« 運命のネジ(後編) | トップページ | 四天王寺大師会と極楽湯 »

2007.03.20

ガンモの鳥取出張とホットヨガ(三十八回目)

 翌朝から鳥取で仕事が入っているため、ガンモは出張に出掛けて行った。私はガンモに、
「ガンモ、出張行くの? 出張行くの?」
と何度も尋ねた。週末婚で会えることになっているものの、毎日一緒にいる人が不在になってしまうのは、ひどく寂しいものである。私は、
「ガンモがいないからグレてやるぅ」
と言った。ガンモが出張に行くときはいつもこんな感じだ。しかし、私がグレると言っても、仕事帰りにレイトショーを観て帰るくらいのものだ。そのことを知っているガンモは、
「まるみはいつもグレてるから」
などと言った。なるほど、ホットヨガに行ってグレることもあれば、レイトショーを観てグレることもある。なあんだ、ガンモが出張に行かなくても、確かに私はグレていた。

 ガンモは、私が仕事に出掛けて行ったあとに出張の準備を整えて出発し、青春18きっぷで八時間も掛けて鳥取入りしたようである。途中、何度も乗り換えのための待ち合わせ時間があり、「今、○○にいる」とメールが届いていた。

 ホテルに着いたガンモは、週末に私が来ることをホテルの人に伝えてくれたらしい。ホテルの人は、快く承知してくださったそうだ。ありがたいことに、ガンモは部屋を変わることなく、私の滞在分として、わずかな追加料金を支払うだけで良いそうだ。特殊なケースでも、申し出てみるものである。

 さて、これだけでは短いので、日曜日に出掛けたホットヨガの様子をお伝えしておこう。レッスンは、久しぶりに三宮店で受けた。やはり、七十五分のアクティヴコースのレッスンを受けたのだが、以前、同じレッスンを三宮店で受けていた頃にときどき顔を合わせていた人たちの姿が見えなかった。あれから何ヶ月も経っているし、その方たちは別のコースに進まれたのかもしれない。ポーカーフェースの女性にお会いしたかったのに。

 インストラクターは、以前、ハートのチャクラという言葉を使って私を泣かせてしまった、お気に入りのインストラクターだった。彼女のレッスンを受けるのは、これで二回目だろうか。私は、
「あなたのレッスンを受けたかったのよ」
と心の中で思っていた。今回も彼女は、レッスン開始前に合掌したときに、
「ハートのチャクラにプラスとマイナスのエネルギーを集めてください」
と言った。うわあ、この人、やっぱりただものではないと私は思った。

 彼女のレッスンが楽しいのは、アクティヴコースというちょっと息切れしそうなレッスンで、インストラクターである彼女自身が息切れしているからだ。息切れしている彼女を見ていると、彼女も私と同じ人間なのだという親近感が沸いて来るのである。しかし、そういう私も、実はそろそろ七十五分のアクティヴコースには慣れて来て、以前ほど息切れしなくなっていた。さすがに、南森町店で九十分のアクティヴコースのレッスンを受けたときはかなり息切れしたのだが、七十五分のレッスンであれば、私の身体にはちょうどいいレッスンになっていた。

 心地良いレッスンを終えて、メイク台の前で髪の毛を乾かしていると、次のレッスンを受けるためにやって来た人が着替えているのが鏡に映って見えた。な、何と、レッスン着に着替えるのに、下着(パンティー)まで脱いでいる人がいる。ど、どういうことだ? と思いながら、気になってチラチラ見ていると、その人は、下着を付けずにピチピチのレオタードを履いていた。下着不要のレオタードだったのかもしれない。身体の線がくっきりと映し出されるレオタードを身に付けられるのは、ボディラインに自信のある証拠だ。うらやましい。

 その後、トイレに並んでいると、その女性がトイレから出て来て私と目が合った。その女性は、私に向かってにっこり微笑んでくれた。その笑みは、
「トイレ、空きましたからどうぞ」
という意味だった。まるでモデルさんのような洗練された笑みだった。このような人がレッスンに参加されているとは、三宮店に来る楽しみも増えるというものである。

 久しぶりに三宮店でレッスンを受けて思ったことがある。それは、私のように神戸店や三宮店を行き来している人は少ないのかもしれないということだった。私は、通勤定期を購入するときに、神戸の少し先の駅まで購入している。私の通勤経路からすれば、最寄駅から三ノ宮駅までの通勤定期で十分なのだが、神戸駅の先の駅まで延長して通勤定期を購入しても同じ金額なのだ。そのため、私はその区間を自由に行き来できる立場にある。しかし、通常は、例えば地下鉄沿線に住んでいる人など、三宮に出て行くのに都合のいい人たちが三宮店を利用しているのだろう。そういう人たちは、わざわざ電車を乗り換えてまで神戸店に足を運んだりはしないのではないか。三宮と神戸はJRでわずか二駅でも、私のように普段からJRを利用し、自由に行き来できる立場になければ、なかなかあっちへ行ったりこっちへ行ったりはできないのではないだろうか。逆に、私がもしも通勤定期を持たなくなったとしたら、ホットヨガに通うのも億劫になるのではないだろうか。そう思うと、私にとっては仕事も何もかもセットになって、互いに連鎖し合いながら私の周りに存在しているとしか思えなかった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ガンモが出張に出掛けた日、私がどのようにグレたかと言いますと、やはり映画を観て帰りました。観た映画は『ナイトミュージアム』です。映画のレビューは書きませんが、アメリカ映画らしい、面白い映画でした。とても楽しめる映画ですので、どの映画を観ようか迷っている方がいらっしゃいましたら、お勧めします。実は、『ナイトミュージアム』以外にも、最近、『デジャヴ』と『ステップ・アップ』を観ましたが、どちらも詳細な感想は述べられません。(笑)『ナイトミュージアム』は、『パフューム ある人殺しの物語』 にはかないませんけど。(笑)あの映画はダントツです。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 運命のネジ(後編) | トップページ | 四天王寺大師会と極楽湯 »