« 巫女失格 | トップページ | 映画『誰も知らない』 »

2007.09.01

ホットヨガ(六十六回目)

 2の付かない脂肪燃焼コースのレッスンを受けたいと思いながら、私はホットヨガのホームページを開き、どの支店でレッスンを受けるのが最も都合が良いか、思案していた。ホットヨガは、支店によってレッスンスケジュールが異なっている。脂肪燃焼2のコースを開設しているほとんどの支店では、2の付かない脂肪燃焼コースも開設しているところが多かったのだが、三宮店のように、週末には2の付かない脂肪燃焼コースのレッスンが行われない支店もある。しかも、私の希望としては、できれば午前中から始まるレッスンに参加して、午後からの時間を自由に使いたかった。そこで候補に上がったのが、梅田店だったのである。私は、久しぶりに梅田店のレッスンを予約した。

 ガンモに、
「今度の土曜日は、梅田店でレッスンを受けるから」
と言うと、ガンモは、
「俺も休みだから、一緒に梅田に行こうか?」
と言った。ガンモの言う「一緒に梅田に行こうか?」は、男性会員を受け入れている梅田店で、一緒にホットヨガのレッスンを受けるという意味ではなく、梅田という場所に一緒に行くという意味だった。つまり、レッスンが終わったあとに、梅田でデートしようということである。私は何だかわくわくした。以前も、心斎橋店でレッスンを受けたときに、ガンモと一緒に出掛けて行って、レッスン後に落ち合った。ガンモが近くで待っていると思うと、私はとてもうれしくなるのだ。

 さて、着替えを済ませてスタジオに入った私は驚いた。何故なら、細長いスタジオに、たくさんのヨガマットが敷き詰められていたからだ。脂肪燃焼コースは、間違いなく人気のコースだった。前後の奥行きの少ない、細長いスタジオに、何と二十一枚ものヨガマットが敷き詰められていたのである。

 これまでにも梅田店のレッスンを受けたことは何度かあったものの、今回のような細長いスタジオではなく、別のスタジオでレッスンを受けることが多かった。既にスタジオ入りしている多くの人たちは、ヨガマットの上に仰向けになって休んでいる。私は、この光景が何かに似ていると思った。そうだ、フェリーの二等船室だ。二等船室では、ヨガマットほどの広さのマットの上に布団を敷いて寝る。隣の人との間隔の狭さと言い、仰向けになって寝ている人がいることと言い、フェリーの二等船室の光景にそっくりだった。船に乗ったら、混まないうちに大浴場に向かう私だが、今回は脂肪燃焼コースのレッスンなので、インストラクターが入って来るのを静かに待っていた。

 スタジオに入って来たインストラクターは、以前、アクティヴコースのレッスンを担当してくださった方だった。インストラクターに、
「脂肪燃焼コースのレッスンが、今日、初めての方、いらっしゃいますか?」
と聞かれ、私は手を挙げていいものかどうか、迷っていた。2の付く脂肪燃焼コースなら先日参加したばかりだが、2の付かない脂肪燃焼コースは今回が初めてだ。しかし、普通は2の付かない脂肪燃焼コースから入るのではないだろうか。私が手を挙げるべきかどうか迷っていると、別の方がさっと手を挙げたので、インストラクターはその方のほうを向きながら、脂肪燃焼コースの特徴について語り掛けた。そのとき、インストラクターが何を言ったか、私の心には残らなかった。少なくとも、お腹に意識を向けたレッスンではないことは確かだった。

 これまで梅田店で参加した七十五分のアクティヴコースのレッスンでは、男性会員は二名から、多いときで三名くらいいらっしゃることもあったのだが、今回のレッスンでは、男性会員は一人だけだった。どうやら、カップルで参加されているらしい。確か、以前のレッスンでもお見掛けしたことのある方たちだった。

 2の付かない脂肪燃焼コースのレッスンの内容だが、七十パーセントくらいは七十五分のアクティヴコースの延長にあるポーズだった。私は、太陽崇拝のポーズを期待していたのだが、2の付かない脂肪燃焼コースでは、太陽崇拝のポーズは行わなかった。私は、そのことにがっかりしてしまったのだ。自分なりに取りたいポーズがあったのに、そのポーズが取れないのは、コンサートに出掛けて行って、聞きたい曲を演奏してもらえなかったときのような、とても残念な気持ちになってしまったのである。

