« 続・愛情深い人たちへ | トップページ | みちのく二人旅 »

2005.08.05

続・続・愛情深い人たちへ

 ああ、一体、何から書き始めたらいいのだろう。私は今、深い感動に包まれている。こんなことばかり書いて、もう、あなたの自己満足と言われようがかまわない。私が出会った人たちは本当に素晴らしい。きのうの記事を書いたあと、掲示板を開いた私は、またまた感動に打ちのめされた。このはなさん、夏綺さん、本当にありがとう。今回は、このはなさんと夏綺さんが掲示板に書き込んでくださった内容を、少し引用させていただこうと思う。まずは、このはなさんから。

人と人のやりとりは、時には疎外感を感じたりする事もありますが、ここでの皆さんのやりとりや、まるみさんの他の方への返信などにはそう感じません。愛がたくさん詰まっていて心がほんわかしてしまうのです。また、そこからヒントをいただく事もけっこうあるので、本当に助かっています。皆さんに感謝です。
そして、愛情に満ちたやりとりや文章を読むことで、自分の中の愛も反応して、成長して行くような気がしています。
私は魂に目覚めるようになってから、愛により敏感になったと思います。
それは、愛が無い、と感じる事ではなく、どんな中にも愛情が隠れていて、それを見つけるのが上手くなったように思うのです。
日常の中でも、たとえば苦手なタイプの人との人間関係さえも、自分が成長するためには必要な人だったと、かかわれたことに感謝する気持ちになったり。
お腹が痛くなった時は、もう少し自分をいたわってあげなさいって知らせてくれているんだなあとか、色んな事に愛情を感じられるようになりました。

 このはなさんが書き込んでくださった内容の中で、私が最も感動したのは、「愛情に満ちたやりとりや文章を読むことで、自分の中の愛も反応して、成長して行くような気がしています」という部分だった。本当に、このはなさんのおっしゃる通りだと思う。人と人が相対的な関係を結ぶとき、相手が開いている状態にあると、自分の中の閉じている部分がどんどん開かれて行く。閉じていた部分が開かれて行くそのプロセスは、とても心地の良いものだが、人によっては、開いて行くことが苦痛になってしまう場合もある。それは、愛に関するコンプレックスを抱え、閉じていることで自分を守ろうとしている場合だ。彼らが開かれた心地良い体験をするためには、単に光だけではなく、闇の力も借りなくてはならない。

 人は、深い愛を感じると、その愛を拡大させて行く傾向にあるようだ。このはなさんが書かれているのは、まさにその現象だと思う。愛に対して敏感になり、自分の周りにあるものにも愛を感じられるようになるのだ。それは、このはなさんが、愛の源と繋がることができたからだと私は思う。愛の源と繋がることができた人は、その愛をみんなに分けたくてたまらなくなるのだ。

 それから、夏綺さん。実は、夏綺さんは、つい先日、掲示板になかなか返信できないでいる私を励ましてくださったNさん、そう、ツインソウルとの苦悩ツインフレームのNさんである。掲示板に書き込みをするのはどうしても気が引けるとおっしゃっていた夏綺さんが、このはなさんの愛のある書き込みに感動されて、どうしても居ても立ってもいられなくなってしまい、ようやく書き込みデビューしてくださったのだ。夏綺さんを掲示板に導いてくださったという点においても、このはなさんの愛の表現力は本当に素晴らしい。このはなさん、夏綺さんを引き寄せてくださってありがとう。それから夏綺さん、勇気を出してくださってありがとう。では、夏綺さんが書き込んでくださった内容を少し引用させていただくことにする。

このはなさんの記事を読んで涙が溢れてきて
感謝せずにはいられませんでした。
『愛』を感じるとキューっと胸が締めつけられるように
せつなくなり、嬉しくなってしまいます。

 そうそう、この感覚! 私が掲示板などを通じて病みつきになるほど感じ取っている、愛情深い人たちから受け取る尊い愛の感覚。掲示板やメールの返信を書かせていただきながら、自分でも泣いてしまうこの感覚。まさしく夏綺さんが書かれている感覚そのものだ。その感覚が、私を掲示板やメールの返信に導いてくれる。その感覚を味わいたいがために、文章を綴っている。

ツインソウルやソウルメイトと出会うと愛が溢れてきて、
魂との関係や係わりを知りたくなる。
それがいつの間にか『輪廻転生』や『前世、今世、来世』
にもつながっていく。

 これも、まさしくその通りだと思う。ツインソウルやソウルメイトへの愛は、私たちのもっとも深いところから始まる魂の愛。魂が不滅であるのと同様に、彼らへの愛も不滅である。例えどんな状況に陥ろうとも、その愛が決してなくなることはない。やがて、どうして自分の中の愛がなくならないのか、不思議に思うようになる。そして、その感覚が、ごくごく自然に、輪廻転生を肯定することに結び付いて行く。

 お二人のやりとりを拝見してうれしかったのは、私がもっともこだわりを持っている「引用レス式」でコメントを書いてくださったことだ。お二人のそうした心遣いがうれしくて、感動もひとしおだったのだ。本当にありがとう。

 さて、ここで語りたいことはたくさんあるのだが、実は、今、私たちは、寝台特急日本海の中にいる。大阪を二十時十七分に発車し、青森の県庁所在地青森に向かっている。いつもなら、シングルベッド感覚で、一つの寝台に仲良く寄り添って眠るのだが、今回は少し広めのA寝台が取れなかったため、人一人がやっと横たわれるほどの狭いB寝台の上下段にそれぞれが寝ている。いよいよ私たちの夏休みが始まったのである。

 先日、掲示板で交流させていただいているmikiさんが、私のためにパワーストーンをわざわざ海外から送ってくださった。その石を、今回の旅のお供に連れて来た。このように、私はたくさんの方たちに励まされ、支えられ、愛を分けてもらっている。掲示板やメールになかなか返信できないでいることを除けば、私はものすごく満たされている。愛を分け合い、循環させること。愛情深い人たちと相対的な関係を結び、愛を拡大させて行くこと。これが今後の大きなテーマであるように思える。

|

« 続・愛情深い人たちへ | トップページ | みちのく二人旅 »