« 敢えて一言 | トップページ | 墓誌FAX »

2005.08.15

愛していますという言葉の持つパワー

 世間はお盆休みのはずだが、私は夏休みが明けて初めての出勤日だった。久しぶりにお弁当を作った。しかし、またしても、お弁当を玄関に置いたまま出勤してしまったのだ。電車に乗り、何だか荷物が少ないと思ったとき、せっかく作ったお弁当を玄関に置いて来てしまったことを思い出した。

 出勤してみると、夏休み前に行った納品作業の半分ほどを、再びやり直すことになってしまっていた。納品物件に修正を加える必要が出て来てしまったためだ。そのため、夏休み直後から本格的な残業である。ああ、何だかついていない。

 夏休みが終わる少し前に、サービス満点の床屋さんをして、ガンモの髪の毛がすっきりして若返った。私は、すっきりしたガンモの顔を見るのが楽しみで、早く家に帰りたくて仕方がなかった。

 ようやく仕事を片づけて家に帰ると、ガンモはシャワーを浴びて涼しげな顔をしながら、パソコンの前に座っていた。早くガンモに駆け寄って、カットしたてのかわいい頭にすりすりしたかったのだが、汗まみれの私の身体ではガンモがかわいそうだったので我慢した。

 そんな状況下の中で、ちょっぴりついていなかった私の心を、ほっこり温かくしてくださった掲示板の書き込みがあった。今日は、てんてんさんからの書き込みを、順を追ってご紹介したい。

私と夫は、カルマの関係なのだと思います。私が彼に感じていたのは、いつも怒りでした。言葉で、心でずっと、彼を責めていました。彼につけた傷は、どんなに深いか。私の過去は、消したくても消せないです。彼と離れるのが、とても怖かったのに、必死に彼が嫌がることばかりしてきました。今になってようやく、彼の魂の願いを考えるようになりました。私の魂の望みについてもです。
もし、私の肉体の命がなくなるとしたら、後悔ばかりするのではないかしら?本当は彼と一緒にいたいのではないのかしら?彼を愛したいのではないかしら?
一生懸命、自分に問いかけて、生きています。
そうしていたら、少しずつ、私は本当は一人ぼっちではないのでは?
彼の魂も、きっと私たちの関係を浄化したがっているのでは?
だから、彼の口から、はっきり「離婚したい」「君が嫌いだ」と言っていたのに、魂の心を感じられる人から、「(彼は)別れたいと思っていないよ」と、言われたのではないかなあ、と思い始めました。
そうしたら、少しずつ、夫への気持ちが穏やかなものに変わっていったのです。

 これに対し、私は、以下のように返信させていただいた。

とてもいい流れですね。てんてんさんの書き込みに、愛を感じます。
カルマがある場合、自分の意図しない方向へ引っ張られるように動いて行きます。
カルマのループから抜け出すことは、なかなか容易ではないんです。
でも、てんてんさんが、勇気を持ってカルマのループから抜け出せたことは、
てんてんさんの魂がステップアップできた証拠だと思います。
きっと、これまでの関わりも、お二人にとって必要な学びだったのでしょう。
カルマの関係は、カルマの課題が解消されると終わってしまうものですが、
てんてんさんたちご夫婦の間には、新たな展開がありそうですよね。
私は、お二人は、単なるカルマの関係ではないという気がしています。

−(中略)−

今、ご主人さんへの愛が湧きあがって来ていますか?
忘れかけていた愛情を取り戻すことができましたか?
もしそうなら、ツインソウルの可能性があると思いますよ。(^^)
ツインソウルならば、おそらく、お互いの中で、
一瞬のうちに許しが起こるでしょう。

 すると、てんてんさんから、以下のような返信をいただいた。

愛しています。何度でも、素直に言えます。彼を愛しています。

 てんてんさんの、「愛しています。彼を愛しています」。という表現を読ませていただいた途端、私は感動のあまり、涙が出て来た。「何度でも、素直に言えます。」私のほうこそ、何度でも掲示板に戻り、読み返したくなるような表現だ。愛しています。これまでずっと、怒りを感じていたご主人さんのことを、愛していますと、てんてんさんはおっしゃった。愛していますという言葉を繰り返す度に、私の中に、くすぐったい電流のようなものが流れ、癒しが起こった。愛しています。ああ、本当にいい言葉だ。

 てんてんさん、どうか、愛するご主人さんをずっと大切に。てんてんさんとご主人さんはきっと、ツインソウルなのだと思う。これまでうまく行かなかったのは、おそらく、お二人の間に何らかの歪みがあったのだろう。その歪みが調整されたおかげで、ようやく素直になれたのではないだろうか。てんてんさんたちご夫婦は、もう、魂の想いに嘘をつかなくて済むのだ。てんてんさん、本当に素晴らしい言葉をありがとう。

|

« 敢えて一言 | トップページ | 墓誌FAX »