« 半二重と全二重 | トップページ | 直径十二センチの彼女の送別会 »

2006.10.04

存在を愛する

 書くということについて、大前提としての大切なことを思い出させてくれた人がいる。それは、色眼鏡の記事に書いた「彼女」である。この頃の私は、とにかくもやもやしていて、もやもやに向き合うためにどうしても書かずにはいられなかった。書くことで自分の気持ちを少しでも前向きの状態にしておきたかったのである。わざわざ日記に書かなくても、というご意見もいただいたのだが、そもそも私の中に存在している意識として、ホームページを通じて交流して来た方たちとは、できる限りオープンな交流をしたいという想いがある。水面下で交流すると、何となく他の人たちに秘密を作ってしまっているような後ろめたい気持ちになってしまうのだ。これは、ホームページの管理人が抱く特有の想いかもしれない。もちろん、それ以外にもいろいろな想いが私の中で渦巻いていたのだが、それについては、現在、掲示板に書き込んでくださっているコメントに返信させていただくときに書かせていただくことにしよう。とにかく、できる限りオープンでありたいという想いがベースにあるために、電子メールで個別にやりとりするよりも、想いをシェアできる掲示板での交流を展開できないかと思っていたのだ。そのためのきっかけ作りとして、記事に書かせていただいたという次第である。しかし、今回は、前回の記事を撤回させていただく意味で、彼女の素晴らしさを伝えるために書かせて欲しい。

 さて、その後、彼女と私は何通かのメールを交わした。メールでのやりとりを始めた頃は、お互いに、相手に対する誤解があった。その誤解のために、お互いの本質がぼやけて良く見えていない状態だった。ウィークディに入り、私も仕事が忙しくなってしまったので、「返事が遅くなるけど、待っててね」という内容のメールと一部の返信を書いて送信した。すると、しばらくして、彼女からメールが届いた。その内容は、「言葉にとらわれるよりも、お互いの存在を愛そうよ」というものだった。そのメールの中には、彼女が実際に体験した、「存在を愛する」経験について綴られていた。

 私はそのメールを読んだとき、「うわあ! やられたア!」と思った。言葉にとらわれすぎて、そう、あまりにも彼女の言葉を追いかけ過ぎて、私は彼女自身に追いつくことができていなかった。彼女は、私からのメールを何度も読み返し、読む度に違う私がいるのを感じてくれたらしい。確かに私もそうだった。私は、彼女の言葉の中にあるいくつもの矛盾に翻弄されて、彼女自身を見失ってしまっていたのだ。

 彼女がそのメールをくれなかったら、私は今でも彼女の言葉を一心に追いかけていたかもしれない。色眼鏡の魔のループから先に抜け出したのは彼女だった。私は、「一体この感動を誰に伝えたらいいんだ!」と思いながら、またしても一人で悶々としていた。私の場合、それがプラスであってもマイナスであっても、感情が大きく揺れ動いたときに書きたくなるようだ。

 彼女がメールの中で使った存在を愛するということは、魂を感じるということに等しいと思う。○○だから好き、□□だから嫌いというふうに、好き嫌いに理由をつけるのではなく、ただ相手の生きている姿に感動することだ。そのひたむきな生き方に感動することだ。

 かつて私は、ちんちんかもかもという記事の中で、こんなことを書いた。

 先日、私は父ちゃんとじっくり見つめ合う機会があった。彼らは、私たちがベランダに面した寝室の窓から外をのぞいている間も、逃げることなく、ベランダでくつろいでいる。餌が欲しいときは、私たちの直前まで飛んで来て止まることもある。父ちゃんと見つめ合ったときは、餌を欲しがっているタイミングではなかったのだが、私が見つめると、父ちゃんも、じっと私の目を見つめていた。そのとき私は、魂を持った存在としての鳩を感じ、その愛しさに涙が出て来た。人間だけでなく、彼らも生命を持って、この世界で一生懸命生きている。彼らの魂を感じた瞬間、そのひたむきな生き方に感動せずにはいられなかった。

 そうだ、このときの感動と同じだ。魂として、存在としてあることの愛しさ。私も彼女のひたむきな生き方を知っている。そして、私も彼女の存在を愛していることを思い出したのだ。最初から、彼女の存在を愛して交流が始まったはずなのに、いつの間にか、○○をわかってもらえないからいやだとか、好き嫌いに理由をつけるようになってしまっていた。そのために、お互いの魂の部分からどんどん遠ざかってしまったのだ。

 私は、彼女が魔のループを断ち切ってくれた勇気をここでたたえたい。繰り返しのループから抜け出すということは、本当に勇気がいることである。魔のループを自ら断ち切ってくれて、存在を愛することの大切さを私に示してくれた彼女の深い愛にとても感謝している。本当にありがとう。

 そんな感動に浸っていたら、インターネットでツインソウルの息子さんの画像を見つけた。私は、彼の存在がとてつもなくうれしかった。その写真から、彼の何気ない表情の中に宿るやわらかな魂を感じ取った。これまで、両親に許容されながら、大切に育てられて来たことを感じさせてくれる尊い魂だった。なるほど、子供を持つということはこういうことだったのか。男女の愛が弾けて生まれた魂としての存在。このような形で子供を持つことの素晴らしさを示してくれるとは、ツインソウルの存在もまた偉大だと感じた。

※皆さん、たくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 「存在を愛する」ということは、魂を感じながら、しかるべき入口からその人の中に入ることではないでしょうか。入口を見つけられなければ、裏口から入ったり、また、二階から入ったりと、相手が無防備にしている場所から攻めてしまい、ますます本質からかけ離れた交流になってしまうような気がします。魂を感じ、しかるべき入口を見つけること。これはとても大切なことだと痛感しました。

今回も記事の中にボタンを埋め込ませていただきますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

哲学・思想[人気blogランキング]に

上記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

|

« 半二重と全二重 | トップページ | 直径十二センチの彼女の送別会 »