« 続・弱肉強食 | トップページ | 百円グッズを駆使したオフィスの冷房対策 »

2007.04.04

事前調査

 私たちは、早くも夏休みの旅行の計画を立て始めている。今年の夏休みは、どういうわけかイギリスに出掛けて行くことになっている。手当たり次第に海外旅行のパンフレットを見ているうちに、強く惹き付けられたのだ。イギリスは、私も子供の頃から強く惹かれていた国だ。しかし、シャーロック・ホームズよりもアルセーヌ・ルパンを応援するようになってからは、好きな国もイギリスからフランスへと移行して行った。モーリス・ルブラン原作のアルセーヌ・ルパンシリーズに描かれていたフランスへの愛国心が私にも浸透したのだと思う。

 しかし、大人になってから訪れたパリは、ローマに続いて治安の悪いところだった。一方、イギリスでは、その国民性にプライドの高さを感じた。私の中には、ステッキと傘と曇り空とFish & Chipsが印象深く残っている。そして、私を大変なミルクティー好きにさせたのは、イギリスを訪問したおかげだと思う。最近わかったことだが、鉄道発祥の地であるイギリスでは、あちらこちらで古い列車が温存され、観光列車として運行されているという。そのイギリスをガンモと一緒に再び訪問しようとしている。せっかくイギリスに行くのだから、ロンドンだけでなく、鉄道に乗って、いろいろなところへ足を伸ばしたい。

 それにしても、去年、結婚十周年で出掛けた先がハワイだったというのに、今年はハワイよりも遠い国を選ぶことになろうとは。いずれにせよ、まずは価格調査からだ。

 ガンモは旅行会社のパンフレットを次から次へと持ち帰り、お手頃価格のツアーを物色していたようだ。先日、私がネットで見つけた格安のツアーを主催している旅行会社のサイトのアドレスをガンモにメールで伝えると、ガンモはそのサイトを一生懸命見入っていたようである。そして、格安のツアーで宿泊先として指定されているホテルの情報を念入りに集め始めた。

 ハワイや北京でもそうしたように、私は旅先でも「ガンまる日記」を更新して行きたいと思っているため、宿泊先のホテルにインターネットの接続サービスがあるかどうかはホテル選びの重要なポイントになる。格安ツアーで指定されているホテルの名前を検索エンジンのキーワードとして入力したガンモは、海外のYahoo! トラベルの評価ページに辿り着いたようである。残念ながら、そのホテルにはインターネットの接続サービスはなかったのだが、実際に宿泊された方たちの評価のコメントが面白くて、一心不乱に読みふけった。

 それらの評価はすべて英語で書き込まれていたのだが、ガンモが読み上げて私に聞かせてくれた。その内容が何ともおかしいのだ。六階に数泊したが、滞在中、一度もエレベータが動かなかったとか、モーニングコールの機能がうまく働かず、乗るべき列車に乗り遅れてしまい、やむなく延泊することになったが、延泊料金を返金して欲しいと頼んでも受諾されなかったとか、部屋の出窓が閉まらずにいつも開きっぱなしでガタガタと音を立てていて怖かったとか、シャワールームは乾くことなくいつも濡れていたとか、あまり快適に過ごせたというコメントが書かれていない。その後、ホテルのホームページに辿り着いたのだが、そこに書かれていたことを見て、またしても笑ってしまった。というのも、FACILITY(施設)としてエレベータが挙げられていたからである。通常、FACILITYとして挙げるのは、コインランドリーや自動販売機などのホテルに備え付けの設備である。いまどき、どんなホテルだって、エレベータくらいはあるだろう。それを、いかにも施設として胸を張って、エレベータを掲載しているのは、ホテルとしていかがなものだろうか。安いツアーには安いなりの理由があったというわけだ。

 私は、
「ここに泊まる?」
とガンモに聞いてみた。当然、ガンモは、
「いやだ!」
と答えた。海外のYahoo! トラベルに掲載されていた評価のコメントには、上記のように刺激的なコメントが書かれていてもなお、今度旅行するときもまた泊まりたいと締めくくっている人もいたのだ。何故なら、そのホテルは観光に便利でかつわかり易い場所に位置しているらしく、価格も安いので、多少のことは目を瞑っても利用したということなのだろう。

 私がいつも熱心に読んでいるブログを書いている人が、最近、映画を観に行く前に、既にその映画を観た人たちがどのような感想を抱いたかを事前調査するようになったとブログに書いていた。それは、私も同じだ。しかし、そのような事前調査をしてしまうと、思いがけない映画に巡り合うこともできないとも書かれてあった。事前調査をすることは、決められた枠の中でしか行動できない自分を作り出しているということである。確かにその通りである。それは、占いでちょっとした未来を垣間見て行動するのと似ているのかもしれない。もしも占いが当たり続けるのだとしたら、自分が選びたい未来だけを選んで行くことになる。その未来は安全かもしれないが、冒険心のようなものは生まれない。果たしてそれは、本当に面白い人生と言えるのだろうか。

 かと言って、これだけの評価を見て、このツアーを申し込んでみる勇気もない。海外で過ごすには、あまりにもワイルドなホテルだ。まあ、焦らなくとも、夏休みまでまだ四ヶ月もある。どんなツアーを申し込むか、ガンモと二人でじっくり考えることにしよう。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 事前調査は、ポジティヴに転ぶときもあれば、ネガティヴに転ぶときもあるように思います。例えば、映画の話だと、他の人が絶賛している映画に対しては、「面白いはずだ」という構えがあり、最初から感情を高ぶらせて観てしまうので、観終わったあと、返ってがっかりしてしまうことも少なくありません。逆に、批判されているような映画を観て、「意外に面白いんじゃないの?」と見直すことのほうが多いかもしれません。何事も、事前調査の結果を鵜呑みにするのではなく、自分の経験で判断する姿勢が大切なのかもしれません。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 続・弱肉強食 | トップページ | 百円グッズを駆使したオフィスの冷房対策 »