« 映画『グーグーだって猫である』 | トップページ | ヘナを求めて三千里 »

2008.10.18

ホットヨガ(一二三回目)

映画『グーグーだって猫である』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 「グーグー」の意味は、ラストで明かされます。そう言えば、ガンモのハンドルは、「GuGuガンモ」から来ているのですが、「GuGuガンモ」の「グーグー」もまた、この映画のグーグーと同じ由来なんでしょうかね。

 先週は、体調が芳しくなかったため、ホットヨガのレッスンの予約をキャンセルして自宅で過ごした。今週は、体調も回復したので午後からレッスンに出掛けた。いつもと違って午後からのレッスンを選んだのは、午前中、自宅近くの歯科で三ヵ月に一度のデンタルケアを受けたからだ。そのため、午後から開催されるレッスンで、私にとってちょうどいいレッスンを選ぶために、久しぶりに三宮店でレッスンを受けた。今回は、いつもの九十分のベーシックコースではなく、十月から復活して新しくなった六十分の脂肪燃焼コースを受けた。

 かつて、三宮店で六十分の脂肪燃焼コース2のレッスンを受けていたとき、毎回、レッスンを担当してくださっていたインストラクターがいた。今回も、そのインストラクターが担当してくださるといいのにと思っていると、お目当てのインストラクターがレッスン着に着替えた状態で受付に立っていた。インストラクターがレッスン着に着替えているということは、これからのレッスンを担当されるということである。しかし、彼女はどうやら新しい会員の方に説明をされているようだ。お忙しそうだったので声は掛けず、私は受付に立っていた他のスタッフからロッカーの鍵を受け取り、ロッカールームで着替えを済ませた。

 スタジオに入ってくつろいでいると、お目当てのインストラクターが入って来た。やはり、今回のレッスンを担当してくださるようである。彼女は私を見付けると、ひどく驚いた様子で、
「お久しぶりですねえ。お元気でしたか?」
と笑みを浮かべながら声を掛けてくださった。素直にうれしい。そう、私は彼女のレッスンが好きで、三宮店で行われている脂肪燃焼コース2のレッスンに足繁く通ったものだった。当時の脂肪燃焼コース2のレッスンは、三宮店が土曜日のお昼過ぎ、神戸店が土曜日の夕方にそれぞれ開催されていた。私はできるだけ早い時間にレッスンを受けたかったので、レッスン時間の早い三宮店を好んでレッスンを受けていたのだ。

 しかし、一時的に自分の取るポーズに行き詰まりを感じて、九十分のベーシックコースでもう一度ポーズを鍛え直そうと思い立ち、九十分のベーシックコースに通うようになった。神戸店では、九十分のベーシックコースのレッスンが午前中に行われていたため、私の求めているレッスンの条件にぴったり合い、次第に三宮店のレッスンからは遠のいてしまった。そうこうしているうちに、脂肪燃焼コース2のレッスンが終了になり、代わりに七十五分のパワーアクティヴコースのレッスンが始まった。ところが、私にはパワーアクティヴコースのレッスンがきつく、再び九十分のベーシックコースのレッスンに戻った。そんな状況の中、脂肪燃焼コースのレッスンが十月よりリニューアルされて帰って来たのだ。

 レッスンを受けた感触としては、これまでの脂肪燃焼コース2で取っていたポーズに、更にアレンジが加えられていると感じた。全体的に、お腹の筋肉を使うポーズが多いように思う。個人的にきついと感じたのは、ブロックを両手で持ち上げて、身分の高い人に捧げるようにして保つポーズである。ブロックと言っても発泡スチロール製の軽いブロックなのだが、ブロックを持ったまま両腕をピンと伸ばして前方に突き出したり、ウエストをねじった状態で差し出すためにはお腹の筋肉を使って踏ん張らなければならず、お腹に力を入れることのできない私にはかなりきつかった。

 英雄のポーズも、まるで一つの物語を生み出すかのように、一セットが長かった。新しい脂肪燃焼コースの形としては、後ろに向けた手や足を前方に戻す反動でポーズを変えるというのが共通のテーマのようである。どのような形で新しいポーズが生み出されて行くのかわからないが、長い間通い続けている好きなアーチストのコンサートで演奏される曲目が、次々にアレンジを加えられて新しく生まれ変わっているように、ホットヨガのポーズもどんどん手を加えられて新しくなっているのだと感じた。そこに、私たち会員を飽きさせない工夫がなされているのだ。

 新しく生まれ変わったポーズと格闘しながらも、六十分のレッスンでたっぷりと汗をかき、レッスンを担当してくさったインストラクターに御礼を述べて、スタジオを出た。久しぶりに心地良い刺激だった。六十分の脂肪燃焼コースのレッスンは、神戸店では土曜日の夕方に行われているので、もしかしたらこの先、再び三宮店に通い始めることになるかもしれない。その前に、一度神戸店でレッスンを受けて、家出した私の結婚指輪がシャワールームに残っていなかったかどうかを確かめておきたい。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 脂肪燃焼コースは、帰って来たというよりも、新しいレッスンに生まれ変わったという感触のほうが強かったように思います。一.五リットル入りのペットボトルに水を用意してレッスンに臨んだのですが、六十分のレッスンだったので、あまりたくさんの水を飲むこともなく、たくさん余らせてしまいました。六十分のレッスンですと、用意する水は、一リットルくらいで十分なようです。ということは、たくさん汗をかくことができる上に、持参する水も一リットルで済むので、一石二鳥かもしれません。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『グーグーだって猫である』 | トップページ | ヘナを求めて三千里 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/42835143

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一二三回目):

« 映画『グーグーだって猫である』 | トップページ | ヘナを求めて三千里 »