« ホットヨガ(三十回目) | トップページ | ホットヨガ(三十一回目) »

2007.01.28

映画『それでもボクはやってない』

 梅田店のホットヨガのレッスンの帰りに、『ファンシイダンス』や『シコふんじゃった。』、『Shall we ダンス?』などの周防監督の最新作『それでもボクはやってない』を観た。今回は、周防正行の「いつもデジカメ撮ってます」 powered by ココログ:映画についてTBしよう!にトラックバックさせていただくので、ネタバレ厳禁のお約束で記事を書かせていただくことにする。

 先日も書いたように、この映画を観たとき、梅田の大きな映画館がほぼ満員状態だった。映画サイトのユーザーレビューに目を通してみても、ほとんどの方たちが満点の評価を付けていた。それだけ注目度、評価の高い映画であると言える。

 タイトルからも想像されるように、この映画は裁判を扱った映画である。実際は、痴漢などしていないのに、電車の中で女子中学生に対し、痴漢行為を働いたと嫌疑をかけられた主人公が、裁判で自分は絶対に痴漢行為をしていないと懸命に主張し、とことん戦うストーリーである。

 一言で言うと、この映画は、被害者主体の日本の裁判の盲点をついている。ストーリーなどの詳細については、周防正行監督最新作『それでもボクはやってない』公式サイトをご参照あれ。

 この映画を観ると、多くの人たちは次のように思うのではないだろうか。裁判は本当に公平なのか。これまで有罪の判決を下された人たちは、本当に有罪だったのだろうかと。固定観念の領域から出ない警察の取調べ方法や、決め付けの態度を取るお役人たちの態度に腹が立って来る。形式やルールにこだわり、真実を見極めようとしないその保守的な姿に。

 仕事に対する安定は、変化を望まない体質を作り上げる。できれば、仕事で特殊処理などしたくない。一度捕まえた犯人が、どうか真犯人であって欲しい。「それでもボクはやってない」と主張されようが、真犯人を探し出す労力を惜しんでいるかのように見える。つまり、仕事が楽なほうへ楽なほうへと逃げているように見えるのだ。その人たちの判断で、犯人とされた人の人生が大きく変わるというのに、とにかく自分に与えられた仕事をこなしてさえいればいい。作業を右から左に流すだけ。そんな雰囲気さえもうかがえる。仕事が安定しない一般の企業のほうが、もっと何かを求めて前進しているように見えてしまう。そう、「求めて勝ち取る」という姿勢が感じられないのだ。

 現在の私の仕事も、長い間、発売され続けて来たアプリケーションの開発業務である。そこにはある種の安定があり、仕事のやり方を変えて行こうとか、古いプログラムに手を入れて、もっと使い勝手の良いアプリケーションにしようという動きはない。新たな方法や手段を受け入れるよりも、現状を維持することに必死になっているのだ。だから、現在行っているWindows Vista対応の作業のように、新しいOSに対応するなど、現状を維持することに対する労力は惜しまない。ただ、私の業務は、現状を維持することが、誰かの人生を大きく変えたりはしないというだけのことである。

 周防監督は、裁判についてとことん研究し、この映画を製作されたと聞いている。この映画を観ると、世の中に対し、周防監督が映画という表現方法で必死に訴えかけているものがひしひしと伝わって来る。間違いなく、映画という表現方法を知っている人が映画監督になったのだと感じる。そういう意味で、この映画は、社会に対して大きな波紋を投げかけるだけの影響力を持っていると思う。

 しかし、実際に真実を見極めるのはとても難しい。中には、無実を主張し続ける極悪人もいるだろう。警察に決め付けられて、やってもいない罪をしぶしぶ認める人もいるだろう。この映画のように、本当は罪を犯してもいないのに、罪を犯したとされる人もいるだろう。裁判では、そういう人たちが入り混じって裁かれる。そのような状況の中で、裁判官が極悪人に騙されることも屈辱であり、警察が検挙した被告を無罪と判断することも、国家を敵に回すようで勇気が要る。となると、どうしても保守的な裁判になってしまう。

 本当に裁くことができるのは誰なのか。そのことが、この映画の最後の部分で述べられている。とにかく、社会に対し、大きな問題提起をした作品である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m この映画を観て、私たちは、自分なりの表現方法を持っているのだと感じました。周防監督は、映画という方法で世の中に伝えたいものを表現しました。自らの表現方法に気づき、表現して行くこと。もしかすると、私たちが生きている意味は、こういうところにあるのかもしれません。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« ホットヨガ(三十回目) | トップページ | ホットヨガ(三十一回目) »