« 映画『ぐるりのこと。』 | トップページ | 三人寄れば文殊の知恵 »

2008.07.22

ホットヨガ(一一一回目)

映画『ぐるりのこと。』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 映画を観ていて、「うまい演技をする人だなあ」と思うのは、この映画にも出演されていた柄本明さんのような役者さんです。柄本明さんと言えば、独身時代、東京の下北沢に住んでいた頃、良く街でお見掛けしていました。ぼやっとした雰囲気の漂う役者さんではありますが、役を演じているときは、その役を食ってしまっているというか、完全に自分のものにしてしまう人だと思います。いかにも「演じている」というタイプの役者さんではないんですね。演じている姿があまりにも自然で、毎回、うまいなあと感じさせてくれる役者さんであります。

 三連休を控えた金曜日の午後、私の勤務先では、同じプロジェクトのメンバ三人で休日出勤の相談が行われていた。休日出勤する場合は、予め出勤する人の名前とおおよその出勤時間、それからおおよその退社時間をビルの管理事務所に届けることになっている。そうすることによって、休日の入館も可能になり、また、空調管理もしっかりと行われるのだそうだ。

 まず、三連休のうち、何日間出勤するかという話になった。できれば最終日は休みたいという気持ちは全員一致していたようで、話し合いの結果、最初の二日間だけ出勤することになった。私は、土曜日の午前中はホットヨガのレッスンの予約を入れていたので、
「土曜日の午前中は用があるので、午後からの出勤になりますけど、日曜日は午前中からOKです」
と言った。以前、三連休の休日出勤の話が持ち上がったとき、同じことを上司に伝えておいたはずなのだが、上司はその話をあたかも初めて聞いたかのような反応を示した。何しろ、私がホットヨガのレッスンを受けていることも、他の派遣社員から何度か聞いて知っているはずなのだが、
「エアロビクスを習ってるんですよね」
などと言って来るくらいだから、無理もない。

 さて、土曜日の朝、私はいつものように九十分のベーシックコースのレッスンを受けるため、ホットヨガ神戸店に向かった。私と同じレッスンに参加していたのは、私を入れて十六名の参加者である。何と、今回のインストラクターは、これまでにもスタジオで何度か顔を合わせてはいたものの、レッスンを担当してくださるのはまったく初めてのインストラクターだった。確か、ホットヨガの公式ブログに自家製パンの記事を掲載されていたインストラクターである。神戸店のスタジオに通い始めてからそろそろ二年になるが、初めてのインストラクターに当たろうとは思ってもいなかった。教え方がとても上手なそのインストラクターは、インストラクターとしてかなりの熟練者であることが感じ取れた。

 前回のレッスンでは、寝不足のため苦しくて、後半のレッスンをほとんどお休みさせていただくことになってしまった。自分でもそれがあまりにも情けなかったので、今回はレッスンに呑まれないように注意を払いながら、自分のペースを確立させることに意識を集中させた。すると、レッスン中に苦しくならないコツがわかったのだ。それは、呼吸をしっかりと行うということだった。呼吸も時間と同じで、自分から先回りしなければ追われ続けることになる。だから、苦しくなる前に先手を打って深い呼吸を繰り返す。これが、レッスンに呑まれないコツだとわかった。

 もちろん、後半のポーズには、私が取れないポーズもいくつかある。例えば、お腹を下にして反り返る弓のポーズである。お腹の下で筋腫がつぶれてしまいそうな気がして、私には怖くて取れないのだ。また、足が重くてなかなか持ち上がらないため、そのあとの肩立ちのポーズもお休みさせていただいた。

 レッスンに呑まれないコツがわかり、私は激しい疲れを感じることもなく、むしろすがすがしい気持ちでシャワーを浴びた。汗をびっちょりかいていたので、私は試しに脱いだTシャツを絞ってみた。すると、雫が垂れて来たのだ。汗をかく量は、今はなき脂肪燃焼コース2のレッスンが一番多いと思い込んでいたのだが、ここ最近、参加し続けている九十分のベーシックコースのレッスンにおいて、私は汗をたっぷりかいている。激しいレッスンに参加しなくても、じっくりじわじわと効いて来る九十分のベーシックコースのレッスンは、今の私にぴったりなのかもしれない。

 私はシャワーを浴びて着替えを済ませたあと、昼食を取り、その足で勤務先へと向かった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m いつもは午前中にレッスンを受けたあと、買い物をしたり、映画を観たりして過ごすのですが、この日はおとなしく仕事に向かいました。私がホットヨガのレッスンを受けてから出勤すると言っておいたので、他の方たちものんびり出勤できたようです。「この忙しい最中に午前中は用があると主張したのはちょっぴり申し訳なかったかな?」とも思ったのですが、私がホットヨガのレッスンに出掛けることにより、他の方たちものんびり出勤することができたならば、申し訳ないどころか、むしろいいことをしたのではないか、などと自負しています。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『ぐるりのこと。』 | トップページ | 三人寄れば文殊の知恵 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/41956112

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(一一一回目):

« 映画『ぐるりのこと。』 | トップページ | 三人寄れば文殊の知恵 »