« 誤算 | トップページ | こむら返り »

2007.06.14

鈍感力

 通勤電車の中吊り広告で、渡辺淳一さんの新刊『鈍感力』の広告を見掛けた。○○力と言うと、以前、中古カメラ市でお見掛けしたことのある赤瀬川原平さんの『老人力』が記憶に新しい。赤瀬川さんの『老人力』では、老いて物忘れが激しくなったり体力が衰えたりすることを、ネガティヴな感覚でとらえるのではなく、かえって「老人力がつく」とポジティヴにとらえたようだ。渡辺淳一オフィシャルブログによれば、少々のことでへこたれない鈍感さこそが、生きて行く上での大きな原動力になっているそうである。

 映画『愛の流刑地』のレビューにも書いたように、私は渡辺淳一さんの描く男女の愛には共感することができない。しかし、渡辺淳一オフィシャルブログをほんの少し拝見しただけでも、プロの作家としての流れるような文章の綴り方には刺激を受けてしまう。プロの作家の綴る文章は、句読点の打ち方がとても参考になるのだ。

 不思議に思ったのは、私たちが当たり前のように漢字で表記している表現を、渡辺淳一さんは漢字に変換せずに平仮名で表記されていることだ。おそらくそれは、原稿用紙に文章を綴るというプロセスを経て来た人の特徴なのかもしれないと勝手に想像する。

 肝心の『鈍感力』だが、Amazonのレビューを拝見すると、批判のコメントがやけに多い。私はこの本を読んではいないのだが、渡辺淳一『鈍感力』(集英社刊)でほんの少し試し読みさせていただいた。常体と敬体の乱用が多少気にはなるものの、やはり、プロの作家の文章としては刺激を受ける。そう考えて、私はしばらくプロの作家が書いた文章に触れていないことを思い出す。

 『鈍感力』を読まれたAmazonの多くのレビューアーの方たちが力説されているのは、決して『鈍感力』だけが大切ではないということだと思う。渡辺淳一さんは、『鈍感力』をポジティヴにとらえているが、Amazonの多くのレビューアーの方たちは『鈍感力』をネガティヴにとらえている。これは、対立の典型的なパターンだ。

 『鈍感力』をポジティヴにとらえるとすると、私の『鈍感力』はかなり高いほうだと思う。渡辺淳一さんは、渡辺淳一オフィシャルブログの中で母の子に対する愛情を例に挙げられているが、例えば我が家のように家の中が散らかっていても夫婦関係が円満でいられるのは、『鈍感力』が高いからだと思う。また、先日私が体験したばかりの大きな出来事に対してもへこたれずに、希望を持って生きて行けるのも、『鈍感力』が高いからだ。

 もしも友人が何かの出来事に対してひどく落ち込んでいるのを知って励ますとしたら、「気にせずに前を向いて歩いて行け」と言うのではないだろうか。そう考えると、『鈍感力』が高いことは決して目くじらを立てて批判するほどのことではないと思う。反対に、『鈍感力』が低ければ、自殺者はもっともっと増えてしまうだろう。大切なのは、何を吸収し、何を手放すかということなのではないだろうか。言い換えると、人生のどの部分で立ち止まり、どの部分を通過しようとするかということだ。

 もちろん、『鈍感力』だけで生きて行けるわけではない。何かものごとがうまく行かないときは、『鈍感力』も大切だということを思い出して欲しいと、渡辺淳一さんは言いたかったのではないかと私は勝手に想像している。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 更新が遅れて申し訳ありません。m(__)m ここのところ深夜の帰宅が続きながらも、帰宅してから「ガンまる日記」を更新していたのですが、ついに睡魔に負けてしまいました。「ガンまる日記」を更新せずに寝てしまったことも『鈍感力』でしょうか。あまりいっぺんにたくさんのことができない状態にあるとき、『鈍感力』は助けになってくれるような気がします。もちろん、『鈍感力』を盾にしてはいけないとは思います。盾にしているように見えてしまうから、批判的なご意見が多いのかもしれませんね。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 誤算 | トップページ | こむら返り »