« 万事急須 | トップページ | 帰宅して、涙が噴き出した »

2005.02.08

ガードを解除しよう

 長い間恋人のいない人たちから、「出会いがない」などという嘆きをしばしば耳にするが、本当にそうだろうか。ガードを解除する方法さえあれば、例えば、電車で隣に座った人とでさえも、会話を始めることができる。私は実際に、電車で隣に座った人と名刺交換をしたことがある。もうずいぶん前のことだが、電車でたまたま隣に座っていた人が、HP-LX200という超小型のノートパソコンを取り出してごそごそやっていた。私はそのノートパソコンを知っていたので、何となく会話がはずみ、名刺交換するまでに至ったのだ。そのとき、ガンモも一緒だったのだが、いつの間にか、三人でマニアックな話題に花を咲かせていた。今の時代、名刺にメールアドレスの一つでも書いておけば、後からその出会いを生かすことができるのではないだろうか。

 クラシックカメラを首からぶら下げて街を歩き回っていた独身時代も、おじさまたちから大変良く声を掛けていただいた。その手の出会いで面白いのは、私よりもカメラのほうをじっと見ているということである。一人で飲食店に入り、食事をしていると、私ではなく、カメラのほうをチラチラ見ている。たまり兼ねた様子で、
「そのカメラ、ちょっと見せてください」
と相手が言い出すのがとても面白かった。そこで会話がはずむと、やはり名刺交換に至る。ご年輩の方々は、若い男性と違って、大変礼儀正しく、後日、自筆の手紙を郵送してくださったりする。このような出会いで、男女の関係に発展することはなかったが、同じようなケースで、約束された出会いがあってもおかしくはない。少数派で生きている人間にとって、特別な共感や知識の共有は、砂漠の中でようやく見つけたオアシスのようなものなのだ。

 このように、あまり一般的でない知識や趣味は、人と人を容易に結び付けて行く。少数派の視点からの会話が、特別な存在であることを意識させ、ガードが解除されるのだと思う。これがもしも、
「ヘイ、そこの彼女!」
といったような、不特定多数に向けられてもおかしくないようなたナンパ方法であれば、ガードは解除されにくいだろう。

 出会いが極端に少ないという人たちは、単にガードを解除していないだけかもしれない。また、自分自身が大多数の中に埋もれてしまっていては、特別な相手を見つけだすことは難しいだろう。ちょっと考え方は違うのだが、クラシックカメラの世界で、レンズ本体よりもレンズキャップのほうを先に買っておくと、あとからレンズ本体がやって来るという迷信がある。同じように、カメラのケースを見つけたら、先にゲットしておけ。あとからカメラ本体がやって来るという言い伝えもある。

 相手を識別できるような特別な趣味や考え方を持ち、自分から特別な存在になることによって、自分にとってオリジナルな相手を、ごく自然に引き寄せて行くのではないだろうか。ただし、あまりにも極端な少数派に走り過ぎた場合は、また別の意味でのガード解除が必要かもしれない。

|

« 万事急須 | トップページ | 帰宅して、涙が噴き出した »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。