« プチ湯治のふれあい | トップページ | どっきり健康診断 »

2007.07.06

本線と支線

プチ湯治のふれあいの記事にたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m これからお世話になる病院に問い合わせをしたところ、何と何と、診ていただきたいと思っていた婦人科の医師から直接メールでご回等をいただき、歓喜しています。ホームページに開設されている病院の問い合わせ窓口に問い合わせをすると、それぞれの質問が各担当医に振り分けられているようです。そのほうが、回答が質問者に直接的に伝わって、誤解も少ないのでしょうね。婦人科の医師からの回答はとても簡単なものでしたが、こうしたことが実現できるのは、個人の総合病院だからでしょうか。公立の病院では有り得ないことであります。医師からいただいた回答は、造影剤を使っていないMRIフィルムでもいいので持参してくださいということと、そうした診察は保険の適用内にあるということでした。さてさて、現在の病院とコンタクトを取って、MRIフィルムを入手することから始めなくてはなりません。MRIフィルムを入手するために、現在の病院で九月に予約している診察時期をもう少し早めてもらうかどうか、検討中です。実は、次回の診察を九月に予約しているのは、八月は夏休みがあることと、二十日間あったはずの有給休暇をほぼ使い切ってしまっているので、新しく有給休暇が発生する八月半ば以降しか身動きが取れないという事情も含んでいました。現在お世話になっている病院は公立の病院なので、MRIフィルムのコピーを電話で申し込めるほどの柔軟性はないでしょう。となると、次回、診察に出向いたときにコピーを申し込んで、受け取るために再び出向いて、それから新しい病院に持参することになります。会社勤めをしていると、例え自分の身体のためとは言え、たくさんの休みを申請するのはひどく気が引けるものですよね。

 いつものように天然ラジウム温泉 太山寺 なでしこの湯に入ったあと、ガンモに電話を掛けてみると、ガンモもちょうど仕事を終える頃だという。そこで、ガンモと三宮で待ち合わせをして一緒に帰ろうとしたのだが、三宮に着いてみると、JR神戸線で人身事故が発生し、電車のダイヤがひどく乱れていた。駅のアナウンスによれば、先ほどまでしばらく運転を見合わせていた電車が、ようやく運転を再開したらしい。

 そのことをガンモに知らせるためにメールを送信すると、しばらく経って、ガンモからメールが届いた。
「事件発生! ごめん、先に帰ってて」
一体どうしたのだろう? そう思いながらガンモに電話を掛けてみると、何やら取り込み中の様子で話をすることができなかった。おそらく、急な仕事が入ってしまい、対応に追われているのだろう。私はやって来た快速電車に乗り込み、一人寂しく帰宅することにした。しかし、人身事故の影響により、電車が一部運休したり数十分の遅れが出ているらしく、快速電車は信号待ちのために途中で何度も停車しながらも、何とか自宅の最寄駅に到着した。三宮から最寄駅まではいつも十数分で到着するのだが、四十分くらい掛かってしまったように思う。

 ここのところ、JR神戸線沿線は人身事故が特に多い。およそ一週間に一回のペースで発生していると言っても過言ではないくらいだ。そのほどんどが自殺のようである。

 自殺について、私自身がに書いた大きな出来事を通じて感じたことがある。それは、自殺とは、本線ではなく支線を作るということだ。本線とは、自分に起こった出来事をじっくりと見据えて粘り強く生き続けることである。世の中には、どんなに辛くても生き抜いている人たちがたくさんいる。そういう人たちは、本線を生きている。

 支線を作って、そこで人生を終わりにしてしまう人たちもいる。しかし、支線を作っても、根本的な解決にはならない。何故なら、支線は行き止まりだからだ。自然な終わり方ではなく、無理に終わらせるしかないのである。おそらく、支線を作ることしか方法がないように、世の中は作られてはいない。大切な人が支線を作らないように、手助けをするタイミングを待ち望んでいる人たちがいる。そういう人たちには、手助けをしているという意識がない。その人たちもまた、自分の本線を生き抜いているだけだ。

 先日の神の目のメールが届く直前に、私の中に降りて来た言葉がある。それは、「私たちがどのような行動を取るか、常に見守っている存在がいる」ということだった。誰かが何か問題を起こしたとしても、その人に非があるわけではない。罪を憎んで人を憎まずという言葉もあるが、それとは違う。罪を憎むのではない。自分に起こった出来事として受け入れる、本線を生きるということだ。例えそれが大きな問題であったとしても、起こっている出来事は、単なる出来事に過ぎない。その出来事は、私にも、あなたにも平等に起こり得る。大きな出来事を起こした人は、その出来事を起こす役割を引き受けただけだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m またまた更新が遅くなり、申し訳ありません。次回の記事に書かせていただきますが、京都まで健康診断とホットヨガのレッスンに出掛けていました。そのため、あちこち歩き回ってひどく疲れてしまい、帰宅しても更新できずに寝てしまったわけであります。何故にわざわざ京都まで健康診断に出掛けたのか、その理由は次回のお楽しみに。と言っても、そんなにびっくりするほどの内容ではありません。(苦笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« プチ湯治のふれあい | トップページ | どっきり健康診断 »