« 映画『蟲師』 | トップページ | やっぱりウチがいい »

2007.03.27

酸素不足

 次第に暖かくなり、オフィスにも冷房が入るようになって来た。まだ三月の終わりだというのに、冷房には早過ぎるのではないかと思われる方も多いことだろう。私もそう思う。しかし、私の勤務しているオフィスは、毎年早いのだ。去年、さんざん悩まされたオフィスの空調との戦いが、今年もまた始まろうとしている。

 空調の件でお世話になったビル管理の方と顔を合わせたとき、
「これから暖かくなるので、また寒い風が出て来ますよ。フロア内に暖かい席があるのなら、暖かい席と変わってもらえばいいのに」
と声を掛けてくださった。私は、
「確かに冷たい風がもう出て来てますねえ。席は、去年、暖かいところに変わっていただいたんですよ」
と報告した。どうやら私の冷房嫌いはビル管理の方をも巻き込み、有名な話になっているようである。

 それはさておき、私はときどき頭痛に悩まされることがある。頭痛はたいてい、首のあたりの不快感から始まる。首のあたりが凝り固まっているのを感じると、じわじわと頭痛が襲って来るのである。時には激しく嘔吐することもあり、私は頭痛の症状が出始めると、首の後ろにカイロを当てて、首を温めて対処している。すると、カイロの熱で血行が良くなり、次第に症状が緩和されて来るのである。

 ネットで調べてみると、首のあたりの血行が悪くなると、脳に酸素が足りなくなってしまうために頭痛が起こるらしい。「筋緊張型頭痛」などという名前が付けられている。なるほどなるほど。もしかすると、ホットヨガのあとに酸素プラスを飲まないでいると頭が痛くなってしまうのも、これと同じような原理なのかもしれない。激しい運動をして、脳に酸素が足りなくなってしまうために頭痛が起こり、酸素がたっぷり溶け込んだ水、酸素プラスを飲むと収まるというわけだ。

 実はこの酸素プラス、同じ職場の派遣仲間の男性が、毎日のようにオフィスのデスクで飲んでいるのを発見した。私はいつも、ホットヨガに行くときに酸素プラスをあちらこちらの薬局で探し回っているので、彼が一体どこでそれを買っているのだろうと興味津々だった。職場の最寄駅にあるコンビニで売られているならラッキーだ。いや、駅前のコンビニなら、私もしばしば利用しているが、酸素プラスが売られているのは見たことがない。もしかすると、彼自身の地元の最寄駅で買って持って来ているのだろうか。いやいや、男性は面倒臭がりなので、そのようなことはしないだろう。あれこれ思考を巡らせながら、私は思い切って彼にその酸素プラスはどこで売っているのかと尋ねてみた。すると彼は、まるで当然のように、
「下の売店にありますよ」
と答えるではないか。私は驚いた。いつも探し回っていたはずの酸素プラスが、勤務先の売店で売られていたとは・・・・・・。灯台下暗しとはこのことか。

 あるとき私は仕事中に頭が痛くなってしまった。朝、起きたときからあまり調子が良くなかったので、首の後ろにカイロを当てて出勤したのだが、オフィスの冷房に当たると更に調子が悪くなった。そこで、休み時間に売店に下りて行き、酸素プラスを探した。ショーケースに目をやると、一目でわかった。あった、あった。確かにあった。しかも、いつも購入しているマツモトキヨシよりも安い価格で。うぬぼれかもしれないが、まるで私のために勤務先の売店に現れてくれたかのようだ。

 私は酸素プラスを買って、酸素を補給してみた。すると、確かに頭痛が和らいで来るのがわかった。なるほど、こういう原理だったのか。冷房が効いていると、部屋が乾燥した状態になり、酸素不足の状態に陥りやすいそうだ。酸素プラスを飲むと、身体が酸素を著しく欲しているのがわかる。何故なら、喉も渇いていないのに、身体がどんどん欲しがるからだ。普通の水ならば、喉も渇いていないのに飲み続けることはできない。私は、あっという間に飲み干してしまったので、夕方の休み時間に売店までもう一本買いに走った。

 酸素プラスのおかげですっかり調子が良くなった私だが、水分が私の身体に抵抗なくタルタル入って行くので、次第に身体がちゃぷちゃぷして来る。しかも、仕事中はほとんど座りっぱなしなので、何となく足が重い。水分を多く取るので、必然的にトイレも近くなってしまう。身体中の水分が失われているホットヨガのあとに酸素プラスを飲むのは確かに効果的ではあるのだが、いくら身体が酸素不足に陥っているとはいえ、喉も渇いていないのに、酸素がたくさん溶け込んだ水を飲んで人工的に酸素を補うのはいかがなものか。これでは根本解決にはなっていないのではないか。本来ならば、首の後ろの血行が良くなるように、身体の調子を整えて行くことが大切なのではないだろうか。また、酸素プラスを飲むことで容易に酸素が補われてしまうとなると、身体は酸素を運ぶことをどんどんサボってしまうのではないだろうか。酸素プラスが身近になったおかげで、そんなことまで考えてしまった。

 おそらくだが、私の首周りの血行不良は、普段の姿勢の悪さから来ているのだろう。身体の歪(ひずみ)が姿勢を悪くし、ホルモンバランスも一緒に崩しているのではないか。どうやら、酸素不足という一つの現象は、様々な要因と密接な関係にあるようである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 酸素を補って調子が良くなるということは、身体の中に酸素が足りなくなっていたからなのですね。更には、何故、酸素が足りなくなっているのか。もっと突き詰めて行くと、そこにも根本原因があるのでしょう。酸素プラスが身近になったことで、そうした現象を突き詰めて考えるきっかけになりました。首周りの血行を良くするために、ひとまず首をグルグル回しています。そのもっと根本原因へは、少しずつ進んで行けたらと思っています。もしも私と同じような症状を抱えている方がいらっしゃいましたら、ご参考になれば幸いです。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 映画『蟲師』 | トップページ | やっぱりウチがいい »