« 二人の悪夢 | トップページ | 心の友よ »

2007.04.26

ホットヨガ(四十三回目)

 ガンモは職場の人たちと飲み会だと言っていた。奇しくも、私の派遣先でも職場全体の飲み会が開催されることになっていた。しかし私たち派遣社員は、プロジェクトの飲み会には参加するものの、職場全体の飲み会にはほとんど参加しない。飲み会の規模が大きくなると、派遣社員という線を引きたがるのだ。だから、職場全体の飲み会が開催されるような日は、正々堂々と早く帰宅できるチャンスととらえているところがある。

 このようなチャンスは、月に一回の定時退社日に値する。そこで私は、神戸店のホットヨガのレッスンを予約しておいたのだ。ここのところずっと、七十五分のアクティヴコースのレッスンを受けていたのだが、木曜日ということで、水曜日の定時退社日に受けているのとは異なるレッスンスケジュールが組まれていた。つまり、木曜日には、仕事を終えたあとに受けられる七十五分のアクティヴコースのレッスンが予定されていなかったのである。私は神戸店のレッスンスケジュールとにらめっこしたあと、九十分のベーシックコースのレッスンを受けることにした。ここのところ、七十五分のアクティヴコースに参加しても、レッスン中にひどく暑くなり、大きな息をしながらヨガマットの上で休んでしまったりと、せっかくのアクティヴコースのレッスンを生かすことができなかった。このあたりでもう一度、ベーシックコースのレッスンに戻ってみて、ヨガの基本をしっかり学び直すのもいいかもしれないと思ったのだ。私は勤務先の売店で酸素プラスを購入し、神戸店へと向かった。

 受付でロッカーの鍵を受け取るとき、うれしいことが起こった。前回のレッスンのときに話をした馴染みのインストラクターが、
「この間、四条(私が絶賛している京都四条通店のこと)に行ったので、まるみさん(実際に呼ばれたのは私の苗字)が褒めてくださったことを、京都四条通店のスタッフに伝えましたよ。そしたら、四条のスタッフがすごく喜んで、これからも頑張りたいと申しておりました」
うわあ・・・・・・。何だろう、この感動は。ものすごくうれしかった。私がずっと心の中で温め続けていたことが、京都四条通店のスタッフに届いたのだ。私の想いを届けてくれた馴染みのインストラクターに、
「どうもありがとうございます! 伝えてくださって、とてもうれしいです」
と、素直に喜びを表現した。このときばかりは私の中でも、神戸店とか京都四条通店とかいう区別はなくなってしまっていた。しかし、その区別を最初になくしたのは、馴染みのインストラクターだ。彼女の存在は偉大である。

 私の想いが届いたことと、京都四条通店のスタッフが喜んでくれたことがとてもうれしかった。この想いは、私自身が伝えることはとても難しい。現実的な話をすれば、神戸店以外の支店では、受付でロッカーの鍵を受け取ったり返したりする程度のコミュニケーションしか実現できていない。そのような短い時間に、
「はじめまして。私はいろいろな支店を回っている神戸店の会員ですが、こちらの京都四条通店のレッスンは、毎回、とても楽しみです。インストラクターの皆さんは、マニュアル通りのレッスンではなく、ヨガを根本から理解され、既にヨガをご自分のものにしていらっしゃいます。ですので、レッスンを受けていても、心に響いて来るものがあります。毎回、感動の連続です」
こんなことを口にできるきっかけはないのだ。想いが届くということがこんなにもうれしいことだったということを、私は改めて実感した。

 着替えを済ませてスタジオに入ると、スタジオ内には二十枚のヨガマットが敷かれていた。神戸店で九十分のベーシックコースのレッスンを受けることが珍しいからだろうか。今回、レッスンを担当してくれたインストラクターは、初めて顔を合わせるインストラクターだったが、とても好感の持てるインストラクターだった。

 神戸店と言えば、いつもアクティヴコースでお会いする憧れのあの方はいらっしゃるのだろうか? 今日は木曜日で、いつも定時退社日にレッスンを受けている水曜日とはスケジュールが異なっているので、お会いできるかどうかわからなかった。しかし、レッスンが始まっても、バスタオルだけ置かれているヨガマットが一つあった。きっとあの方が、ヨガマットをリザーブされているに違いない。私はそう確信していた。私たちがウォーミングアップのストレッチをしていると、入口のドアが開いて、フリーパス会員のあの方が入って来られた。やはり、髪の毛が濡れている。いつ来てもこうしてお会いできるのはうれしいことだ。彼女の勇姿を拝見すると、神戸店でレッスンを受けているのだという実感がひしひしと沸いて来る。とにかく、安心するのだ。

 そう言えば、ウォーミングアップのストレッチをしているときに気がついたことがある。ストレッチをするまで気がつかなかったのだが、私の足はいつの間にかパンパンに膨らんでいた。最近、靴下を履かずに裸足にサンダルを履いたまま冷房の効いたオフィスで仕事をしているせいだろうか。足が発熱するおかげで寒さは感じないものの、感覚とは別に、足のむくみが発生しているようである。これまではこのようなことがなかったので、自分の身体の変化に驚いている。

