« 見抜く | トップページ | 関西のおばちゃん »

2006.12.06

映画『プラダを着た悪魔』

 仕事を終えて、ガンモと三宮で待ち合わせる約束をして三宮に向かっていると、ガンモから、仲良しの同僚と急に飲みに行くことになったと電話が入った。ガンモはお酒が飲めないが、私は二人がとても気が合っていることを良く知っているので、
「よしよし、行っておいで」
とガンモに言ったあと、映画のレイトショーを観に行くことにした。

 さて、何を観よう。そう思いながら、電車の中でノートパソコンを開いて映画館のタイムスケジュールを見ながら思案していた。レイトショーを上映している映画館では、既に観た映画もまだ何本か公開されている。それらの映画をすべて対象外にした上で、観たいと思う映画と、その映画がレイトショーの対象になっているかということ、更には、レイトショーの開始時間、それら三つの要因がすべて重なり合って、レイトショーで観る映画が一つ決まる。

 全部で三つの映画が候補に挙がった。これらのうちのどの映画を観ようか。観たい映画が既に決まっているときは利用しないのだが、今回のように候補がいくつかあって迷ってしまうときは、既にその映画を観た人たちが書いたレビューや評価を参考にさせていただくことがある。私が良く利用しているのは、Yahoo!映画だ。Yahoo!映画では、映画を観たユーザがレビューを書いたり、五点満点で評価をつけていて、とても参考になるのだ。

 私は、候補に挙がった三つの映画のうち、もっともユーザ評価の高い映画を観ることにした。候補に挙がった映画のうち、一つは洋画で、残りの二つは邦画だった。私がユーザ評価を参考にして選んだ映画は、『プラダを着た悪魔』だった。今日の私は何となく洋画を観たい気分だったので、ちょうど良かった。しかも、レイトショーの上映時間にぴったりの時間に映画館に着いたのだ。私は、縦と横の座標がかちっと合ったときのような満足感を覚えながら、指定席に腰を下ろした。さすが、人気の高い映画だけあって、レイトショーにしては混み合っていた。

 『プラダを着た悪魔』は、劇場で何度か予告編を観てはいたものの、予告編を観る限りでは、特に観たいと思える映画ではなかった。しかし、結果的にはこの映画を観て良かったと思うことになった。以下、できる限りネタバレにならないように、また、この映画を観る予定のない方たちにも差し支えないように感想を書いて行きたいと思う。

 この映画で描かれているのは、何かを失いながら、仕事に夢中になって行く女性の姿である。ほら、あなたの周りにもいるだろう。仕事に多くの時間を費やすあまり、周りから、
「仕事と○○と、一体どっちが大切なの?」
などと選択を迫られている女性が。え? 私? いや、状況は似ているかもしれないが、ちょっと違う。しかし、自分の置かれている状況と重ね合わせながら観ていたのは事実である。

 映画の紹介ページ程度に簡単なあらすじを書いておくと、ファッションにまったく興味のなかったアン・ハサウェイ演じるアンディが、ファッション雑誌の頂点とも言える雑誌の女性編集長ミランダのアシスタントを務めるようになる。メリル・ストリープ演じる超わがままな鬼編集長ミランダに公私ともに振り回されながら、次第にてきぱきと仕事がこなせるようになって行くアンディ。認められることで、仕事にやりがいを感じ始めるが、彼氏や古くからの友人たちは、どんどん変貌して行くアンディに対し、好意的な姿勢でない。

 私は先日の北京旅行で、自分のペースで行動できないということが、いかに大変かということを体験して来たばかりだ。誰かに合わせて行動するということは、自分の生理的な欲求を押し殺さなければならないことも多いため、ストレスも溜まりやすいし、疲労感も激しい。その大変さが良くわかるので、アンディがミランダに振り回されている姿を見て、良く頑張っているなあと感心したものだ。

 興味深かったのは、そんなアンディの変貌である。一流雑誌に勤めながら、ファッションにまったく興味を示さなかったアンディ。つまり、これまでは、相手(ファッション業界)が何者であるか、まったく知ろうとしなかったわけである。しかし、あることをきっかけにして、相手(ファッション業界)を知ろうとするようになる。そうすることで、自分の仕事のペースを築き上げ、ミランダに認められるようになったと言っても過言ではない。

