« 映画『パッチギ!』 | トップページ | マインドシーカーの成果 »

2007.09.17

ホットヨガ(六十九回目)

 土曜日はガンモの仕事が待機要員の当番に当たっていたのだが、私はホットヨガのレッスンを予約していた。ガンモが家に居るときに一人で出掛けて行くのは、後ろ髪が引かれる思いがして辛いものである。それでもガンモは、
「ホットヨガの予約は好きに入れていいから」
と言ってくれている。私が一人で出掛けて行くことよりも、せっかく購入したホットヨガの回数券を期間内に消費できずに余らせてしまうことのほうが禁止らしい。

 今回も、三宮店で脂肪燃焼コース2のレッスンを受けた。どうやら私は、脂肪燃焼コース2のレッスンにすっかりはまってしまったようである。ありがたいことに、今回のレッスンも、カリスマインストラクターが担当してくださった。毎週のように、カリスマインストラクターのレッスンを受けられるのはとてもうれしい。このうれしい気持ちを、いつかカリスマインストラクターご本人にお伝えしたいものだ。

 レッスンは、ポンプのように小刻みに息を吐き出す呼吸法から始まる。今回の記事では、ポンプのように息を吐き出す呼吸法の正式名称を記載するというお約束だったので、私は意識を集中して、インストラクターの口から放たれた呼吸法の名前を暗記しようとした。カパラ・・・・・・ティ。あれ? 覚えられない。ひとまず、カバラをカバラ占術のカパラと関連付けておいて、そのあと、サイババの聖地プッタパルティをイメージした。受験生の頃、こんなふうに関連付けながら英単語を覚えたっけ。「主(あるじ)ぶらぶら代数学」とか「スコーンと殴って軽蔑」とか。カパラで始まり、ティで終わるなら、あとでインターネットの検索エンジンに情報を与えれば答えを導き出してくれるだろう。そうして調べた呼吸法が、「カパラバティ」である。実際は、プッタパルティとはほど遠かった。カパラバティは、大きく息を吸い込んだあと、ポンプのように小刻みに息を吐き出して行く呼吸法である。梅田店で受けた2の付かない脂肪燃焼コースでは、鼻の穴を片方ずつ塞いで行う呼吸法をカパラバティと呼んでいたように思う。三宮店で行われる脂肪燃焼コース2では、大きく吸った息を十回に分けて小刻みに吐き出しているが、上級レベルになると、ポンプの回数がもっと多くなるらしい。

 カパラバティに続いて、太陽礼拝のポーズに入った。太陽礼拝のポーズは、右足ベースのポーズと左足ベースのポーズを一組にして一セットと数え、合計三セット行う。つまり、片足ベースだけのポーズで言うと、合計六回も同じポーズを取ることになる。そのため、三セットを終える頃には、かなり息切れして汗もたくさんかいている。

 脂肪燃焼コース2のレッスンを受けていると、毎回、たくさんの汗が噴き出して来る。しかも、他のレッスンがじわじわと汗をかいて来るのに対し、脂肪燃焼コース2では、急速に汗をかくのだ。それが何とも気持ちがいい。それだけ、私の身体に合っているということなのかもしれない。

 レッスンを終えてシャワーを浴び、ロッカーの鍵を受付に返しに行くと、
「まるみさん(実際に呼ばれたのは私の苗字)、お顔のあたりがずいぶんほっそりされましたね」
と声を掛けられた。三宮店で私の名前が呼ばれるのは初めてのことだ。声を掛けてくださったのは、七十五分のアクティヴコースのレッスンで何度かお世話になったインストラクターだった。私は、突然のことに驚き、
「ええっ? うれしいです。どうもありがとうございます」
とお礼を言った。しかし、心の中では、何故、彼女が私の名前をご存知なのだろうと、不思議に思っていた。私は神戸店の会員なので、三宮店で自分の名前が呼ばれることなどないと思っていたからだ。

 以前、笑点もどきというショートショートを書いたが、レッスンを受けている間は受付に顔写真付きの会員証を預けているので、受付にいらっしゃるスタッフの方たちは、会員のことをもっと良く知っておこうと、私たち会員の会員証をじっくりとご覧になっているのかもしれない。だから、会員証の写真と比べて顔がほっそりしたことに気が付いてくださったわけだ。もしも会員証の写真が顔ではなく、手だけとか、足だけとか、お腹周りだけだったとしたら、
「手がずいぶんほっそりされましたね」
とか、
「足がずいぶんほっそりされましたね」
とか、
「お腹周りがずいぶんほっそりされましたね」」
と言ってくださることだろう。

 声を掛けてくださったスタッフのすぐ隣に、先ほどレッスンを担当してくださったカリスマインストラクターが立っていた。カリスマインストラクターがそれとなく会話に加わってくださったので、私は、
「土曜日はいつも、脂肪燃焼コース2のレッスンを担当してくださるのですか?」
と尋ねてみた。カリスマインストラクターの答えは、
「そうなんです。最近、脂肪燃焼2は、土曜しか担当してないんですよ。参加してくださる方も、ほとんど毎回、同じ顔ぶれなので、皆さんと一緒にレッスンに参加させていただいているという感じですね」
とおっしゃった。私は、
「いつもレッスンを楽しみにしてるんですよ」
と、これまで心に秘めていた想いを伝えた。それた聞いたカリスマインストラクターは、
「ありがとうございます」
と言ってくださった。

 相手がどんな対象であれ、感動の気持ちを伝えることは、循環を絶たないという意味においても、とても大切なことだと思う。相手から何かを受け取り、感動したことをその相手に伝える。すると、今度はその相手が感動する。そこで生まれた感動が新たな原動力となり、新たな感動を生み出す循環を作り上げる。やがて、循環の流れが大きくなると、自分も循環の中に存在していることを実感できるようになる。感動したことを相手に伝えるだけで、こうした心地良い循環が出来上がるなら、もったいぶらずに、相手に感動を伝えたほうが絶対にいい。

 レッスンを終えてガンモに電話を掛けてみると、
「帰ってこーい」
と言うので、私は映画も観ずに、ガンモの待つ我が家へとまっすぐに帰宅した。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 三宮店で名前を呼ばれたときは驚きました。こうした歩み寄りは、とてもありがたいですね。何か接点を持とうとしてくださっているのがわかります。私もスタッフの方たちのことを知りたいと思うのに、スタッフの方たちは名札を付けているわけではないので、レッスンのときの自己紹介を聞き漏らさないようにするしかないのです。スタッフの方たちが私たちのことを知ろうとしてくださっているならば、私もシステム手帳に「ホットヨガのスタッフリスト」なるページを作って、情報を蓄積して行くことにしましょうか。名前を覚えてもらえるというのは、どんな状況においてもうれしいことですものね。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『パッチギ!』 | トップページ | マインドシーカーの成果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/16499179

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(六十九回目):

« 映画『パッチギ!』 | トップページ | マインドシーカーの成果 »