 九十分のベーシックコースのレッスンは、アクティヴコースのように汗をたくさん掻くこともなく、現在の私の身体にぴったりのレッスンだと実感した。思えば、私はベーシックコースに留まるべきところを、勝手に卒業して、アクティヴコースに進んでしまったのだ。もう少し、ベーシックコースに留まるべきだった。レッスンを受けたときの息の荒さを不等号で表してみると、ビギナーコース < ベーシックコース < アクティヴコースだろうか。アクティヴコースの上には更に脂肪燃焼コースがあり、ホットヨガのレッスンの中でもっとも激しいコースだと言われているが、私はまだ脂肪燃焼コースのレッスンを受けたことがない。

 ベーシックコースは、ビギナーコースの延長線上にあると言ってもいいコースで、レッスン中に取るポーズもビギナーコースで取っていたポーズとかなりかぶっている。アクティヴコースと違って、アレンジされたポーズがが少ないレッスンになっている。ここのところ、アクティヴコースでアレンジされたポーズばかり取っていたので、私は久しぶりに取る基本的なポーズに懐かしささえ感じた。

 レッスンを終えたあとの感触もすこぶるいい。アクティヴコースのように、身体がへとへとになっていない。酸素プラスを飲んだからだろうか、それとも、ベーシックコースのレッスンが私の身体に優しかったからだろうか。レッスンが終わっても頭が痛くならなかった。もしかすると、アクティヴコースのレッスンを受けたあとに頭が痛くなってしまうのは、身体が悲鳴をあげているのかもしれない。私はまだアクティヴコースのレッスンを受ける段階ではなく、ベーシックコースのレッスンに留まったほうがいいのかもしれない。私が勝手にアクティヴコースに進んだのは、九十分よりもやや短い七十五分という時間で、ホットヨガの効果を挙げたかったからだ。いつもあちらこちらを走り回っている私だから、ほんのちょっと時間を早回しさせたかったのだ。しかし、今回、ベーシックコースのレッスンを受けてみて、実際は身体がついて行っていなかったことを実感させられた。

 レッスンを終えたあと、自宅の最寄駅からガンモに電話を掛けてみた。二十二時半くらいだったが、まだ宴会まっさかりだろうと思い、レッスンを終えても電話を掛けなかったのだ。ガンモはすぐに電話に出て、私が声を出すよりも先に、
「えらいこっちゃ、鍵をなくした」
と言った。

 驚いたことに、ガンモは職場の飲み会にも行かず、まだ仕事をしていた。ガンモには、ちょっとした事件が起こっていたのだが、長くなってしまうので、この続きは後日書かせていただくことにしよう。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ここのところ、「届く」というテーマで流れているように思います。京都四条通店のスタッフの方たちに、私の想いが伝わったことは、大きな喜びでした。想いが通じると、何故、こんなにうれしいのでしょう。素直な想いだからでしょうか。ポジティヴな想いだからでしょうか。私の想いを受け取った相手が喜んでくれたからでしょうか。何もかもひっくるめて、とにかくうれしかったのです。本文の中にも書きましたが、私が直接伝えるとしたら、受付であのようなことを口にすることになるのでしょう。FAXや電子メールという方法もあるのかもしれませんが、わざわざかしこまって伝えるというのも、何だか気が引けてしまいます。今回のように、馴染みのインストラクターを通じて伝わって良かったと思いました。それが、もっとも自然な形の伝わり方だったと思っています。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 二人の悪夢 | トップページ | 心の友よ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18521/14864840

この記事へのトラックバック一覧です: ホットヨガ(四十三回目):

» 菊地凛子 「バベル」 [菊地凛子 「バベル」]
映画 バベル, バベルの塔, バベル 試写会, バベル あらすじ菊地凛子 画像, 菊地凛子 バベル, 菊地凛子 ヘア, 菊地凛子 wiki [続きを読む]

受信: 2007.04.28 00:00

» エステに行かずに自宅で足やせ! [オープントゥが似合う美脚になろう!足やせ]
はじめまして、とっても簡単な足やせ情報を見つけちゃいました!食事制限も運動もいらないなんてすごい! [続きを読む]

受信: 2007.04.28 01:53

» ホットヨガ [初心者のホットなヨガ・ピラティス・指ヨガ]
初めまして。突然のTB失礼致します。ホットヨガに関する記事をアップしたので、宜しくお願い申し上げます! [続きを読む]

受信: 2007.05.01 20:29

» ウェアは上手に探す【ホットヨガな生活】 [ホットヨガな生活]
ホットヨガのウェアには、けっこう露出過多なもの、体にピッタリしたものもありますが、伸縮性・通気性に優れていることや体を支える手が滑りにくいこと、自分のボディラインの変化に気づきやすいことなどから、やっぱり専用のヨガウェアがいいと思います。安...... [続きを読む]

受信: 2007.05.05 20:37

« 二人の悪夢 | トップページ | 心の友よ »