« 『ぼくは王さま』 | トップページ | 大殺界が明けようとしている »

2006.12.14

『いやいやえん』

 幼稚園の頃に読んで以来、ずっと心の中に残っていた本がある。それがとても有名な本だったということを知るのは、ずっとあとになってからのことである。図書館に置かれているのは何度か見掛けたが、どうしても手元に置いておきたくて古本屋を何軒も回ったが、なかなか見つけられなかった。インターネットが普及してから、ネットオークションに出品されているのをときどき見掛け、何度か入札してみたものの、何度入札しても落札することができなかった。それほど人気の高い本だったようである。そう、その本の名前は、『いやいやえん』である。

 幼稚園のときに初めてこの本を読んだのだが、同じ幼稚園に通っていた男の子で、幼稚園になかなか顔を出さなかった子がいた。この本の中身とは少し違うのだが、私はその男の子とこの本のタイトルを関連付けて記憶していた。だから今でも、『いやいやえん』というと、その男の子のことを思い出すのである。ちなみに、その男の子の名前は、しげるではなかった。

 この物語の主人公であるしげるは、ちゅーりっぷほいくえんに通っている。この本の中の九十パーセントは、しげるの日常が描かれている。しかし、「いやいやえん」と付けられた最終章だけは、ちゅーりっぷほいくえんに行くのを嫌がったしげるが連れて行かれた特殊な幼稚園のことが描かれている。つまり、最終章の「いやいやえん」は、しげるの非日常を綴った章なのである。

 実は、九十パーセントの割合で描かれているしげるの日常よりも、わずか十パーセントしか描かれていない「いやいやえん」の章のほうがインパクトが強い。幼稚園の頃の記憶を辿ってみても、この最終章の記憶が最も強烈だった。自分もあの「いやいやえん」に連れて行かれてしまったらどうしようと心配していたのである。だから、大人になってこの本を読み返したとき、あまりにも普通の書き出しに拍子抜けしてしまったのだ。

 私が持っている『いやいやえん』は、一九九八年に印刷された新しいものだが、この時点で第93刷と印刷されている。ということは、今は既に百刷を超えてしまっているかもしれない。長年探し続けたそんなポピュラーな本をようやく見つけたのは、何と地元の古本屋さんだった。自分の手元にやって来てからというもの、今でも何度も読み返している好きな本の一つである。

※今回は、記事を二つ更新させていただきました。これにより、しばらくの間、一日遅れで書いていた日記が、ようやく現代に追いつくことができるようになります。これからは、更新が0時を回ったときだけ、日付と時間の更新をしたいと思っています。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 『いやいやえん』は、一度聞いたら忘れられないタイトルです。『いやいやえん』が発表されたのは、何と一九五九年七月のことだそうです。私が初めてこの本を読んだ一九七一年の時点で、既に発売から十二年も経っていたことになります。しかも、それ以降も、実に多くの人たちに支持され続けています。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 『ぼくは王さま』 | トップページ | 大殺界が明けようとしている »