« カレシの部屋に遊びに来たカノジョ | トップページ | ヴィジョン »

2007.10.16

高い高ーい

カレシの部屋に遊びに来たカノジョの記事にたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 「ガンまる日記」で最も表現して行きたい分野の記事でしたので、喜びもひとしおでありました。どうもありがとうございます。m(__)m さて、今回は、鳩の記事であります。

 TKMYとキッコロの間に生まれた雛は、すくすくと順調に育っている。多少の産毛は残っているものの、既にぼたもちの段階は卒業して、立派な毛に生え変わりつつある。ただ、声はまだまだ雛の泣き声そのもので、ベランダからは、ピイピイと餌をねだる泣き声が聞こえている。

 実は、つい先日、父ちゃんと母ちゃんが温めていた卵も二つとも孵化した。ベランダの目につくところに卵の殻が二つ転がっていたので、卵が孵化したことはすぐにわかった。不要になった卵の殻は、ゴミの日に関係なく、すぐに巣の外に放り出してしまうのだから面白い。

 ベランダの掃除のときに、父ちゃん、母ちゃんたちの巣をそっと覗き込んでみると、二羽の黄色い雛たちが身体を寄せ合って震えていた。少し寒いようだ。まだ生まれたばかりなので、ピイピイとは泣かない。三羽の雛がいっぺんに泣き始めたら、たいそうにぎやかなベランダになってしまいそうだ。

 泣き声のことはさておき、我が家のベランダ事情はとても複雑だ。もともとTKMYは、父ちゃん、母ちゃんの間に真冬に生まれた初めての子供である。その子供が、父ちゃんと敵対していたキッコロと結婚して、子供を産んだ。その直後に、父ちゃん、母ちゃんの間にも雛が生まれた。TKMYとキッコロの間に生まれた雛は、父ちゃん、母ちゃんにとっては孫であり、父ちゃん、母ちゃんの間に生まれた二羽の雛は、TKMYにとっては兄弟なのである。実にややこしい。

 ところで、気になっていたTKMYとキッコロの間に生まれた雛の柄(がら)だが、旧母ちゃん、現在の母ちゃんから生まれた雛たちと同様に、母親の柄をほぼ百パーセント引き継いでいるようである。つまり、父親であるキッコロの灰色の柄はほとんど雛には現れない。ただ、背中の辺りがやけに白くて、エンジンを背負っているように見えるので、私たちはその雛にジェットと名付けた。

 ガンモが平日休みのある日のことである。仕事を終えた私が、ガンモに電話を掛けて、
「今日は何をしていたの?」
と尋ねてみると、
「ベランダ掃除のときに、ジェットを持ち上げて、外の景色を見せてやったから」
と言う。ガンモは毎回、ベランダの掃除をするときに、排水溝付近の巣で縮こまっているジェットを両手で持ち上げて、水浸しになってしまわないように、安全な場所に移動させている。掃除を終えて、ジェットを元の場所に戻すときに、ベランダの外の景色をジェットに見せてやったそうだ。最初はジタバタと暴れていたジェットだったが、外の景色を見ると急に大人しくなり、興味津々で外の景色に見入っていたそうだ。きっと、初めて見る外の景色に思いを馳せていたに違いない。

 更に帰宅前してみると、今度は、
「夜景も見せといたから」
とガンモが言った。ガンモは、日がとっぷり暮れたあとも再びベランダに出向き、ジェットに外の景色を見せたと言う。ガンモはそうすることにより、ジェットの巣立ちが少しでも早くなるのではないかと考えたらしい。

 そろそろジェットも飛行練習を始めることだろう。まだ本格的に飛ぶことができない雛は、私たちのベランダの手摺を上手に使いながら、短い飛行を繰り返して来た。雛が飛び立つと、羽を無駄に動かすせいか、バサバサと音がする。そんなおぼつかない飛行練習も、外の世界に興味を示したジェットなら、目標を持って積極的に取り組むことができるに違いない。ジェットには、ジェットという名前の通り、ロケットのように羽ばたいて欲しい。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m まだ飛べないジェットは、一足早く、外の世界を垣間見たことになります。ジェットは、巣の外にはこんな景色があるのかと、じっと見入っていたそうです。ガンモの行為は、人間で言うと、小さい頃、お父さんにしてもらった「高い高ーい」と同じではないでしょうか。自分の身長では見ることのできない世界を、お父さんの「高い高ーい」の行為によって見せられ、まだ見ぬ世界に思いを馳せるようになるのです。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« カレシの部屋に遊びに来たカノジョ | トップページ | ヴィジョン »