« 涙の再会 | トップページ | 日本の産婦人科事情 »

2006.04.15

宝塚宙組公演『NEVER SAY GOODBYE』とハワイ旅行計画

 あっという間に私たちの生活は日常に戻り、私たちは連れ立って、宝塚宙組公演『NEVER SAY GOODBYE』を観に行った。もともと、宝塚観劇の趣味は、私の友人を介して始まったのだが、今ではガンモのほうがすっかりはまってしまい、毎回、ガンモがチケットを手配してくれている。

 今回は、宙組トップの和央ようかさん、花總(はなふさ)まりさんらの退団公演ということで、発売日の発売時間に電話予約したにもかかわらず、二階席だった。

 いつもの公演は、ミュージカルのあとにレビューという構成だが、今回は、ミュージカルが一部と二部に分かれていて、途中で休憩を挟んだ。その間に、私たちは昼食のお弁当を食べた。これぞ、本当の幕の内弁当である。休憩時間が終わると、ミュージカルの二部が始まり、ミュージカルが完結すると、今度はレビュー形式で、美しい衣装に身を包んだ人たちが次々に登場した。

 対照的だと思ったのは、今回が初舞台になるという五十名弱の新人さんたちが、初々しい姿で舞台に立っていたことだ。希望で胸をいっぱいにふくらませた新人さんたちと、今回の公演で退団が決まっているトップスターさんたち。それらの対比が、何とも言えない雰囲気をかもし出していた。

 今回の公演で退団が決まっているトップスターさんたちは、いつもよりも熱のこもった演技を見せてくれたように思う。二〇〇〇年に姿月あさとさんが退団されたあと、初めて和央ようかさんがトップになられたときの舞台を拝見したとき、切れ味の悪い彼女の発声方法がひどく気になったものだった。無理して男性の声を出そうとしているように思え、声がこもりがちでとても聞き取りにくかったのだ。

 しかし、公演を重ねるごとに、和央さんの声が少しずつ聞き取れるようになって来た。私の耳が慣れて来たのか、それとも、和央さんが発声の方法を変えたのか、それは良くわからない。しかし、ようやく和央さんの声が聞き取れるようになって来たと思ったら、今度は和央さんの退団が決まったのだ。

 スポーツ選手にしても、芸能人にしても、宝塚のトップスターにしても、長い間、トップの座を守り続けることは難しい。何らかの事情により、惜しまれながら引退して行く人たちもいれば、次第に人気が下火になり、やがて人前に姿を見せなくなってしまう人たちもいる。そこに留まる人たちもいれば、夢を諦めてしまう人たちや、別の道に進んで行く人たちもいる。人の気持ちとともに、時代はどんどん移り変わって行くものだ。

 宙組公演を観劇したあと、私たちは地元の図書館に寄り、しばしの間、読書を楽しんだ。図書館が大好きなくせに、いつも利用している駅の近くに図書館がないために、普段、図書館とはあまり縁のない私たち。図書館を利用するのは、今回のように、別の路線を利用したときだけだ。休日ののんびりした時間を、こんなふうに図書館の本に囲まれながら過ごせたら、どんなに幸せだろうと思う。見ると、図書館のソファで、幸せそうな表情で昼寝をしている人たちがいた。図書館に来ると、ついついリラックスしてしまって、眠ってしまうのだろう。きっと、その人たちにとっても、のどかな休日なのだと思った。

 図書館を出たあと、旅行会社に寄り、海外旅行のパンフレットをいくつももらって来た。実は、今回のハワイ行きで、ガンモがすっかり海外旅行づいてしまい、早くも私と一緒にハワイに出掛けたがっているのだ。ガンモは、
「特に二日目は、まるみがいなくてとても寂しかった。今度は絶対一緒に行くから」
と言った。

 ガンモは、今回のツアーで利用したホテルの朝食が忘れられないようだった。その朝食を、私にも食べさせたいのだと言う。ちなみに、ガンモがハワイで宿泊していたのは、シェラトン・ワイキキである。そこのオーシャン・フロント(海に面した部屋)だったそうだ。

 ガンモは、帰宅してから、海外旅行のパンフレットに真剣に見入っていたが、夏休みの旅行代金が異常に高いことに頭を悩ませていた。九日間の夏休みはいつも、一週間程度の旅行に出掛けている私たちだが、今年は私たちの結婚十周年に当たるので、ちょっと奮発して、海外旅行に出掛けてもいいのではないかと思っている。しかし、夏休み中に出発するツアーはどれも料金が高い。通常料金のおよそ二倍の料金が設定されているのだ。

 夏休みは利用客が多くてサービスが行き届かないはずなのに、料金が高くなるのはおかしいと私は思う。閑散期に料金が安いのは、少しでもたくさんの人に利用してもらうためだろう。閑散期のときは、明らかに利用客のことを考えた料金設定になっているのに、繁忙期になったとたん、自分たちの売上をより良くすることを考えてしまう。利潤を追求する人間の気持ちとは、本当に身勝手なものだ。しかも、利用客は、少々高くても、夏休みであることを優先させてしまうのだ。いや、もしかすると閑散期さえも、利用客のことを考えているわけではなく、単に利用して欲しい一心で価格が安いだけなのかもしれない。

 ところで、まだまだハワイの時間で生活しているガンモは、パンフレットに見入っているうちに、次第に眠くなってしまったようである。いつの間にかおとなしくなったと思ったら、ガンモはすやすやと眠っていた。月曜日から通常勤務だと言うのに、まだまだ日本の時間に戻せないガンモである。

※いつも応援クリックしてくださっている皆さん、本当にありがとうございます!

|

« 涙の再会 | トップページ | 日本の産婦人科事情 »