« 社会的な交流 | トップページ | 映画『アルゼンチンババア』 »

2007.04.07

ホットヨガ(三十九回目)

 仕事も忙しい上に、週末はずっと旅行続きだったため、しばらくホットヨガのレッスンに通えない状態が続いていた。最後にレッスンを受けたのは、ガンモの鳥取出張よりも前のことである。私の身体は、「ホットヨガに行きたい!」と叫んでいた。こうして週末になり、ようやくレッスンに足を運べる状況になった。ガンモは仕事の待機要員の当番だったため、どこにも出掛けることができず、自宅で過ごすことになっていた。こんな日は私も出掛けないで自宅でのんびり過ごしたいものだが、六ヶ月と期限の定められたホットヨガの回数券を余らせるわけにはいかないし、映画の前売券も購入しているので、上映期間中に観ておきたかった。そこで、その映画を上映している大阪方面のスタジオに出掛けることにしたのである。

 今回、私がレッスンを受けたのは心斎橋店である。前回、心斎橋店に足を運んだときは、ガンモと一緒に大阪まで出て、ガンモが別の用事を済ませている間に私が心斎橋店でレッスンを受けて、あとからガンモと合流したのだった。そのときも雨が降っていたが、今回もあいにくの雨である。暖かくなったので、レッスンのあとに清水湯に寄るつもりでタオルと下着を余分に持って出掛けた。

 いつものように、七十五分のアクティヴコースのレッスンを受けたのだが、久しぶりだったせいか、スタジオが暑くて暑くてたまらなかった。心斎橋店のスタジオが、他の支店のスタジオよりも暑くなっていたのか、それとも、久しぶりにレッスンを受けたせいかどうかはわからない。いつもはそれほど暑いと感じなかったスタジオがひどく暑く感じられ、そのために激しい疲労感に襲われてしまったのである。ひどく暑いために、休憩のポーズのときでさえも、私は身体を休ませることができずに大きな息を繰り返していた。レッスンの途中にスタジオの外に出て休もうかと思ったほどだ。しかし、これまで一度もそのようなことをしたことがなかったので、暑くても一生懸命踏ん張った。

 思えば三週間ぶりのレッスンになるのだ。その間に、私の身体は少しずつ退化を始めていたのかもしれない。だから、ポーズのきついアクティヴコースではなく、もう少し緩いビギナーコースかベーシックコースを受けるべきだったのだ。

 何とかレッスンが終わり、大きな息をしながらシャワーを浴びて着替えを済ませた。受付にロッカーの鍵を返しに行くと、ホットヨガのポーズが掲載された本が売られているのを見つけた。
「この本にはホットヨガのポーズが載っているんですか?」
と受付の人に尋ねてみると、そうだと言う。これはありがたい。毎回、インストラクターが、そのポーズが何に効くかを口頭で伝えてはくださるのだが、レッスン中にメモを取ることもできないので、ポーズは身体で覚えても、何に効くポーズなのか、なかなか覚えることができなかったのだ。そのため、教本のようなものがあればありがたいと思っていたのである。もちろん、ヨガの本はいくらでも出回っているのだが、できればホットヨガでいつも取っているポーズを集めた本が欲しいと思っていた。

HOT YOGA 季刊プリンツ21 2005 12月号別冊

ホットヨガのポーズも掲載されている

 この本は、「HOT YOGA 季刊プリンツ21 2005 12月号別冊」というタイトルの本で、価格は九百八十円だった。ホットヨガで取っている主なポーズ、それぞれのポーズが何に効くか、ホットヨガに適した水、ホットヨガに適したウェア、Q&A、オフィスや自宅でできるポーズ、自宅でホットヨガを実現する方法などについて掲載されている。二〇〇五年に発行された本のようなので、ホットヨガのスタジオで販売するために増刷されたのかもしれない。ありがたいことに、この本を購入すると、ホットヨガの布製バッグに本を入れてくださった。

ホットヨガの布製バッグ

 ホットヨガのポーズが掲載された本を購入することができてとてもうれしかったのだが、スタジオを出てからも、激しい疲労感は続いた。ただ、レッスン開始前に、近くの薬局で酸素プラスだけは購入しておいたので、酸素不足の状況だけは回避できた。あまりにも疲労が激しかったため、清水湯に入ることは断念してしまった。しかし、映画を観て帰らなければ、前売券を無駄にしてしまうと思い、何とか重い足をひきずりながら、梅田まで戻り、映画を観て帰宅した。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 久しぶりのホットヨガは、とにかく疲れ切ってしまいました。以前、レッスンの途中に目の前でバタンと倒れる人を見ているので、私のように踏ん張るのはあまり良くないことだったかもしれません。確か、九十分のアクティヴコースのレッスンを受けたときも激しい疲労感を感じましたが、七十五分のアクティヴコースでここまで疲労困憊してしまうとは、ちょっと情けないような気もしています。やはり、「継続は力なり」なのでしょう。ご紹介した本は、Amazonや雑誌のバックナンバーを扱っているサイトにアクセスしてみたのですが、見当たりませんでした。ただ、ホットヨガのスタジオでは売られているようです。帰宅してからも疲労感が続いたため、週末に書くとお約束している掲示板のコメントがまだ書けていません。何とか日曜日中に書かせていただこうと思っています。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 社会的な交流 | トップページ | 映画『アルゼンチンババア』 »