« 着メロのおかず | トップページ | ガンモ心と秋の空 »

2006.11.11

ホットヨガ(二十一回目)

 ホットヨガ(二十一回目)では、前回のレッスンで気になり始めた真・水素水を買って飲んでみた。真・水素水のパッケージには、「開封後は直ちに飲んでください」と書かれているが、四百ミリリットル入りだったので、一気に飲むことはできず、三分の一くらいまで飲んで、残りはレッスン終了後に飲むことにした。

 あまり天候が良くなかったせいだろうか。レッスンに来ている人の数は少なく、私を入れて十三名ほどだった。人数が少ないと、両手を思い切り伸ばせるのがいい。インストラクターは、先週の無機質なインストラクターだった。

 レッスンを終えたあと、真・水素水の残りを飲んでみた。さて、気になる効果だが、確かに首周りの不快感は緩和されたようである。ホットヨガを始める以前の私は、磁気ネックレスとピップエレキバンを手放せないほど酷い状況だったので、その頃から比べると、素晴らしい進歩である。ただ、スタジオの外に出てから気がついたのだが、首を保護するためのマフラーが当たっている部分は暖かいが、マフラーが当たっていない部分は肌が冷たくなっていた。どうやら、首周りの血行があまり良くないのは確かなようである。

 ところで、レッスン後にシャワーを浴びているときに驚いたことがある。それは、汗でびちょびちょになったレッスン着をきれいに折りたたんでいる人がいたことである。私は、脱いだレッスン着は、そのまま洗濯機の中に入れるつもりで、ビニール製の袋にぐじゃぐじゃっと丸めて入れてしまう。早くシャワーを浴びてしまいたい気持ちがあるのと、できるだけ早くシャワーを明け渡したい気持ちがあるためだ。ただ、このときは、シャワーが空くのを後ろで待っている人もいなかったので、ゆっくりとシャワーを浴びても良かったのである。

 汗でびちょびちょになったレッスン着をきれいに折りたたむ丁寧さと冷静さを、私は持ち合わせていない。しかし、このようにレッスン着をきれいに折りたたむことによって、荷物に余分な空気が入らないという利点があることに気がついた。そのとき私は、先週のレッスンのあとにエレベータの中で一緒になった気になる女性のことを思い出したのだ。彼女の荷物が少なかったのも、汗でびちょびちょになったレッスン着をきれいに折りたたんでコンパクトにしているからではないだろうかと。

 実は、このことは、私には大変なカルチャーショックだった。バッグの中までも、きちんと収納が行われていたのである。いろいろなものを持ち歩きたい私は、何でもかんでも持ち歩けるように、バッグも大きめの布バッグを使用している。バッグが大きいものだから、どこに何が入っているかもわかり辛い。大きなバッグの中から、何か小さなものを探そうものなら、いつもしっちゃかめっちゃかである。確かに、私のように大きなバッグを持ってホットヨガに通っている人はいない。ということは、ほとんどの人たちは、バッグの中をも整理整頓し、効率良く収納できる空間を作り出していたのだ。

 着替えを済ませて更衣室を出ると、更に驚いたことがある。入口で、ホットヨガ(十六回目/十七回目/十八回目)に書いたポーカーフェイスの女性に会ったのだ。彼女は、このあと行われるレッスンに参加するようである。その彼女が、誰かと話をしているのである。相手は、ホットヨガスタジオで知り合った仲間のようである。私は、彼女の表情を確認した。やはり、笑ってはいなかったが、誰かと会話をしている彼女が、何に対しても無関心ではないということを確認できてうれしくなった。彼女の笑っている顔を見られるのもきっと近い。そんな気がして私はスタジオを出た。

 ガンモの仕事が深夜まで掛かるというので、私は映画を二本観て帰宅した。観た映画は、ブラック・ダリアSad Movue<サッド・ムービー>の二本である。ブラック・ダリアは、実際に起こった事件を題材にした映画で、とても難解なストーリーだったが、かなり見ごたえのある映画だった。理解を深めるために、もう一回くらい観たい映画だが、上映期間中には、おそらく足を運べそうにない。Sad Movue<サッド・ムービー>は、珍しく二回目割引を適用している映画だったのだが、公開前の宣伝が派手な割には、大きな感動の少ない映画だった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m この週末は、日頃の睡眠不足を解消しようと、たっぷりお昼寝をしました。ブラック・ダリアの事件を私は知らなかったのですが、この事件を題材にしたベストセラー小説もあるようですね。
ただ、登場人物が多くて人間関係が難解でした。映画を観終わったあと、公式サイトでの復習が必要です。

さて、今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 着メロのおかず | トップページ | ガンモ心と秋の空 »