« 魂の居心地 | トップページ | ゆったり健康診断 »

2008.05.19

創造主

魂の居心地の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 魂のフィット感と言いましょうか。居心地のいい魂に出会うと、「もっともっと話をしたい」という気持ちになるので、すぐにわかります。魂の居心地が良いと、目を見開きながら、相手の言うことに熱心に耳を傾けようとします。相手と話をしていると、自分の中の何かが開いて来る感じなんですね。でも、こういうことに気づかせてくれるのは、実は、魂の居心地が良い人の存在ばかりではありません。魂の居心地が良い人とそうでない人が存在しているからこそ、わかるのだと思います。

 ガンモはこれまでのことを振り返りながら、真剣勝負の課題に対して他に選択肢はなかったのかどうか、じっくりと検証を行ったようだ。私たちが直面している真剣勝負の課題は、最初の段階における選択肢は一つだけだったが、途中でいくつかの選択肢が浮上して来た。そのときに、今回選択したのとは別の選択肢を選ぶことができたかどうかを、ガンモは過去を振り返りながら、検証したのだ。その結果、他の選択肢を選ぶことは不可能だったという確証を得たようだ。

 最近は、その方面に関してまったく知識がなかったとしても、インターネットにアクセスするだけで、多くの情報を得ることができる。ただ、得られる情報が常に信憑性の高いものであるとは限らない。インターネットで入手できる情報は、時として、その道に精通している人たちからすれば異端であることも有り得る。それらの情報の有効性を見極めるには、情報を得る側に、単なる表面的な知識だけではなく、もっと応用の利く知識のベースが必要だ。

 真剣勝負の課題については、かつて私もインターネットで調査し、こうすれば切り抜けらるだろうという情報を得ていた。ガンモはそのことについて口にはしなかったが、ある時点で私と同じ情報を得ていたようだ。しかし、私たちがその方法に辿り着いたのは、既にその情報が適用される時期を過ぎてしまってからのことだった。しかし残念なことに、人生はDVDのようには巻き戻しすることができない。

 また、例えその方法を選択するにしても、その方法は孤独で都会的な選択だった。有益な情報といえども、価値観の違いなどにより、すべての環境の人に当てはまるわけではないということだ。また、その方法を選択するということは、目の前にいる力のある人を信頼せずに、遠方にいるもっと力のありそうな人に頼ろうとする行為でもあった。仮に私たちの調査がその時期に見合っていたとして、その選択肢のメリットとデメリットがはっきりと見えていない状況でその方法を推進して行くためには、選択することによって環境が大きく変わることを考慮した上で、多くの人たちの同意を得ることが必要だった。また、私たちがインターネットで得た情報の中には、提示するときにオブラートに包まなければならない情報もあった。しかし、その方法を提示するには、オブラートに包んでもいられず、どこからどこまで提示すべきかという葛藤もあった。

 とにかく、いろいろな要因が重なって、「現在」がある。その中のどれが欠けても「現在」は形成されなかったかもしれない。つまり私たちは、「現在」を作り上げることに責任を持って関わって来た。だから、創造主であもある私たちは、私たちが創造して来た「現在」に対して反発はできないのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m こうして思い返してみれば、過去に悶々としていた時期があったのを思い出します。もちろん、その中には、私たちが頭の中で考えていただけの葛藤もありました。でも、私たちの中だけに留めず、もっともっと問題提起して、いろいろな人たちを巻き込んでも良かったのかもしれません。何かを選択するときに、ほんの少し未来を垣間見ることができたらいいのにと思いませんか? お店でCDを購入するときは視聴できますよね。CDを購入するという未来に対して、そのCDの中に入っている曲を視聴できるわけです。今回のことを通して、大切な未来の選択も、そんな感じでプレビューできたらいいのにと思いました。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 魂の居心地 | トップページ | ゆったり健康診断 »