 また、インストラクターの導き方にも、少々がっかりしてしまった。ごく稀に、レッスンを受けていると、「この人はカリスマインストラクターだ!」と強く感じてしまうほどの魅力を備えたインストラクターに出会えることがある。そんなときは、インストラクターの魅力にグイグイ惹き付けられて、レッスンが楽しくなっている。三宮店で脂肪燃焼2コースのレッスンを担当してくださったインストラクターは、まさしくカリスマインストラクターだった。カリスマインストラクターがどのようにして誕生するかと言うと、レッスンを受けることに対して受身になっている私たちに対し、最も届き易い方法で語り掛けてくださるからだと思う。そのとき、お互いの開いている場所が見えている。だから、カリスマインストラクターは、私たちの開いている場所に向かって語りかけてくださる。そうすることによって、これまで開いていた場所が更に開く。やがて、開いているその場所は、インストラクターと私たちの接点になる。

 カリスマインストラクターは、私たちにわかり易い方法を提示してくれるだけでなく、時に大きな失敗をして、参加者の笑いを取る。その失敗のおかげで、私たちはインストラクターへの親しみが一層増すことになる。「災い転じて福となす」とは、こういうことを言うのかもしれない。私たちがインストラクターに強く惹き付けられるとき、私たちとインストラクターの間には、いつの間にか、接点を介した双方向のやり取りが成立しているのである。

 ところで、私は最近、髪の毛を伸ばし始めた。まだまだ短いながらも、髪の毛をゴムで一つに束ねている。私よりもずっと長い髪の毛の人は、お団子ヘアにされているため、結び目が頭のてっぺんにあり、レッスン中に仰向けになっても結び目が邪魔にならないようだ。しかし、私はお団子ヘアにはまだまだ長さが足りないので、レッスン中に仰向けになると、束ねた髪の結び目が頭に当たり、何となく心地が悪い。かと言って、髪の毛を解くと邪魔になってしまうので、少し困っている。髪の毛を切りたくなければ、もう少し伸びるまで我慢するしかないのだろう。今、お団子ヘアにされている方たちも、私のように短い時期を踏ん張って来られたはずだから。

 レッスンが終わる頃には、三宮店で受けた脂肪燃焼2コースのレッスンがひどく恋しくなっていた。あのとき、お腹に意識を向けた脂肪燃焼2のレッスンは、私にぴったりだと感じたはずだった。しかし、レッスンを受ける順番として、2の付かない脂肪燃焼コースを飛ばして2に進んでしまうことが、とても気がかりだったのだ。実際に2の付かない脂肪燃焼コースのレッスンを受けてみて、脂肪燃焼2のコースを受けたときほどうれしい気持ちにも、また、新鮮な気持ちにもなれなかったことは事実だった。

 ホットヨガに限らず、私がこれまで経験して来た様々な出来事の中で、「初めて」を経験するタイミングが他の人と異なったときに、お互いにその経験の感想を語り合うことが何度もあった。しかし、私が興奮を覚えるような体験をしているのに、他の人にとってはそれほど重要な経験ではなかったり、また、その逆のパターンのこともあった。同じような経験をしているはずなのに、あまりにも感想が違い過ぎるのは、お互いがもともと持っているものが違っていることに加え、「初めて」を導いてくれる人の力も大きいと私は思う。ホットヨガは、インストラクターによって、見せてくれる世界が大きく異なって来るのだと思った。

 レッスンを終えてシャワーを浴び、着替えを済ませた頃、ガンモから、
「腹、減った」
と電話が掛かって来た。どうやら、私がレッスンを終えるのを待ちくたびれているようである。私たちは合流して、お昼ご飯を一緒に食べた。仕事帰りに待ち合わせて帰宅するのもいいが、ホットヨガ帰りに待ち合わせて食事をするのもいいな、と思った。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 念願の、2の付かない脂肪燃焼コースを体験して来ました。感想は、書かせていただいた通りですが、私が体験して来たことは、ブログの更新にも役に立つことだと思いました。つまり、独りよがりにはならないことを目指して行くという点において、です。(苦笑)そういう意味で、今回のレッスンは、とても勉強になりました。立場の違う人同士が共存するとき、お互いの接点を作らなければ、独りよがりになってしまうんですね。そして、接点を作るということは、「自分はここが開いている」と、まずは相手に示すことだと思いました。そうすると、相手はそこをめがけてやって来てくれるものなのですね。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 巫女失格 | トップページ | 映画『誰も知らない』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/16325999

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(六十六回目):

» ホット ヨガ []
今日も、ホットヨガで一汗掻いてきました^^ もともとは、ヨガにはまってたんですけど、 ホットヨガを知ってからは、ホットヨガの方に はまってます^^ 健康に汗を掻いて、無理なく運動している感じが 大好きです。 激しいスポーツは苦手で、ホットヨガを やってるけど、下手な激しいスポーツより、 カロリー消費してるなって思う!! お客さんも、女の人がほとんどだから、 気を使わなくていいし^^ ホットヨガのおかげで、硬い体も、少し やわらか... [続きを読む]

受信: 2007.09.03 17:15

« 巫女失格 | トップページ | 映画『誰も知らない』 »