« ホットヨガ(八十四回目) | トップページ | うどんの国 »

2008.01.05

甘党の矛盾、辛党の矛盾

 ガンモが四十四歳の誕生日を迎えた。午前〇時を回った頃、私はゴソゴソと誕生日プレゼントの包みを取り出して、ガンモに差し出した。果たして、私がガンモに何をプレゼントしたのか。言うまでもなく、チロルチョコレートである。

 本来ならば、ガンモの絶叫に書いたような長方形の板状のチロルチョコレートを探していたのだが、あいにく、売っているお店を探し出すことができなかった。小さい頃はもっと簡単に手に入ったはずの長方形の板状のチロルチョコレートは、今ではほとんど見掛けなくなってしまった。一体どこに雲隠れしてしまったのだろう。そこで私は、正方形の一口タイプのチロルチョコレートを何とか探し出して、いくつかまとめて購入したのである。

 プレゼントの中身がチロルチョコレートだとわかったガンモは、
「俺、糖尿病になっちゃうよ」
などと言いながらも、喜んでいた。おいおい、ガンモがそれを言うのはおかしくないかい?

 以前もここに書いたが、ガンモの父は糖尿病を患っている。数年前に他界してしまった義父の兄も糖尿病を患っていた。だからガンモも糖尿病に患わされないように、普段から糖分の取り過ぎに注意して、コーヒーを飲むときに入れる砂糖を極端に少なくしている。しかしガンモは、それ以前に甘いものが大好きなのだ。私から見ると、ガンモはコーヒーに入れる砂糖を減らしたくらいではとても追いつけないほどの糖分を摂取しているように見える。だから私は、ガンモが買って来たお菓子を取り上げてしまうことがある。少なくとも、私の家系には糖尿病を患っている人はいないので、甘いものを我が家で発見したならば、それらは私の口に運ぶほうが安全だと思ってしまうのだ。ガンモが寝室で発掘したチロルチョコレートを私が食べてしまったのも、そうした背景も手伝ってのことである。

 とは言うものの、実は私は辛党で、甘いものよりも辛いものを好んで食べる傾向がある。オフィスでは、しばしば派遣仲間が甘いお菓子を分けてくれることがあるが、甘いお菓子よりも、辛いお菓子のほうに幸せを感じてしまう。そんな私が、ガンモの発掘したチロルチョコレートをペロリと平らげてしまったことがきっかけで、ガンモが絶叫するほど恐ろしい夢を観てしまったのだから、やはり、ガンモの誕生日にはチロルチョコレートをプレゼントするのがいいだろう。普段ならば、甘いものばかり食べているガンモから甘いお菓子を取り上げている私だtった、年に一度のガンモの誕生日なので、甘いものを食べることに対し、寛大になろうと思ったのである。

 すっかり前置きが長くなってしまったが、これらのことから、ガンモが、
「俺、糖尿病になっちゃうよ」
と言うのは絶対におかしいということだ。もしも糖分の取り過ぎに気を付けたいならば、普段から甘いものを食べるのを控えればいいのだ。

 しかし、そのあと、私が取った行動もわけがわからない。
「俺、糖尿病になっちゃうよ」
というガンモの言葉を受けた私は、
「じゃあ、チロルチョコ、半分ちょうだいね」
と言って、ガンモにプレゼントしたはずのチロルチョコレートを半分もらい、ペロリと食べてしまったのだ。もともと私は辛党のはずなのに。チロルチョコレートの本当の名前はペロリチョコレートなのかもしれない。

 ここに、二つの矛盾がある。一つは、普段から、甘いものばかり好んでいるはずのガンモが、私の買って来たチロルチョコレートを目にするや、
「俺、糖尿病になっちゃうよ」
と言った矛盾。もう一つは、辛党のはずの私が、ガンモが寝室で発掘したチロルチョコレートをぺろりと平らげた挙句、ガンモの誕生日のプレゼントに買って来たはずのチロルチョコレートも半分食べてしまった矛盾である。

 私たちは誰しも、振り子のように、気分によってあっちへ傾いたり、こっちへ傾いたりする矛盾を抱えながら、たくましく生きているということではないだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m またまた更新が遅くなり、申し訳ありません。ガンモの実家より、無事に帰宅しました。そして、とうとう私の年末年始の休暇も終わってしまいました。この冬休み中に、実践すべき項目をリストアップしていたのですが、二十二項目リストアップしていたにもかかわらず、実践できたのはわずか十三項目でした。それでも、半分以上実践できたので、良しとしましょうか。なかなかパワフルに動き回ることはできませんでしたが、本当に次から次へと実践したいことが湧き上がって来て、収拾のつかない状況でもありました。これまで、いかにやりたいことを実践できていなかったということがわかりました。それだけ、普段から余裕のない毎日を送っていたのかもしれません。私は今、人のスピードに合わせて生きるのではなく、自分だけの絶対的なスピードを確立させたいと思っています。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(八十四回目) | トップページ | うどんの国 »