« 映画『ボルベール<帰郷>』 | トップページ | 湯あたり良好! »

2007.07.02

ホットヨガ(五十六回目)

 確か、先月の定時退社日に神戸店で受けたレッスンで、七月から新しいコースが開設されると聞いていた。一体どんなコースが開設されるのだろうと思いながらホットヨガのホームページで確認してみると、スクイーズクラスという名前のコースらしい。スクイーズとは、絞るという意味だ。雑巾のように身体を絞るコースなのだろうか? ホットヨガのホームページによると、スクイーズクラスは、脂肪燃焼コースがあまりにも激しくてきついという方たちのために、脂肪燃焼コースよりも少し緩めのコースとして開設されたようである。私は脂肪燃焼コースにはまだ一度も参加したことがないのだが、新しく始まったばかりのスクイーズクラスにはとても興味があった。そこで早速、レッスンの予約を入れてみたのである。

 ホームページで確認してみると、スクイーズクラスのレッスンを開設している支店はまだまだ少ないことがわかった。例えば、神戸店では開設されているが、三宮店では開設されていない。私は、自分のホームである神戸店をターゲットに選び、レッスンに臨んだ。

 いつものように着替えを済ませてスタジオに入ってみると、馴染みのインストラクターがヨガマットの上でポーズを取っていた。私が一番最初にレッスンを受けたときに担当してくださったインストラクターである。彼女と軽くあいさつを交わし、私も少しウォーミングアップをしながらレッスンが始まるのを静かに待っていた。

 それぞれのヨガマットの周りには、見慣れない物体が置かれていた。発泡スチロール製の青いブロックである。私は見慣れないその物体に目をやりながら、それぞれのヨガマットの横に一つずつ置かれているので、おそらくレッスンで使うのだろうと推測した。

 七月から始まったばかりの新しいレッスン。一日に参加したので、ほとんどの方たちにとって、初めてのレッスンとなったはずである。スタジオ内を見渡すと、憧れのフリーパス会員のあの方もいらっしゃった。ホットヨガ熟練者の彼女も、これから私と同じスタート地点に立とうとしているのだ。

 スクイーズクラスの特徴は、身体を絞ることにある。これまで取って来たいろいろなポーズが、身体を絞るようにアレンジされているのである。中には動きを追うだけでも目が回ってしまうようなポーズもあり、手の動きをなかなか覚えることができずに右往左往してしまった。また、ブロックを使って行うレッスンもある。これまで取ったことのないポーズに戸惑いながらも、ほとんどの人たちが初めてスクイーズクラスのレッスンを受けるということで、同一直線上に立った。私はその感覚がとても心地良かった。何故なら、みんなが一斉に新入生なので、何とかしてポーズを覚えようとするエネルギーが一つの方向へと向かって行くのを感じたからだ。

 レッスンは六十分だった。いつもは七十五分のアクティヴコースのレッスンを受けているので、六十分が過ぎて行くのはあっという間である。やはり、初めてのポーズを取るということで、インストラクターも説明が長くなってしまったのだろうか。インストラクターは、本来ならばもっとたくさんのポーズを取るプログラムを組んでいらっしゃったようだが、残念ながら、終了の時間となってしまった。スクイーズクラスは、行く行くは、音楽に合わせてリズミカルに身体を動かして行くようなコースになって行くらしい。しかし、私を含めたほとんどの人たちが新しいポーズに戸惑い、流れるようなポーズにはほど遠かった。これから回を重ねるごとに、レッスンに参加している人たちの中でどのような変化が訪れるのか楽しみでもある。

 スクイーズクラスは、九月までの限定コースなのだそうだ。要するに、夏の間に思い切り身体を絞ることを目的として開設されたコースらしい。脂肪燃焼コースがどれくらいきついコースなのかわからないが、スクイーズクラスは戸惑いながら参加できるとても楽しいコースだとわかった。少なくとも私にとっては、どれを取ってもきついポーズではなかった。何と言っても、一緒にレッスンを受けている人たちの一体感が心地いい。

 ホットヨガのレッスンは、最初はビギナーコースから入って行くものだが、スタート地点は人それぞれだ。ビギナーコースのレッスンに参加するのは、入会後三ヶ月から半年くらいなので、同じビギナーコースに参加している人であっても、スタート地点が同じとは限らない。そういう意味で、同じスタート地点に立って参加することができるスクイーズクラスはとても魅力的なのである。スタート地点の違う人同士が集まってレッスンに参加しているのと、全員が同じスタート地点に立ってレッスンに参加しているのとでは、スタジオ内の一体感がまったく違っていた。

 スクイーズクラスは特別レッスンとして平日にもレッスンが開催されているので、おそらく、この次にレッスンに参加したときは、スタート地点にも少しばらつきが出てしまっているのだろう。それを思うと、初めてのスクイーズクラスのレッスンに参加できたことはとても貴重な経験だったと思えるのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ホットヨガでも、いろいろなアレンジポーズが次々に生み出されているようです。先日出掛けた心斎橋店では、ヨガのポーズにクラシックバレエを組み込んだ特別レッスンも開催されるようです。新しいポーズを生み出す人がいるかと思えば、私のように、新しいポーズに飛びつく人がいるわけですね。(笑)夏季限定のスクイーズクラスのレッスンが終了したあとの自分が、更なる刺激を求めてしまいそうで何だか怖いような気がしますが、しばらくの間、スクイーズクラスの一体感を感じてみたいと思っています。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『ボルベール<帰郷>』 | トップページ | 湯あたり良好! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/15642915

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(五十六回目):

« 映画『ボルベール<帰郷>』 | トップページ | 湯あたり良好! »