« 大殺界が明けようとしている | トップページ | 尋ね鳩 »

2006.12.16

ホットヨガ(二十四回目)

 ホットヨガ(二十四回目)の今日は、久しぶりに神戸店に出掛けて行った。我が家から通うには、神戸店よりも三宮店のほうが近い上に、ホットヨガ後のお楽しみである映画館も充実している。そのため、ここのところ、三宮店を中心にレッスンを受けていた。前回は、替えのズボンを忘れてショートショートまで書き上げる騒ぎになってしまったので、今回は忘れものをしないように細心の注意を払ってから家を出た。

 神戸店に着くと、二回目にレッスンを受けたときのお気に入りのインストラクターが受付で対応してくださった。
「お久しぶりですね」
と声を掛けてくださったので、
「はい、実はしばらく三宮店で浮気してました」
と正直に答えた。すると、お気に入りのインストラクターは、
「浮気ですかあ?」
などと言いながら、私を軽く睨んだ。何だかしばらく通いつめた飲み屋を久しぶりに訪れたサラリーマンの気分だった。

 今回のレッスンは、九十分のベーシックコースを受けた。先月、京都四条通店で初めて九十分のベーシックコースを受けたあと、前回の三宮店でのレッスンで七十五分のベーシックコースを受けたところ、やはり、もう少し長めの九十分のベーシックコースを受けたいと思ったのだ。三宮店でも九十分のベーシックコースのレッスンは受けられるのだが、レッスン後に活動することを考えると、神戸店のほうが早い時間帯だったため、久しぶりに神戸店にやって来たのだ。インストラクターは、さきほどの方ではなく、いつも受付をしてくださっているもう一人の方だった。確か、私がインドの神さまTシャツを着ていると、いつも声を掛けてくださる方だと思うが、受付ではなくインストラクターとして働いているときは、まるで別人のようにきりりとしている。

 レッスンを受ける人の数は、インストラクターを除いて二十一名だった。スタジオ内には二十二名分のマットが敷かれていたが、最後までマットが一つ空いたままだった。私は、レッスン開始前に周りを見渡しながら、レッスンを受ける人たちの身体が既に整っているのを感じていた。ヨットヨガを始めてからこれだけ身体が整って来たのか、それとも、身体が整っている人がホットヨガのレッスンを受けているのか。それは良くわからなかったが、レッスン開始前から、これまでの雰囲気とは違う真剣な空気が流れているのを感じ取っていた。

 というのも、レッスン開始前に、準備運動として本格的なポーズをとっている人たちが多かったからだ。身体もしっかりと引き締まっていて、余分な肉がなく、取っているポーズも美しい。神戸店のベーシックコース九十分は、ホットヨガのエリートコースだと感じた。

 私はというと、少し身体が訛(なま)っていたのか、レッスンを受けるのがやっとだった。レッスンの時間が長いというよりも、一つのポーズを取り続ける忍耐力がないといった感じだった。九十分のベーシックコースでは、六十分のビギナーコースよりも、一つ一つのポーズを取る時間が長いのである。おそらくだが、これほど肉体的に苦しかったのは、生理が目前に迫っているために、身体がそれなりの準備を始めていたからだと思う。実は、今、この日記を書きながらも、私の息は大きい。

 ところで、今日のレッスンで新たな発見があった。ホットヨガ(二十回目)の記事に、電解水素水の話を書いたが、その水をホットヨガのカウンターで購入すると、会員価格三百五十円で購入できる。しかし、わずか三百ミリリットル入りで三百五十円というのはちょっと高い。ところが、それに代わる水と言っていいのか、「酸素プラス」というラベルのついた五百ミリリットル入りのペットボトルを持参している人がいたのだ。しかも、その人の側にはマツモトキヨシ(薬局)の袋が転がっている。ホットヨガの神戸店のあるビルには、マツモトキヨシも入っている。その人は、レッスン前にマツモトキヨシに寄って、この「酸素プラス」という水を購入されたようである。

 レッスンを終えた私は、早速マツモトキヨシに寄ってみた。「酸素プラス」はドリンクコーナーですぐに見つかった。価格は何と、五百ミリリットル入りのペットボトルが税込百四十四円だった。カナダの水に通常の十倍の酸素を溶かし込んでいるのだそうだ。飲んでみると、なるほど、身体が欲しているのがわかる。これはいい!

酸素プラス

カナダの水に10倍の酸素を充填

 ネットで調べてみると、どうやら、テレビの「発掘! あるある大事典」で、酸素特集が放送されたのだそうだ。そのため、「酵素プラス」の水も良く売れているらしい。まったくと言っていいほどテレビを観ない私は、そのあたりの事情を知ることができなかったのである。私なりに、水素水と酸素を多く含む水の違いについて考えてみた。おそらくだが、水素水の場合は、水素を補うことで、身体の中にある活性酸素と結び付いて水になり、活性酸素を消去させることを目的としている。それに対し、酸素を多く含む水は、身体に足りていない酸素を補うという足し算の発想なのではないだろうか。

 さてさて、今日はガンモの仕事が十五時までだったので、私は映画を観ずに、JR神戸から電車に乗り、住吉で降りて六甲ライナーに乗り換え、六甲アイランドへと出掛けた。実は、六甲アイランドでとあるイベントが開催されているのである。これについては、また後日ご報告させていただくことにしよう。

 六甲アイランドをあとにした私は、仕事を終えたばかりのガンモと住吉で落ち合って帰宅した。今夜の晩御飯は、久しぶりに愛シチューだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 十二月のお忙しい中、「ガンまる日記」を読んでくださってありがとうございます。m(__)m 三十回分の回数券を購入したホットヨガも、あと数回で回数券を使い切る予定です。もちろん、次回も三十回券を購入するつもりでいます。他の支店に出掛けて、いつもとは違う雰囲気を味わうことや、レッスン後の映画のお楽しみも次第に定着して来ました。派遣会社の福利厚生でちゃんとしたヨガマットをもらえることになっているので、ポイントが溜まるのを待っているところですが、100円ショップで売られているヨガマットらしきものにも心引かれています。(笑)

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 大殺界が明けようとしている | トップページ | 尋ね鳩 »