« ハイアーセルフ | トップページ | 映画『クィーン』 »

2007.06.07

記憶を塗り替えない

 揺れている。感動したかと思えば、疑ってみたり、また、腹を立ててみたりという状況だ。一日中、心配ごとが心の奥に突っかかっている。この心配ごとは、一気に解決される類のものではない。これまでポジティヴに走り続けて来たというのに、急にネガティヴな感情に襲われて、私自身が中心から離れ、分散してしまいそうになっていた。総合的に見れば目の前の課題をクリアしながら着実に前進しているとは言え、課題をクリアするごとに新たな課題が持ち上がっているという状況だ。今日も課題を一つクリアすることができたが、まだまだ不安定な状況である。さて、あと残る課題は・・・・・・。

 私が突然、ネガティヴな感情に襲われたのは、過去の記憶を現在の記憶で塗り替えてしまったからだ。例えば、親しかったはずの交友関係が壊れてしまうことを想定しよう。かつては親しく交流していたはずなのに、二人の間にひどくネガティヴな出来事が起こったときに、かつて親しく交流していたことなどきれいに忘れ去り、その友人との過去のポジティヴな記憶を現在のネガティヴな記憶で塗り替えてしまうことがある。私は、これをやってはいけないということに気がついた。過去の記憶の上に現在の記憶を上書きするのではなく、過去は過去の記憶として大事にしまっておいて、新しい記憶を別の場所に追加するのだ。それができるかどうか、器の大きさを問われているのかもしれない。

 未来は完全に予測できるものではない。しかし、何か突拍子もないことが起こったときに、それが起きることをどことなく知っていたような気がするのは何故だろうか。本当は、過去に小さなメッセージを受け取っているのに、気付かないふりをしてしまった可能性があるのではないだろうか。 

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今日はいつもよりも短めでごめんなさい。できれば明日は抽象的なモードからは卒業したいと思っています。今、私が体験しているようなことは、最初から起こらないようにすることを願うべきなのか、それとも、起こってからの学びを受け入れることによって、精神的に成長して行くべきなのか、とても迷います。きっと、経験しなければわからないことのほうが多いでしょう。この経験で私は何を学ぶのでしょうか。まだ、はっきりとそれは見えて来ません。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ハイアーセルフ | トップページ | 映画『クィーン』 »