« ホットヨガ(九十一回目) | トップページ | 映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 »

2008.02.22

良く頑張りました

ホットヨガ(九十一回目)の記事にの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 平日の夜のレッスンのあとは、シャワーを浴びたばかりなので、私は自宅でお風呂に入らずに自分のやりたいことを優先させることが多いのですが、この日の夜、ガンモが「俺、別府に行って来るから」と言いました。仕事で急に別府に行くことになったのかと思いきや、何と、別府の温泉の入浴剤で一人でお風呂に入るという意味だったのです。結局ガンモは一人でお風呂に入りましたが、ああ、私もガンモと一緒にお風呂に入りたかったなあと思いました。やっぱり、夫婦別行動は寂しいものですね。

 そろそろ、今月の初めに受験したTOEICの結果が郵送されて来るはずだった。最近、ガンモのほうが私よりも帰宅時間が早いので、私はガンモに、
「もしもTOEICの結果が郵送されて来てたとしても、私よりも先に開封しないでね」
と念を押しておいた。「今日は届いているかな?」と思い、先に帰宅しているガンモに電話で尋ねてみると、「まだ届いていない」という返事が返って来ることが何日か続いた。

 ホットヨガのレッスンを終えたあと、先に帰宅しているガンモに電話を掛けてみると、ガンモが何やら意味深な様子で受け答えしているのがわかった。会話と会話の間に、妙な間が空くのだ。
「もしかして、TOEICの結果が届いてるの?」
とガンモに尋ねてみると、ガンモは、
「届いてるから」
と言う。ついに二百点アップした結果が郵送されて来たのだ。ああ、早く帰宅して結果を見たい。私はガンモに、
「絶対に先に開封しないでよ」
と釘をさしてから電車に飛び乗った。

 ところが、帰宅してみると、ガンモの様子が更におかしいのだ。私の顔を見るなり、ニヤニヤ笑うのである。私は、
「さては開封したなあ?」
とガンモに詰め寄った。するとガンモは、
「良く頑張りました」
などと言うではないか。ガンモはやはり、私の帰宅を待ち切れずに、私よりも先に私のTOEICの結果を開封してしまったのである。私が二百点アップなどと宣言したものだから、自分の最高スコアが私に抜かされてしまうのではないかと気になったのだろう。

 それにしても、ガンモが言った「良く頑張りました」は、どのようにとらえたらいいのだろう。まさか、本当に二百点アップしているのだろうか。そうなると、私はガンモの最高スコアを抜いたことになる。しめしめ。私の心は躍っていた。そして、震える手で、ガンモが既に開封したというTOEICの封筒を開いたのだ。果たして、そこに印字されていた私のスコアは・・・・・・。

 「ええっ?・・・・・・」
そのスコアを見たとき、私は「何故?」と思った。そう、二百点アップにはとても及ばなかったのである。それでも、ガンモが私に「良く頑張りました」と言ってくれたのは、前回よりも五十点アップしていたからだ。まだまだ喜べるような点数ではないものの、私としては、初めてのン百点台に突入したわけである。誤差の範囲内かどうかはわからないが、前回よりもリラックスした気持ちで試験を受けることができたので、リラックスした分の効果だけは現れているようだった。

 しかし、まだまだ自分の思い描くスコアには及ばない。私ははたと閃(ひらめ)き、
「そうだ、ツインソウルの誕生日のスコアを目指すことにしよう!」
と言った。実は、私が今回獲得したスコアは、私にとって、ある縁(ゆかり)のある人の誕生日を意味するスコアだったのだ。そこで私は、自分の周りにいる人たちの誕生日を思い浮かべ、TOEICのスコアとして目標にできそうな誕生日の人がいるかどうかを検討した。その結果、すぐに思い浮かんだのがツインソウルの誕生日だったのである。
「何てったって、ガンモの誕生日のスコアは、もうクリアしてるもんね」
と私は言った。ガンモの誕生日は一月五日である。だから、ガンモの誕生日を目指すとなると、百五点だ。さすがにそれはクリアしているので、もう目指せない。同じ目指すのなら、○○点以上という曖昧な領域に踏み込もうとするのではなく、狙ったスコアそのものを目指してみるのも、英語学習の楽しみが増えるというものだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m やはりTOEICの試験は、受験英語とは違いますね。毎回、結果が郵送されて来る度に、「これが私の本当の実力なの?」と落胆してしまいます。それと同時に、私は実用にもならないことを、時間を掛けて一生懸命覚えて来たのだろうかと残念にも思うのです。もしかすると、受験英語は、日本だけに閉じた英語なのかもしれません。現時点で、ガンモと私の最高スコアとの差はガンモの誕生日と同じ百五点です。私のほうがガンモに負けています。ガンモは仕事で英語を使うことが多いので、実用英語に強いのでしょう。実際に、業務で英語を使っていることでTOEICの点数が伸びているなら、やはり、受験英語はあまり役に立たないということになりますね。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(九十一回目) | トップページ | 映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 »