« 道は分かれても | トップページ | 五百羅漢と大雨 »

2006.09.09

ホットヨガ(十一回目)とガンモの夜勤

 八日振りのホットヨガは、休日のレッスンとしては初めての三宮店で受けた。休日の午前中のレッスンとあって、スタジオ内にはヨガマットがぎっしりと並べられ、レッスンを受ける人の数は三宮店としては最大の十九名に上っていた。隣の人との間隔がとても狭く、一人置いて隣にいる人にさえ、広げた両手が接触しそうなくらいの近さだった。インストラクターは、前回、三宮店で平日十九時半からのレッスンを受けたときと同じ女性だった。

 今回、私は初めて午前中のレッスンを受けた。そのせいだろうか。これまでにないほど大量の汗が出て来たのだ。しかも、大量の汗が出ているというのに、身体はそれほど水分を欲しがらない。私は、身体からどんどん不要なものが排出されて行く心地良さを実感していた。

 八日振りのホットヨガということで、私の身体はとても喜んでいたようである。しかし、お風呂セットを持って来るのをうっかり忘れてしまった。先週、ガンモと名古屋に出掛けたときに使った旅行カバンから、お風呂セットを取り出しておくのを忘れてしまったのである。私は仕方なく、レッスン後のシャワーは、石鹸をつけずにお湯だけ浴びることにした。結局、スタジオを出てからも大量の汗をかいてしまったので、石鹸で身体を洗っていたとしても、あまり変化はなかったことだろう。

 朝、ホットヨガに出掛ける前にメールをチェックすると、同じ職場の派遣仲間の女性から、真剣な悩みごとの相談メールが届いていた。私は、このメールに返信するよりも、彼女と直接会って話をしたほうが、時間差が生じなくていいのではないかとも思った。たまたま、今夜はガンモが保守の仕事で夜勤だったので、帰りが遅くなっても差し支えない。彼女に連絡を取って、三宮で落ち合おうか。

 ガンモは夜勤のときは、昼間のうちにたっぷりと睡眠を取ってから出掛けている。ガンモの安眠のためには、私が帰宅してガタゴトと物音を立てるよりも、一人でゆっくり睡眠を取ったほうがいいと思っていた。だから私は、この機会に、少し前から観たいと思っていた映画を観るつもりでいたのだ。

 彼女に連絡を取って三宮で落ち合うか、それとも、観たい映画を観るか。私はかなり迷った。誰かと会うことについて、私はいつも慎重になっる。特に、当日思い立って、これから会う約束を取り付けるような場合は、例え相手の相談に乗ることが目的だったとしても、連絡を取ることを躊躇してしまう。おそらく、実際に私の周りにそういうアプローチをする友達がいて、私自身、かなり困惑した経験があったからだと思う。もっと以前からわかっていれば、積極的に動くこともできたのだが。

 とりあえず、お昼ご飯も食べたかったし、「ガンまる日記」もまだ書いていなかったので、書ける場所を探して書き上げた。しかし、そうこうしているうちに、時刻はすっかり夕方近くになってしまったのだ。

 結局私は、彼女にはメールで相談に乗ることにして、観たかった映画を観ることを選択した。その映画を観るために、三宮から、ホットヨガの神戸店のスタジオのあるビルまで移動した。最初からここで映画を観ることがわかっていたのに、三宮店でなく、神戸店の予約を入れれば良かったのにとあとから思った。

 観たかった映画とは、『ゆれる』である。『ゆれる』の上映時間は十八時半からだったので、それが上映されるまでの時間を利用して、『紙屋満悦子の青春』を観た。どちらも大変見ごたえのある素晴らしい映画だった。この日はつまり、同じ映画館で日本映画を二本続けて観たことになる。これがほんとの二本映画? いや、そんなことを言いたいわけではない。(映画の感想については、リンクをご参照ください。)

 映画を観終わったのは、二十一時前だった。特に、『ゆれる』を観終わったあとの私は、急激にガンモに会いたくなっていた。映画の中で、兄に対して罪悪感を持った猛(オダギリジョー)と、今日一日、好き勝手なことをした自分が重なったのかもしれない。私はガンモに電話を掛けてみた。そろそろ夜勤に出掛ける準備も整い、家を出る頃ではないだろうか。ガンモは、
「二十二時頃、家を出る」
と私に言った。となると、これから帰宅する私と入れ違いになってしまうではないか。私はガンモに会いたさのあまり、大急ぎで帰宅した。たった半日離れていただけで、ガンモに会いたくて会いたくてたまらなかった。

 私が帰宅して十数分のうちに、ガンモは仕事に出掛けて行った。昼間はゆっくり寝られたそうである。私はガンモと軽く抱き合い、ガンモを送り出した。私にとっては一日の終わりでも、ガンモにとってはこれからが一日の始まりだった。

※いつも応援クリックしてくださっている皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m とても励みになっています。『紙屋満悦子の青春』『ゆれる』は、とても見ごたえのある良い映画でした。お勧めの映画です。しかし、この時期の映画館は、冷房が効き過ぎていて、とても冷えますね。皆さんも、映画館にお出かけの際は、温かくしてお出かけくださいませ。

|

« 道は分かれても | トップページ | 五百羅漢と大雨 »