが取れない状態だったので、
「わかったよ。じゃあ、週末に切ってあげるね」
と答えていた。

 ホットヨガのレッスンを終えたあと、自宅で仕事の待機要員の当番をしているガンモに電話を掛けてみると、ガンモは開口一番に、
「今日は髪、切ってくれ!」
と言った。私は、
「はいはい、わかってるよ」
と答えた。私に髪の毛を切って欲しいというガンモの思いは、もはやパンパンに張り裂けそうだった。

 帰宅してご飯を食べてしばらくくつろいだあと、いよいよお風呂に入る時間になった。しかし私は、まだまだ寝不足が解消されず、ひどく眠かったことに加え、ホットヨガのレッスンのあと、シャワーを浴びて帰宅していたので、お風呂には入らないことにした。これから就寝しようとしているのに、お風呂に入ってしまうと、すっかり目が覚めてしまうと思ったからだ。そこでガンモには、
「今日はサービス満点じゃないから」
と予告しておいた。サービス満点でないというのは、今回は服を脱ぐサービスはないという意味である。

 いつもは私もガンモと一緒に服を脱いで浴室に入るのだが、今回はガンモだけが服を脱ぎ、浴室に入った。そして、私は服を着たまま床屋さんになった。前回、ガンモの髪の毛をカットしたのはいつのことだったろう。おそらく、もう二、三ヶ月も前のことである。

 ガンモは、私が一緒に服を脱がないので、
「今日はサービス満点じゃないの?」
と、少々不満そうに言った。

 ガンモのそんな不満をよそに、私はガンモの髪の毛を手際良くカットして行った。予め濡らしておいた髪の毛を、ハサミを使っててきぱきとカットしたあとは、生え際に石鹸を着けて、剃刀で調整して行く。間もなく、もさもさしていたガンモの髪の毛はすっきりと刈り上がった。ガンモはとても満足そうだった。

 髪の毛には、自分にとって心地の良い長さがある。二、三ヶ月ごとにこうしてガンモの髪の毛をカットしている私も、最近は髪の毛が伸びていて、ヘアアクセサリを使ってまとめておかないと、ひどく気になる。普段からショートヘアに慣れていると、どこまでも伸び続けて行く状態に、ついには我慢ができなくなってしまうようだ。

 一番困るのは、洗髪したあとになかなか乾いてくれないことである。普段から、ドライヤーを使う習慣のない私は、洗髪後も濡れた髪の毛を自然乾燥させていた。しかし、髪の毛が長くなると、その分、乾きも遅くなる。そこで、百円ショップで購入したタオル地のターバンを巻いて水分を吸い取っているのだが、タオル地のターバンを外すと、髪の毛がところどころ逆立っていたりする。髪の毛が長くなると、それだけ手間も掛かるのだ。

 それでも私は、美容院で当たり障りのない会話をするのが苦手なので、長くてももう少し我慢できると自分に言い聞かせてここまで来た。長くなった私の髪の毛は、一体誰が切ってくれるのか。髪の毛がすっきりして涼しい顔をしているガンモをよそに、美容院の苦手な私は、もう少し、もう少しと踏ん張り続けるのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 「医者の不養生」ということわざがありますが、床屋さんの髪の毛が伸び放題の状態のことは何と言うのでしょうか。先日も、ホットヨガのレッスンに出掛けたときに、顔なじみのスタッフに「髪の毛伸びましたねえ」と言われました。私が「そろそろ切りたいんですけどねえ」と答えると、「一緒に伸ばしましょうよ」と誘われました。(苦笑)しかし私は、「いやあ、私のほうが先に挫折してしまうかもしれません」とは答えたものの、やはり美容院が苦手なんですよね。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(一二四回目) | トップページ | 映画『しあわせのかおり』 »