« 愛のエネルギー | トップページ | 失敗は成功のもと »

2005.07.21

潜在意識の驚異的なパワー

 皆さんの多大なご協力により、哲学・思想ランキングで、ジョイ石井さんにだんだん近づくことができたので(皆さん、投票、ありがとうございます。とても励みになっています)、今日は、ジョイ石井さんをちょっと意識して、潜在意識について書いてみようと思う。

 実は、私が精神世界に足を踏み入れたのも、潜在意識に興味を持ったことがきっかけだった。今から二十年以上も前のことである。そういうわけで、実は、ジョイ石井さんの『聴くだけでやせるCDブック』も持っていたりする。ただ、潜在意識の驚異的なパワーを知っているだけに、いつでも痩せられるという安心感があるためか、まだ本格的な実践には至ってはいない。

 私が潜在意識に興味を持ったのは、最初に出会ったミュージシャンのソウルメイトとお近づきになりたいなどという、世間一般の人たちからすれば、まるで突拍子もない発想からだった。当時、来宮法山という人の書いた『21日間願望達成法』という怪しげな本を買い込み、その本の中で紹介されている願望を叶えてくれるお地蔵さんを作り、お地蔵さんのポケットに願望を書いた紙を入れて、毎日、そのお地蔵さんと一緒に寝ていた。友達が遊びに来たときは、さすがに恥ずかしいので、そのお地蔵さんを押し入れの中にそっと隠していた。

 そのお地蔵さんの効力があったのかどうかはわからないが、その年の夏に野外ライブで東京に出掛けたときに、そのアーチストとたまたま街でばったり会って、一緒に写真を撮ってもらった。更に、当時、浪人中だった私は(一度、広島の大学に入学したのだが、東京に行きたいばっかりに、すぐさま休学届けを出して、広島で予備校に通い始めた)、神奈川県川崎市にある大学に合格し、東京に移り住むようになったのだ。

 東京に住むようになってからは、駅や空港やレコーディングスタジオなどに足繁く通い、そのアーチストに会う度に手紙を渡していた。すると、いつの間にか名前と顔を覚えてくれるようになっていた。また、私が住んでいた場所とアーチストが住んでいた場所も比較的近かったので、それ以外でも街でばったり会うことが多かった。

 しかし、以前もここに書いたと思うが、私の気まぐれや行き詰まりから、四年以上もの間、そのアーチストと会わずに過ごした時期があった。それでも、あるときふとアーチストに会いたくなって、コンサートのために長野に向かおうとしているアーチストのお見送りをしようと上野駅まで出掛けたところ、アーチストにひどく驚かれてしまった。四年間もブランクがあっというのに、そのアーチストは私のことを忘れないでくれていたのだ。そのことがうれしくて、私は再びアーチストに会うために足を運ぶようになるのだが、やがて、アーチストと共通の趣味の世界でアーチストと交流を持てるようになった。その趣味の世界に足を踏み入れたことで、アーチストと共通の知り合いや友達ができた。今ではガンモもその仲間に加わり、アーチストとガンモは同じ趣味のサークルに在籍している。これがお地蔵さんのおかげなのかどうかはわからないが、そのアーチストとご縁があったことだけは確かだと思う。

 また、何を隠そう、私は、潜在意識を活用したダイエットにも成功したことがある。ジョイ石井さんのCDではないのだが、今から十三年ほど前に、潜在意識に強く働きかけるCDを聴きながら、およそ半年ほどの間に、十七キロの減量に成功したのだ。ダイエットの最中は、ぐんぐん痩せて行くことがうれしくて、体重計に乗るのがとても楽しみだったのを覚えている。潜在意識に強く働きかけるため、苦しい食事制限や運動などもまったく必要なく、知らないうちに体重が落ちていたという感じだった。今、振り返ってみれば、あの頃の私が一番痩せていたと思う。あまりにも楽に痩せられたので、職場の同僚にも勧めてみたのだが、「怪しい」の一言で済まされてしまった。

 このように、潜在意識を活用すると、恐るべきパワーを発揮することができることを、私は身をもって知っている。自分が成功したイメージを思い描くだけで、なりたい自分になれるというわけである。

 ただ、それらの経験を通して私が思うことは、なりたい自分を思い描いて潜在意識に焼き付けるというよりも、本当は、既に自分が知っているはずの未来を引き出すだけなのではないかということだ。おそらくだが、時間というものは、私たちが思い描いているように、過去から未来に向かって順番に流れているわけではなく、あらゆる現象が同時に起こっているのではないかと思う。しかし、まだまだ霊的に未熟な私たちは、あらゆる可能性の中から、たった一つしか選べないようになっている。つまり、今、私たちが見ているのは、無限の可能性の中のただ一つの事象だけというわけである。

 そういう観点から見てみると、潜在意識は、直感に似ていると思うのだ。「当たるかな?」程度のあやふやな直感はまったく当たらないが、「必ず当たる」という確信のある直感は必ず当たる。すなわち、潜在意識を活用した願望達成というものは、自分の思い描く可能性と、その瞬間に自分が選択した未来が一致したときに起こるのではないかと思うのだ。

|

« 愛のエネルギー | トップページ | 失敗は成功のもと »