« ツインソウルとの周期的なリズム | トップページ | 城崎温泉、再び »

2005.02.17

社員と派遣の違い

 最近、仕事のストレスが溜まって来ている。きのうも、休み時間に延々と打ち合わせが続き、休み時間にやりたいことがたくさんある私は、とてもイライラしていた。一緒に仕事をしている人たちは独身男性なので、打ち合わせ中にトイレに立つのも気が引けてしまう。また、私は食前に服用している薬があるのだが、打ち合わせが長引いて席を立てないとなると、薬も飲めないし、食堂にも行けない。一緒に仕事をしている男性たちは、残業のときは自席でお菓子をほおばっている。私は、休み時間はちゃんと休んで気持ちの切り替えをしたい。溜まりかねた私は、
「薬を飲んでいるので、食堂に食べに行きたいです」
と言って立ち上がった。彼らは、
「どうぞ」
と言って、私を一時的に解放してくれた。しかし、私が食堂から帰って来ても、彼らは延々と打ち合わせを続けていた。

 社員と派遣社員では、こうしたところで、仕事に対する意識に大きな違いが現れる。今や、社員はサービス残業が当たり前の時代だが、派遣社員は完全なる時給制である。派遣社員の場合、休み時間は作業時間から自動的に差し引かれるため、時給で働いているはずなのに、タダ働きになってしまう。それが積もり積もって来ると、かなりの額になる。しかし、金額のことよりも、私は休み時間は自分自身を解放し、リセットしたい。仕事中のピンと張りつめた緊張は、好きな音楽を聴くだけでもほぐされる。特に、仕事が忙しいときは、休み時間に音楽を聴くことは欠かせない。その自由を奪われるのは、絶対にイヤだ。

 帰宅してからガンモにこのことを話したが、社員として働いているガンモは、こうしたことに対して、あまり危機感を感じていないようだった。今はそんな時代じゃないから仕方がないと言う。それを聞いて、もしかすると、気持ちの切り替えをいつ行っているかにもよるのかもしれないとも思い始めた。ガンモも含めて、休み時間に休みを取らずに延々と仕事をしている社員の人たちは、勤務時間中に自分のペースで一息入れたりしている。それがある程度自由な職場であるなら、こんなストレスも溜まらないのかもしれない。でも、企業と時間で契約している私の立場ではそれが難しい。だからこそ、いい仕事をするためには、休み時間に気持ちをスッパリ切り替えることが必要なのに。

※ちょっとストレスが溜まっていたため、ここに書かせてもらいました。読んでくださった皆さん、どうもありがとう。

|

« ツインソウルとの周期的なリズム | トップページ | 城崎温泉、再び »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。