« スタンドアローン | トップページ | 敦賀へ »

2007.01.05

年を重ねて丸くなる

 実家に帰るといつも昼頃まで寝ているガンモが、朝六時頃から起き出して、
「腹減った」
と言った。元旦のお昼過ぎに仕事納めをしたガンモは、昼と夜をまだ完全に逆転させていないらしかった。夜になっても、なかなか眠れないのだと言う。そのため、ガンモの実家に帰省していたときも、私の実家に向かう直前まで、ガンモは布団の中でうとうと眠っていた。

 母が起きていたので、食事の支度をしてもらい、いつもよりもかなり早い朝食を取った。案の定、食事のあとは強烈な眠気に襲われてしまい、私たちは揃ってひと眠りした。しかし、十四時過ぎのフェリーで大阪方面に向けて出発することになっていたので、ひと眠りしたあとはゴソゴソと起き出して、出発の準備を整えたのである。

 結婚するまでは、私の年末年始の休暇が長かった上に、一つの実家に帰るだけで良かったので、私が実家に滞在する期間もそれなりに長かった。しかし、ガンモと結婚してからは、ガンモの仕事の都合により、年末年始に帰省することができたとしても、このように駆け足の滞在となってしまっていた。滞在期間が短いため、結婚してからは、地元の友人たちとほとんど会っていない。そうは言っても、私にとってはガンモと一緒にいることが喜びなので、ガンモを自宅に残し、私だけが帰省するようなことはできる限り避けたかった。

 フェリーに乗る時間が刻一刻と差し迫ってはいたものの、どうしても寄っておきたい親戚の家があった。一年前に亡くなった伯父(と言っても、血の繋がりがあるのは伯母のほう)の仏壇の前で手を合わせておきたかったのだ。

 伯父は一代で会社を築き、父もそこで働いていた。私が小さい頃、私たち家族は伯父の敷地内に土地を分けてもらって建てた家に住んでいた。私は、小さい頃から伯父や伯母がすぐ側にいる環境で育ったのだ。国道沿いに建っていたその家は、しばしばハンドルを切り損ねた車が突っ込んで来た。目の前で起こった交通事故を目撃したこともある。そのときは、私の住んでいた家ではなく、向かいのガソリンスタンドに車が突っ込み、運転していた人が亡くなった。今になって思えば、私の家があった辺りは、何かの通り道だったのかもしれない。私の家に車が突っ込んで来たときに、事故を起こした人と伯父が話しをしてくれたのを覚えている。会社を経営していた伯父は、とても頼りになる人だったのだ。

 当時、伯母はとても厳しい人だった。私が良く口答えをしたからだろうか。私は何度も伯母に口をつねられ、伯母は怖い人だというイメージを焼き付けていた。しかし伯母は、乳がんの手術を受けたあと、一変して性格が丸くなった。そして先日、伯父にお線香をあげるために伯母の家を訪れたとき、以前にも増して丸くなっている伯母の姿がそこにあった。私は伯母に、
「丸くて、かわいいおばあちゃんになりましたね」
と言って伯母の肩を叩いた。

 思えば、伯父と伯母は、二人で一緒に良く旅行をしていた。私の知る限り、二人はいつも一緒だった。だからきっと、伯父が亡くなったことで、伯母は寂しくしているに違いないと思い込んでいたのだが、私の予想に反して、伯母はとても元気にしていたのだ。きっと、伯母の中で、伯父に対する後悔がないのだろうと思う。フェリーに乗るまでの、ほんのわずかな時間ではあったが、久しぶりに再会した伯母たちと楽しいひとときを過ごすことができた。人は、年を重ねるごとに角が取れて丸くなるものだと実感した。

 父母は、私たちをフェリー乗り場まで車で送り届けてくれた。お世話になった父母にお礼を言ったあと、大阪南港まで、七時間二十分もかけての船旅が始まった。次に父母に会えるのはいつのことだろう。私たちは、二等指定の切符を買い、大部屋でごろんと横になった。利用客が少なかったので、自分の席の周辺にある空席も利用させてもらった。このフェリーに関しては、私はこれまで夜行便しか利用したことがなかったので、いつものように混んでいると思い込んでいたのだが、昼間出航する便は利用客が少ないようだ。夜行便は、寝ている間に目的地に着くので便利だからか、いつも混んでいるのである。

オレンジフェリー

 私たちは、毛布をかぶって昼寝をしたり、お風呂に入ったり、ご飯を食べたりして、七時間二十分を有意義に過ごした。お風呂にはサウナもあったので、私はサウナに入って汗を流した。ガンモは睡眠不足を解消するために、実に良く眠った。しかし、さすがに七時間二十分も船に乗ると、飽きて来たらしい。最初の頃は、フェリーの中で好きなことができるので喜んでいたガンモだが、大阪南港に着く頃には、
「長い」
と言っていた。確かに、七時間二十分という時間は、昼間にしては長いが、夜間にしては少々短いかもしれない。夜行便では、さっさとお風呂に入ってしまわないと眠れないので、かなり慌しいのだ。

 やがて、私たちを乗せたフェリーは無事に大阪南港に着岸し、私たちのお正月休みも同時に幕を閉じた。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 今日が仕事始めの方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、有給を取って、この先の三連休と合わせて連続休暇にされている方も多いのでしょうか。駅の駐輪場も自転車が少なかったですし、電車の中も人影がまばらでした。ところで、一月五日はガンモの四十三回目の誕生日でした。(^^) 私は今日が仕事始めだったのですが、今月はWindows Vista対応のため、残業しなければ仕事が終わらないのに、来週から気を引き締めて頑張ろうと心に誓い、残業するのを見送ってガンモと待ち合わせをして帰りました。これから先、私たちも伯母のように、角が取れてだんだん丸くなって行くのでしょうか。身体が丸くなっているのは事実なのですが・・・・・・。(^^;

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« スタンドアローン | トップページ | 敦賀へ »