« 気づきを待てない | トップページ | 鳩を叱る »

2006.01.18

ソウルメイト商法

 ネットサーフィンをしていると、ときどきびっくりするようなページに辿り着くことがある。今日のタイトルに掲げたのは「ソウルメイト商法」。と言っても、自分にぴったりのソウルメイトを販売しているわけではない。ソウルメイトとの運命的な出会いをビジネスとしてサポートされている方のはなしだ。

Google検索:ソウルメイト運命の人と出会い、結ばれる奇跡の方法!

 最初にページを開いた瞬間から、「もしや結婚相談所?」と思わせるような雰囲気が漂っている。しかも、ソウルメイトマスターなどと、まったく聞き慣れない言葉も登場している。これは、オラクルマスターの仲間かもしれない。また、ツインソウルを運命的なソウルメイトの代名詞のようにも使われている。自らソウルメイトプロデューサーなどと名乗られている管理人さんのプロフィールを拝見すると、以下のようなことが書かれている。批判的な記事を書かせていただくのに大変申し訳ないが、その一部抜粋してご紹介させていただきたい。

あなたが幸せになるための「最高の方法」は、

運命の人【ソウルメイト】と出会って恋愛をし、

そして結婚をすることです。


このとても大切なあなたの人生の選択を

間違いのないようにして下さい。

もし間違えてしまうと、

お互いに苦しみ、心を傷つけあって一生を終えることになります。

 ・・・・・・。何故だろう。上記の文章を読むと、苦笑いしてしまう。私の魂が、喜びに震えないのだ。確かに、運命の人【ソウルメイト】と出会って恋愛をし、そして結婚をすることは、最高の幸せである。それは、私が保証しよう。でも、それは、幸せになるための「方法」や「手段」ではないはずだ。また、「人生の選択を間違える」とは、一体どういうことなのだろうか? ソウルメイトと結ばれないことは、人生の選択を誤っていることになるのだろうか。私がヘソ曲がりなのか、こういう文章を読むと、どうしても反発したくなってしまうのだ。

 何故、反発したくなってしまうのか。それは、男女が深く愛し合うという、もっとも重要で根本的なことが欠けてしまっているからだ。あたかも、運命の人【ソウルメイト】に出会えば、お互いに苦しみ、心を傷つけ合うことのない素晴らしい人生が送れるというような書き方である。それでは、相手がソウルメイトであることが「条件」になってしまう。極論を言ってしまえば、一時的に、お互いに苦しみ、心を傷つけ合う関係になったとしても、二人の間に深い愛が存在しているならば、それでいいのだ。世の中には、苦しみや傷つけ合う状況を二人で乗り越えて行きながら、愛の絆を深めて行く関係も存在している。どんなときも、最も大切なのは愛だ。こうした関係は、愛があるからこそ成り立っているのである。

 私は、男女の愛が本当に尊いと思っている人には、いつか、心から愛し合える存在と巡り会えると思っている。私もそうだったように、心から愛する存在に巡り会い、密な関係を築きたいと思っている人には、若い頃から思い描いている理想的なパートナー像がある。私の場合は、小学生の頃に読んでいた弓月光さんの漫画に出て来た、身長や体重が同じカップルだった。だから、服のサイズが上下とも同じサイズのガンモに出会ったのだ。

 私たちは常に、自分の学びに必要な人を自分自身で引き寄せている。だから、必要な学びが終われば消滅してしまう関係もあれば、同じ学びの人とずっと継続して行く関係もある。

 私は、ソウルメイトの出会いについて、そのような考え方を持っているので、逆に、どのようにしたらソウルメイトに出会えるかという質問には疎い。それでも、私はいつも、「ただ自分らしく生きていれば、ソウルメイトには出会える」と答えている。自分を偽っていると、同じように自分を偽った人を引き寄せてしまう。だから、ソウルメイトと出会うには、本当の自分を知る必要がある。

 さて、こちらのサイトでは、運命の人【ソウルメイト】と出会える方が書かれたPDFファイルが、二万五千八百円という価格で売られている。果たして、購入された方は、本当に幸せな結婚に辿り着くことができたのだろうか。

※皆さん、いつも応援クリックありがとうございます。m(__)m

※ソウルメイトについて心温まるサイトをご紹介します。「ガンまる日記」のサイドバーからもリンクさせていただいている、さちさんのソウルメイトを探してというサイトです。この記事を読まれたあとは、こちらでほんわか温まってください。(^^)

|

« 気づきを待てない | トップページ | 鳩を叱る »