« セックスの原点 | トップページ | 魂の視点から »

2004.12.23

職場は戦場?

 先日、仕事をしていると、知らない男性が「失礼しまーす」と言いながらオフィスに入って来て、私の隣に座っている派遣仲間の女性の肩を親しげに叩いた。彼女は驚いて立ち上がり、その男性と一緒にオフィスの外へ出て行った。

 席に戻って来た彼女に尋ねてみると、さっきの男性は彼女のご主人さんなのだと言う。彼女のご主人さんも同じソフトウェア業界で働いていて、私たちが働いている同じビルの別会社(つまり、私の派遣先と同系列の別会社)に用があってやって来たのだと言う。以前にも、彼女のご主人さんは、この同じビルの別会社で働いていたことがあり、彼女とときどきお昼ご飯を食べに行っていたらしい。私はその話を彼女から聞いていて、とてもうらやましいと思っていた。

 「びっくりしたあ。突然、入って来るから」
と彼女が言うので、
「ご主人さんと同じ職場で働けるなんて、いいなあ」
と私が言うと、彼女は比較的クールな表情で、
「そうかなあ。同じフロアだと、ちょっときついけどね」
と言った。

 彼女に言わせれば、仕事は仕事、プライベートはプライベートなのだと言う。仕事になると、どうしても厳しい自分が出て来てしまうため、家の中と同じように接するわけには行かないらしい。私はと言うと、自宅でも会えて、職場でも会えるのだから、きっとうれしいと思う。しかし、良く良く考えてみれば、職場はやはり、戦うところ。友達と違って、本当に付き合いたいと思っている人ばかりが揃っている場所でもない。だから、愛する人には、そんな場所にいて欲しくないと思うのだろうか。

 しかし、そうだとすると、オフィスラブって一体・・・・・・? オフィスラブの経験のない私は、勝手な想像をふくらませるしかないのであった。

|

« セックスの原点 | トップページ | 魂の視点から »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。