« 風呂の日に果たされた約束 | トップページ | 映画館での失態 »

2008.03.27

ホットヨガ(九十八回目)

風呂の日に果たされた約束の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m この時期、鳥取のホテルがどこも満室なのは、何かイベントでもあるのでしょうか。思えば、去年は週末婚で鳥取まで出掛けて行って、ガンモと一緒に鳥取県立図書館で休日を過ごしていたのです。今思い出しても、とても贅沢な時間でありました。

 鳥取への移動のために休暇を取っていたガンモだったが、前日の日帰り出張の疲れを癒すために、鳥取への移動を一日遅らせて、翌朝一番の特急スーパーはくとで移動することにしたのだった。一方、私はと言うと、ホットヨガの脂肪燃焼コース2のレッスンを受けたくて、神戸店にレッスンの予約を入れていた。木曜日の夜は、神戸店で脂肪燃焼コース2のレッスンが行われているのだ。鳥取のホテルが取れるものと思い込んでいたので、週末にホットヨガのレッスンを受けられないなら、ウイークデイにレッスンを受けておきたいと思っていたのである。

 平日のレッスンと言うと、水曜日の定時退社日に参加しているアクティヴコースのレッスンが馴染み深い。しかし、水曜日の夜のレッスンは十九時半から開始されるので、定時退社日といえども、少々慌しい移動になってしまう。それに対し、木曜日の夜に行われる脂肪燃焼コース2のレッスンは二十時半から開始されるので、仕事を持つ身としては比較的参加しやすい。

 仕事を上がる直前に、
「今日はホットヨガのレッスンに行くんだよね」
と派遣仲間に言うと、
「いいなあ」
とうらやましがられた。彼女もホットヨガに興味を持ってはいるものの、神戸市の西方面に住んでいるため、仕事帰りに三宮や神戸に立ち寄る習慣がないと言う。そのため彼女は、
「明石や垂水(たるみ)にスタジオができたらいいのにな」
と言っていた。私は、
「わかった。じゃあ、今日行ったらリクエストしておくよ」
と言って職場をあとにしたのだった。

 スタジオに入り、受付でロッカーの鍵とタオルを受け取った。着替えを済ませてスタジオに入ろうとすると、スタジオはまだ準備中だった。そのスタジオでは直前まで別のレッスンが行われていたため、これからインストラクターがスタジオ内を掃除したあと、ヨガマットを敷き直すのだ。

 今回のレッスンを担当してくださるのは、いつもお話をさせていただいているインストラクターである。私がスタジオの準備が整うまでスタジオの外で待っていると、ようやくスタジオの準備が整ったと、インストラクターが声を掛けてくださった。

 インストラクターは、
「今日は参加される方が少ないんですよ。見栄を張って、二枚ほど余分に(ヨガマットを)敷いておきましたので
と言う。
「えっ? 見栄ですか?」
と私は繰り返した。私の本名が美恵であることは、インストラクターには内緒だ。一体、ヨガマットは何枚敷かれているのだろうと胸を躍らせながらスタジオの扉を開けてみると、何と、ヨガマットの数は全部で六枚だった。そのうち二枚が余分だとすると、今回のレッスンの参加者はわずか四名ということになる。インストラクターは見栄などと言ったが、直前になって急に予約が入ることもあるため、その分を考慮しての二枚追加なのだろう。それにしても、参加者がわずか四名とは、ずいぶん贅沢なレッスンになりそうである。少人数が好きな私はわくわくしていた。

 レッスンの開始時間になると、私を含めた特別に選ばれし四人の参加者が集結した。広々としたスタジオの中に、わずか四名の参加者とインストラクターが一人だけである。しかも、神戸店には大きなスタジオと小さなスタジオと二つあるというのに、今回は大きなスタジオのほうを使っているのだ。隣のヨガマットまで、両手を広げてもまだまだ余裕がある。しかも、いつもは二列に並べられているヨガマットが、今回は一列限りなのだ。

 今回のレッスンでは、私は、お腹に力を入れることを意識しながらレッスンを受けた。以前ご紹介した女神のポーズを取るときに、インストラクターがヒントをくださった。足を外側に開いてお尻を下にストンと落とすには、足の付け根あたりにえくぼができるような状態にすることがポイントらしい。インストラクターに、足にえくぼができる状態と言われ、頭の中ではその状態を思い描くことができたのだが、果たして自分の足にえくぼができているかどうかは自信がなかった。更に、私が毎回、お尻をストンと真下に落とすことができないでいるのは、お腹が斜め上を向いてしまっていることが原因だという結論に達した。女神のポーズでは、お腹をぐっと引き締めた上で正面に向けることで、お尻がストンと真下に降りて来るようだ。

