« 天敵に助けられる | トップページ | 魂の愛とは? »

2005.08.24

縦の学びと横の学び

 掲示板の運営に関して一つの波を起こしたものの、まだ根本解決に至るまでにはなっていない。極端に陰の状態にあった私に、天敵mikiさんが陽のパワーを与えてくれただけだ。

 私が何か問題を抱えると、いつも反発しているはずのツインソウルの生き方がとても参考になるということに気がついた。私がものごとをはっきりさせたがるのに対し、ツインソウルは常に曖昧な立場を取りたがる。ツインソウルは、ものごとをクリアにすることによってそぎ落とされて行くものたちを、どうしても見逃してしまいたくないらしい。だから、ツインソウルの主観はとてもわかりにくい。ツインソウルにわかりにくいことを指摘すると、こんな反論が返って来たことがある。

主観の集合が客観だと思っている。
だから、いつも、たくさんの主観をありえると思いたいし、
その人の生活や人生を造っていると思う。
それが私の主観だ。私自身だ。

 たくさんの主観をありえると思うというツインソウルの立場は、横の学びだ。それに対し、ものごとをはっきりさせたがる私の立場は、縦の学びだ。

 以前、非公開掲示板で、縦と横のエネルギーの話が持ち上がったことがある。ある人が言うには、女性エネルギーは横のエネルギーで、男性エネルギーは縦のエネルギーなのだそうだ。そして、十字架は、縦のエネルギーと横のエネルギーをクロスさせたものなのだそうだ。私は、縦と横がクロスするとき、お互いに足りないものを補い合うようなエネルギーに変わって行くのではないかと思っている。なるほど、建築などでも、縦と横のエネルギーが生かされているはずだ。

 おそらく、縦だけの学びでも、横だけの学びでも、網羅し切れないものがある。私たちがツインソウルと出会うということは、お互いに足りないものを補い合うためなのではないかと思う。正反対の立場を取っているがゆえに、普段は相手の生き方に大きく反発していても、ピンチのときにはどうしても足りないものを補わなければならない。自分に足りていないものが、問題を引き起こしているからだ。そのときに、生き方のヒントを与えてくれるのが、正反対の立場を取っているツインソウルなのである。

 さて、話を掲示板の流れに戻そう。私は、このはなさんが、わざわざ撮影してくださった写真とご自分のプロフィールをメールに添付して送付してくださったときの感動を思い出した。このはなさんは、天敵mikiさんが送付してくださった写真付きのメールで私が感動したという記事を読んでくださり、そして同じように実践してくださったのだ。私は、そのときの感動を忘れない。写真や本名までも公開した上で関わりを持とうとしてくださったこのはなさんを受け入れられないのは、大変申し訳ないと思っている。しかし、このはなさんのコメントに返信しようとすると、どうしても「夫を愛せない」という表現の前で立ち止まってしまう。

 実は、かつて、私のサイトでも、人生を一緒に過ごさないソウルメイト/ツインソウルに出会ってから夫を愛せなくなってしまったという人を受け入れた実績がある。私のサイトに来てくださったとき、彼女は結婚していたが、インターネットで知り合った独身男性と強く惹かれ合ったのだと言う。その独身男性と出会ってからというもの、毎日のようにその男性とチャットやボイスメール(?)を楽しんでいるが、夫のこともとても愛しい存在だと思っているのだと彼女は掲示板で語ってくれた。しかも、彼女の夫は、彼女と独身男性との交流にとても協力的で、当時、遠いところに住んでいた二人が会えるように、わざわざスケジュールを組んでくれたと言う。私は、そのような関係は本当に素晴らしいと絶賛していた。

 ところがあるとき、彼女が重大な告白をしてくれたのだ。驚いたことに、その内容は、彼女がご主人さんと離婚し、その独身男性と一緒に生きて行くことにしたという決意を語るものだった。私はとにかく驚いた。そのときになって初めて、彼女とご主人さんの間にあったものは愛ではなく、感謝の気持ちだったということに気づかされた。彼女は言った。
「サイトの趣旨に合わなくなってしまうから、もうここには来ちゃいけないよね」
しかし、私は、彼女の生き方を支持することにした。何故なら、これまでの交流の積み重ねがあった上に、彼女とご主人さんの別れ方にも、そして、独身男性との結びつき方にも、感動的な愛のドラマがあったからだ。私は彼女の新たな人生を支持しながら、彼女との交流を続けた。

 しかし、その後、彼女の新しいパートナーがソウルメイトかツインソウルかという話で意見がすっぱりと分かれ、彼女は私のサイトを卒業して行くことになってしまった。彼女は新しいパートナーがツインソウルだと思うと言ったのだが、私は、二人の間には対立がないし、彼女と話をしていると、陰陽の話にもならないので、お相手はソウルメイトだと思うとはっきりと意見を述べた。彼女はこの「ガンまる日記」を毎日のように楽しみに読んでくれていて、ガンモと私の関係が、自分と新しいパートナーの関係と同じだと言っていた。私は、ツインソウルとソウルメイトの明確な違いを意識しながら生きているので、それを聞いてますます彼女のパートナーはソウルメイトだと確信したのだ。しかし、彼女は、私がそのようにはっきりと、彼女の新しいパートナーがツインソウルではないと断定したことをストレスに感じてしまったようだった。

 彼女との関わりを思えば、このはなさんと私の間には、まだまだ交流の余地が残っていると思う。しかし、私のように、縦の学びを優先している者は、繋がりを横に広げて行くことよりも、深めて行くことを望む傾向にある。何故なら、横の学びは、広くはなっても、決して深くはならないからだ。本当は縦と横の両方のバランスが必要なのだが、なかなかそういうわけにもいかない。

 というわけで、私はまだまだ思案に暮れている。

|

« 天敵に助けられる | トップページ | 魂の愛とは? »