« 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』 | トップページ | ホットヨガ(六回目)と時給交渉 »

2006.08.22

海賊の帽子

 火曜日は、神戸・三宮方面の映画館がレディースディで、女性の料金が千円になる。私は、十八時に仕事を上がり、三宮へと急いだ。もう一度、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』を観ておきたかったのである。

 ガンモに電話を掛けてみると、何と、仕事を上がれそうな雰囲気だった。いつも私が映画を観たいと思うと、ガンモが忙しく仕事をしていて、ちょうど映画が終わる頃に一緒に待ち合わせをして帰れる状況だったはずなののに、今回に限って、ガンモは仕事が忙しくないようである。私は迷ったが、
「今日はレディースディだから、『パイレーツ・オブ・カリビアン』をもう一回観たい」
とだだをこねた。するとガンモは、
「じゃあ、行って来い。俺は帰っとくから」
と言った。何となく寂しい気持ちになったが、いくらレディースディで女性は千円で映画が観られると言っても、ガンモは一度観た映画を割引なしの金額で観ようとはしないだろう。それに、ガンモが仕事をしている場所から映画館の場所まで移動するにしても、十九時からの放映には間に合いそうにない。私は意を決して、一人で映画館へと向かった。

 三宮に着き、映画館のある神戸国際会館へと向かう。ここに、神戸国際松竹という映画館があるのだ。十九時の上映時間ギリギリに一階のエレベータホールに到着すると、エレベータに、
「本日分のパイレーツオブカリビアンの座席はすべて完売致しました」
という張り紙があるのを見つけた。私はがっかりしたが、もしかしたら状況が変わっているかもしれないと淡い期待を抱きながら、とりあえず、エレベータに乗って映画館の前まで行った。私の直前に窓口で話をしていた人たちが、何もチケットを買わずに帰っている。やはり、売り切れなのだろうか。
「パイレーツ・オブ・カリビアンは完売ですか?」
息を切らしながら、私は尋ねた。窓口の人は、申し訳なさそうに、
「申し訳ありません。本日は完売なんです」
と答えた。

 公開から既に一ヶ月も経っているというのに、この人気の高まりは一体どういうことなのだろう。これまでに何度もレディースディに映画を観て来たが、満席で入れないというのは初めてのことだった。このような事態を想像してもいなかった私は、休日の上野でこの映画を観られたことが奇跡のように思えた。おそらく、寝台特急で上野に着いて、午前九時台の朝一番の上映だったからだ。

 私はしばらくの間、映画館の近くの庭園でうなだれていた。映画館は九階にあるのだが、円形になっているビルの凹んだエリアが庭園になっているのだ。映画館に入れなかったことで、ガンモと別行動を取ったことへの寂しさが余計に募って来た。やはり、流れに逆らうとこうなるのか、と私は思った。

 せめて、パイレーツのグッズだけでも買って帰ろうと、私は映画館の中に入った。幸い、鑑賞券を持っていなくても入ることができた。上野で買ったパンフレットに、松竹系の映画館でパイレーツのグッズが販売されていると掲載されていたのだ。そのパンフレットを見たときから、私は買うものを決めていた。映画の中でジョニー・デップがかぶっていた海賊の帽子のレプリカである。

 さすがに購入者が殺到しているのか、既にいくつかの商品は品切れになっていたが、海賊の帽子はまだあった! 他に、缶入りメモやペンケース、クリアファイルを各種と、旧作のパンフレットも一緒に買い込んで、私は大満足で映画館をあとにした。海賊の帽子は、ビニールでできていて、ほとんど風を通さない。これは、オフィスの冷房対策にいい! 私は、オフィスでこれをかぶって仕事をすることを想像して、ニヤニヤしていた。

 家に帰り、ガンモの前に海賊の帽子をかぶって登場した。ガンモは興味津々の様子で、私がかぶっていた海賊の帽子を自分の頭にひょいとかぶせた。似合う! まるで、ガンモのためにあつらえたみたいだ。もしかするとガンモは、前世で海賊だったのかもしれない。

 公開されて一ヶ月経ってもなお、人気が衰えることのない映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』。私の前を素早く通り過ぎて行ったストーリーをおさらいするのに、DVDの発売まで待つか、それとも、公開中のレディースディに再び挑戦してみるか。やはり、ななちゃんの紹介してくれた、全国で七箇所でしか発売されていないという限定ポップコーンをまだ食べていないので、食べに行かねばなるまい。

※いつも応援クリックしてくださっている皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m これを書いている今、私は海賊の帽子をかぶっています。海賊の帽子は、横に広がり過ぎるので、業務用クリップで両端を留めて折り曲げていまが、ビニール製なのでクーラーの冷たい風が頭に当たることなく、なかなか快適です。(^^) ただし、色は、映画の中でジョニーがかぶっていた実物とは異なります。皆さんも、お一ついかがでしょう?

松竹のパイレーツ・オブ・カリビアンのグッズ販売のページ

|

« 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』 | トップページ | ホットヨガ(六回目)と時給交渉 »