« ホットヨガ(一一九回目) | トップページ | 映画『落語娘』 »

2008.09.22

待機モードと発信優先モード

ホットヨガ(一一九回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 土曜日はガンモが深夜まで仕事だったので、レッスンのあと、映画を二本鑑賞して帰りました。しかも、土日と平日の限られた時間帯だけ使用できる大阪までの回数券の使用期限に当たっていたので、一本目の映画は三宮で鑑賞し、二本目は大阪で鑑賞しました。たまたま大阪のミニシアター系映画館で使用できる映画の鑑賞券も手元にあったので、一石二鳥でありました。

 今日は休日を挟んだ月曜日。私は有給休暇を取って四連休にしている。ガンモはと言うと、早朝から起き出して、鳥取まで出張に出掛けてしまった。木曜日まで帰って来ない。家の中がガランとしていて寂しい。夫婦二人だけの生活というのは、こういうときにダメージを受ける。先週、私が実家に帰っていたときも、ガンモは一人で寂しくしていたはずなのだ。

 今回の鳥取出張が決まったとき、
「私は有給を取って四連休にしているし、最初の二日間だけでもガンモと一緒に鳥取に行こうかな」
と言ってみた。以前もガンモの滞在する鳥取のホテルに押しかけて、ガンモの宿泊しているシングルの部屋を私が滞在する期間だけダブル扱いに変更してもらったことがある。しかし、今回はそのときと同じホテルには宿泊しないそうだ。

 というのも、最近、ガンモの会社では出張費の精算が法人カードの決済に切り変わったのだそうだ。そのため、温泉の設備のあるホテルに宿泊すると、入湯税だけ別扱いで処理することになるため、手続きがややこしくなってしまうのだという。また、以前は私が宿泊した分を差し引いて、シングル料金のみの金額を会社に申請していたのだが、法人カードの決済に切り変わってしまったため、私の分だけ別会計にしてもらうのに手間が掛かってしまうという。おまけに、せっかく鳥取に行ったとしても、私が宿泊できるのはわずか一泊だけである。その一泊のためにガンモの手を煩わせるくらいならと、私は自宅に残ることにしたのである。

 離れ離れになると、ついつい携帯電話で会話する回数が多くなる。私からガンモに掛ける携帯電話の通話料は無料なので、今日は何度も何度もガンモに電話を掛けているのだが、ガンモと電話が繋がる度に、
「俺のこと見てたの?」
とガンモに驚かれている。どうやら私がガンモに電話を掛けるタイミングがいつも絶妙らしく、例えば、ガンモが私に電話を掛けようと思って携帯電話を手にした直後に掛けたりしているのだそうだ。また、今日に限らず、私が残業などで帰宅時間が遅いときでも、ガンモが先に帰宅してくつろぐためにパソコンの前に座った直後に電話を掛けることがあるらしい。そのため、私からの電話を受けたガンモは、
「絶対、監視カメラか何かで俺のこと見てるだろ?」
と興奮気味に語るのだった。

 互いの気持ちがシンクロしているときは、このようなことも当たり前に起こる。しかし、たまに喧嘩をしたりすると、私にはガンモが何を言っているのか聞き取れなくなってしまうことがある。ガンモと電話で話しをしていても、
「え? 今、何て言ったの? 聞き取れないよ」
と連発することになるのだ。これはおそらく、喧嘩をすると、自分の主張したい気持ちを優先させる発信優先モードに切り替わるため、相手の言葉に耳を傾ける待機モードで動作していないからだろう。

 また、気持ちがシンクロしていないときは、電話で話をしている最中に、互いに言葉を発するタイミングが重なってしまい、会話が成り立たないこともある。不思議なことに、そういうときは、一呼吸置いたあとに発する言葉さえも重なってしまう。つまり、こちらも発信優先モードになっているために、一呼吸置いたとしても何か言いたい気持ちが変わらないのだろう。

 絶妙なタイミングで繋がる電話とは、相手が待機モードに入っている一瞬の隙を突いて繋がる電話のことなのかもしれない。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 夫婦二人だけで生活している家から一人がいなくなると、寂しいものです。いつも当たり前のように聞こえている、ガンモが床をペタペタと歩く音、コーヒーを飲むためにスプーンとコップをこすり合わせる音が聞こえません。ガンモの不在により、私たちはこの家にたった二人で住んでいるのだなあと改めて実感しています。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(一一九回目) | トップページ | 映画『落語娘』 »