 アンディが変われば周りも変わる。特に古くからの友人たちが、超多忙になってしまったアンディの仕事に好意的でないのは当然のことかもしれない。アンディの仕事は、ファッション業界を目指す人たちにとっては憧れの職業である。どんなに仕事が忙しくても、そこで働いているというプライドが、そこで働く人たちを仕事から引き離そうとしない。とりわけ、気難しいミランダからの信頼を少しずつ築いて行ったアンディは、別の夢を持ちながらも、なかなか仕事を辞めようとはしない。私には、このあたりの状況が痛いほど良くわかった。確かに周りから見れば、
「何故そこまでして働くの?」
という気持ちになってしまうのだろう。しかしそれは、外にいる人たちの見方だ。中にいる人たちからすれば、アンディが何故、仕事を辞めないでいるかがわかる。アンディの存在は、既にフを取り巻く環境の中で大切な歯車の一つになっているのである。おそらく、アンディと一緒に歯車の中にいなければ、その大切さはわからない。

 アンディが多くの仕事をこなしながらも、生き生きとした姿で描かれていないのは、彼女の中で過剰になっているものと、足りていないものを見せつけられるからだと思う。そう、バランスの取れている人から見ると、バランスを崩してしまっているように見えるのだ。しかし、過剰なものを持っている人からすれば、バランスの取れた人が物足りなく映ってしまう場合もある。

 そう言えば私も、先日、友人から、
「いつも忙しそうに見える」
と言われてしまった。とにかく私は、いつも余裕がないように映って見えているのだそうだ。余裕がないように見えるのは、例え忙しくても、仕事や生活を楽しんでいるようには見えないからなのだろう。

 私はこの映画を観て、あまりにも多くの時間を仕事に費やし過ぎている人たちが失いつつあるものをまざまざと見せつけられた。恋人や古い友人たちや家族とともに過ごす有意義な時間。その仕事に就くまでは、彼らのために割り当てられていた時間がもっともっとあったはずなのに、仕事が忙しくなるにつけ、一緒に過ごす時間が仕事のためにどんどん削られて行く。おまけに、外見までも変わってしまう。そのような状況なら、周りから文句が出てしまうのも無理はないだろう。

 どんなに忙しく働いても、本人が楽しい気持ちでなければ意味がない。私は、メリハリを持って仕事にのぞめるなら、ある期間までは目標を持って、ひたすら忙しく働いてもいいのではないかと思っている。私自身はそうした周期で仕事をしていると言える。納期に向かってまっしぐらに進み、納品を終えたらひと段落する。そして、自分のために休みを取って、ガンモと一緒に好きな旅行に出掛けて行く。仕事をこなしていると、自分はこれだけやっていますという主張ができるようになる。だから休みも取れるし、予定のある日は早く仕事を上がれたりする。このように、自分へのご褒美を与えながらの仕事が実現できているから、続けていられるのではないかと自分では思っている。

 ただ、この映画の中で描かれていたような、恋人や夫婦の絆が崩壊して行くことについては良くわからなかった。それは、私自身がどんなに仕事が忙しくても、男女の愛を守り抜いて来たからだと思う。更に、ガンモも私と同じコンピュータ業界で働いているために、私の仕事に対して理解があるという点も大きいと思う。

 忙しく働いている人を見ると、失っているものに対して焦点を当ててしまいがちだ。しかし、アンディのように、これまでの関係を失いつつも、鬼編集長ミランダの信頼という新しい宝物も得ている。そう考えると、仕事が忙しくても、単に失っているだけではないということに気がついて行く。ただ、その先で、失ったものと新しく得たものの狭間に立たされることになる。そのときに、どちらを選択するかが重要なのだ。

 結局、アンディが選んだのは・・・・・・。ここには書かないでおくが、私にはとても納得の行く選択だった。この映画は、鬼編集長を演じているメリル・ストリープがはまり役である。ミランダがタクシーの中で、アンディと自分が似ていると言うシーンはとても印象的だった。人と人が関われば、人はどんどん変わって行く。そんなことを感じさせてくれる映画でもあった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私の場合、仕事がどんなに忙しくても、プライベートな時間に電話が掛かって来るようなことはありませんが、この映画の中では勤務時間中だろうが恋人や古い友人たちと共に過ごすプライベートな時間だろうがおかまいなしに仕事を言いつけられるといった感じでした。それでも、ファッション業界の一流雑誌の編集長だから許されるようです。実際にそのような仕事が存在しているのでしょうか。まるで、売れっ子芸能人のマネージャーのような仕事だと思いました。

話は変わりますが、一月一日までパソコンテレビ GyaO [ギャオ] 無料動画  |映画|で、りさちゃんのお勧め映画『きみに読む物語』を上映中です。この映画はツインソウルの物語だと私は思います。『きみに読む物語』を無料で観るチャンスです。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 見抜く | トップページ | 関西のおばちゃん »