« 三つの旅 | トップページ | サイクル »

2004.10.30

永遠の愛

 私の知る限り、永遠の愛を知る方法は、二つ存在している。一つは、ソウルメイトと過ごした愛の経験を、自分の中に取り込んで行く方法。そしてもう一つは、ツインソウルが人生を別々に生きる選択をしたとしても、お互いへの愛をずっと忘れないでいることだ。

 私のホームページには、どういうわけか、ソウルメイトとの愛を体験していらっしゃる方は極端に少なく、ツインソウルと人生を別々に過ごす選択をされた方が多く来られている。更に、彼女たちの多くは、ツインソウルと人生を別々に過ごす選択をしたことを後悔したり、一緒に過ごせない苦しみを抱え込んでしまっているようだ。

 私はきのうの記事に、ツインソウルは人生を一緒に過ごしても過ごさなくても変わりがないと書いた。これは、ツインソウルの結び付きを信頼しているからこそである。永遠の愛を証明しようとするとき、人生を一緒に過ごすだけではまだまだ不完全だと思う。お互いに離れてしまってもなお、その愛を存続させてこそ、初めて永遠の愛を語れるようになるのではないだろうか。更には、その愛を、他の愛と決して矛盾させないことも大変重要なことである。

 私はもはや、コソコソした関係や、不完全な多対多の愛に感動することはできなくなってしまった。人生を別々に生きる選択をしていても、ツインソウルだからどうしてもくっつきたくなるのだという言い訳は、ツインソウルの結び付きを信頼していない証拠だと思う。愛が純粋であればあるほど、ツインソウル特有の霊的なシンクロ現象がどんどん起こって行くものだ。離れたのは、永遠の愛を証明するためかもしれないのだ。自分で与えたその試練にパスするためにも、もっともっとツインソウルの結び付きを信頼して欲しい。そうすれば、例え離れていたとしても、相手の魂がすぐ側にあることを実感することができるだろう。

|

« 三つの旅 | トップページ | サイクル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。