« 狼少女 | トップページ | ホットヨガ(一二二回目) »

2008.10.05

映画『言えない秘密』

狼少女の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m これまではIPテストだったので、受験票には写真は不要でしたが、公開テストとなると、写真が必要になります。ガンモの話によれば、受験時には受験票に貼り付けた写真と比較するための身分証が必要だとか。替え玉受験されないように、ずいぶんチェックが厳しいのですね。私は運転免許を持っていないので、パスーポートを持参することになりそうです。(笑)

 実はこの映画は、公開前にポスターを目にしたときから気になっていた。ホットヨガ神戸店のすぐ隣にある映画館でも上映されていたのだが、悲しいことに、この映画館は今年の十二月に閉館されてしまうことになり、割引特典の高いシネマポイントカードも去年からそのサービスが打ち切りになってしまっていた。そこで、できるだけ千円で鑑賞できる日を選んで鑑賞しようとしたのだが、平日はなかなか身動きが取れず、気をもんでいた。

 折しも、私の手元には、大阪のチケットショップで購入したミニシアター系映画館の鑑賞券が一枚だけ残っていた。おまけに、使用期限ギリギリの大阪までのJR回数券も揃っていた。となると、大阪へ向かうしかない。そう思った私は、映画『蛇にピアス』を公開初日に三宮で鑑賞したあと、わざわざ大阪まで移動して、ホットヨガ梅田店に近いテアトル梅田でこの映画を鑑賞することにしたのである。

 この映画は、ポスターも早くから掲示されていたりと、ミニシアター系の映画館で上映される作品にしては比較的積極的な宣伝が行われていたので、実はあまり期待はしていなかった。しかし、予想に反して泣けた。とりわけラストでは、むせぶように泣いた。

 果たしてどんな映画かと言うと、台湾で製作された恋愛映画であり、主演のジェイ・チョウが監督・脚本・音楽も同時に手掛けている。ジェイ・チョウと言えば、二年半前に公開された映画『SPIRIT』のエンディング曲を担当していたのに、日本で映画『SPIRIT』が公開されたときには彼のオリジナル曲が採用されずに、別のアーチストの曲がエンディングに採用されて物議をかもしだしていたことを思い出す。当時、ジェイ・チョウの熱心なファンの方たちが、日本では彼のオリジナル曲が流れないので、映画配給会社に対し、激しい怒りをぶつけていた。あのとき怒っていたジェイ・チョウのファンの方たちも、この映画を鑑賞するために映画館に足を運んだのだろうか。

 さて、この映画を観ると、運命の恋がどのように始まり、どのように展開して行くかを客観的に観察することができる。運命の恋の場合は、どちらかが一方的な想いを抱えて告白してから成立するといった、ぎこちない始まり方はしない。運命の恋は、出逢った瞬間から双方がバランスを保ちながら、二人同時に始まるのだ。

 また、二人が運命の恋の渦の中にいるときは、そのどちらかに好意を抱いた第三者が容易に近づくことはできない。何故なら、二人の集中力の高まりが密度の高い領域を作り出すため、密度の粗い第三者を寄せ付けないからだ。運命の恋を成り立たせているのは、個と個が織り成す密度の濃さの相性かもしれないとさえ思う。そして、恋に対してこれほどまでに一生懸命になれるのは、「この人しかいない」と感じられるからだ。その特別感が運命の二人を突き動かす。

 そんな運命の出会いを果たしたのは、ジェイ・チョウ演じる転校生のシャンルンと、グイ・ルンメイ演じる喘息持ちのシャオユーである。二人は共に音楽学校に通い、ピアノを習うという共通の志がある。同じ志を持っていることからしても、二人の出会いが運命的であることは決定的である。運命の出会いとは、自分が本当に好きなものに向き合っているときに訪れるものだ。二人がピアノを連弾するシーンがあるのだが、四本の手がまるで一人の人間の手のように見える。

 実は、先日も書いたが、シャオユーを演じていたグイ・ルンメイがホットヨガのスタッフに良く似ていたので、私は彼女が登場してからずっと、彼女に釘付けになっていた。そう、『言えない秘密』を抱えているのは彼女のほうである。果たして、喘息を患っている彼女にどんな秘密があるのだろうか。これ以上、多くを語らないほうがいいのだろう。何しろ、『言えない秘密』なのだから。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 映画館に掲げられていたポスターには、リピーター割引の案内がありました。リピーター割引とは、「二回目以降にこの映画を鑑賞される方は、割引しますので映画の半券をお持ちください」といった割引です。確かにこの映画は、二回、三回と鑑賞したくなる作品かもしれません。それにしても、この作品で監督・脚本・音楽・主演を同時に手掛けたジェイ・チョウは、多才な人なんですね。ピアノを弾くシーンにも目を見張るものがあり、彼の才能に惹かれる人がたくさんいてもおかしくはないと思いました。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 狼少女 | トップページ | ホットヨガ(一二二回目) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/42701304

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『言えない秘密』:

« 狼少女 | トップページ | ホットヨガ(一二二回目) »