 参加者が四名ということで、インストラクターは私たちの顔をかわるがわる確認しながら、一人一人に語りかけるようなレッスンを展開してくださった。参加者が少ないからこそ実現できることである。

 レッスンを終えたあと、シャワーを浴びて帰り支度を整えていると、さきほどのインストラクターが他のスタッフとともにロッカールームに入って来られた。一日の最終レッスンを終えたので、これからシャワールームの掃除をされるらしい。

 インストラクターには、さきほどのレッスンのお礼を言ったあと、
「人数が少ないほうが、マンツーマンみたいでいいですね」
と感想を述べた。そのあと、インストラクターが改まって何かを話し始めようとしてくださったので、私は彼女の話に耳を傾けた。彼女は何と、二月の終わりにヨガの研修目的で、二週間ほどインドに滞在されたのだと言う。その間、毎日のようにカレーを食べていたが、とてもおいしかったそうだ。時期的にも、雨季を外した今のインドは気候がいいらしい。また、物価も安く、とても過ごし易かったそうだ。インストラクターの話を聞いていると、私もインドに行きたくなってしまった。インドにはいつか行きたいと思いつつも、なかなか実行に移すことができないので、インドグッズを買ってインドに行った気分になっている私である。

 そう言えば、インストラクターからインド旅行の話を聞いたとき、私はなるほど、と思った。というのも、前回のレッスンで、たまたまそのインストラクターと顔を合わせたとき、彼女は私がガネーシャのTシャツを着ているのを見て、
「あっ、ガネーシャだ」
とおっしゃったのである。私はこれまで何度もガネーシャのTシャツを着てレッスンを受けているのに、確か彼女からは、一度も「ガネーシャ」という言葉を聞かなかったはずだ。そのことを思い出して、私はくすくす笑いながら彼女に言った。
「なるほど、インドに行って来られたから、この間、私がガネーシャのTシャツを着ているときに声を掛けてくださったんですね」
それを聞いた彼女も笑っていた。

 彼女はすっかりインドに魅了されてしまったようである。彼女の話を聞きながら、私もインドへの想いを馳せていた。そして、つい先日、『ダージリン急行』という映画観て来たことを彼女に話した。すると彼女は、
「その映画、私も観に行きたいです」
とおっしゃった。次回、彼女と顔を合わせる頃には、『ダージリン急行』の話ができるだろうか。

 まだまだインド旅行の話を聞いていたかったが、シャワールームの掃除にやって来られた彼女をお引止めしてしまうのも何なので、
 「またインドの話を聞かせてくださいね」
と締めくくって、受付にロッカーの鍵を返しに行った。受付で対応してくださったのも、良くお話をさせていただいているインストラクターだった。

 彼女に、
「今回は人数が少なかったですが、いかがでしたか?」
と聞かれたので、
「人数が少ないほうがいいですよ」
と答えた。参加者の数がわずか四名というのは、おそらく私がホットヨガのレッスンに通い始めてから初めてのことだと思う。人数が少ないほうが密な関係を築けるような気がするので、少ないほうがいいと私は答えたのである。

 私は、派遣仲間との約束を果たすべく、
「明石とか垂水で支店を出す予定はありますか?」
と尋ねてみた。すると彼女は、
「そういうリクエストはあるんですけども、今のところ、まだ予定はないんです」
と申し訳なさそうに答えてくださった。やはり、兵庫県の西方面にお住まいの方たちは、わざわざ神戸店や三宮店に出向いていらっしゃるそうだ。ただ、そうした方たちは、勤務先が神戸市内にあるのだそうだ。そのため、平日の仕事帰りに立ち寄ることができるのだろう。私にとっても、映画やホットヨガは、仕事帰りに立ち寄ることができるのが大きな魅力なのである。

卓上カレンダーで見付けたヨガのスフィンクスのポーズ。
脂肪燃焼コース2のレッスンでは、毎回、このポーズを取っている

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 帰宅してから、ガンモにインドに行きたいと言ってみたのは言うまでもありません。ガンモの職場にも、毎年のようにインドに出掛けている人がいます。きっと、インドは人々を継続的に魅惑する場所なんでしょうね。私はインドに行ったら、お弁当箱を買いたいですね。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 風呂の日に果たされた約束 | トップページ | 映画館での失態 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/40671915

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(九十八回目):

» JK大好き [JK大好き]
JK大好き [続きを読む]

受信: 2008.04.07 18:36

« 風呂の日に果たされた約束 | トップページ | 映画館での失態 »